名言ナビ


名言ナビ名言格言辞典

キーワード
知恵

関連メニュー(大分類)
→ 【 知恵

1. もしあなたが約束の時間より早く着いたら、あなたは心配性である。もし遅れて来たら挑発家、時間どおりに来れば強迫観念の持ち主。もし来なかったら、知恵遅れという事になる。


2. 誠実にまされる知恵なし。


3. 一樽の知恵より、一滴の幸せ。


4. 幸福とは、知恵と善徳から生まれる。


5. 私は、少なくとも自ら知らぬことを知っているとは思っていないかぎりにおいて、あの男よりも知恵の上で少しばかり優っているらしく思われる。


6. 偽物の幸福は、人を図に乗らせ、醜く高慢にする。本物の幸福は、人を歓喜させ、知恵と慈悲で満たす。


7. 目的を持つと知恵が湧き、知識も知恵に代わる。やる気も出てくる。自分の目的は祈りと執念で必ず達成できる。


8. 決意は、人間の力・勇気・知恵ではない。それは宗教的な出発である。


9. 知恵というものは、自分の考えが出尽くした後に、残されるものです。


10. おお神よ、我らに与えたまえ。変えることのできないものを受け入れる平静さを。変えるべきものを変えるだけの勇気を。そして、変えられることと変えられないことを見分ける知恵を。



11. 私なく案ずるとき、不思議の知恵も出ずるなり。


12. 芸術家の資格はただ智慧(ちえ)と、注意と、誠実と、意志とだけです。


13. 老いてからの欠乏を補うのに十分なものを青年時代に獲得しておけ。老年が食物として必要なのは「知恵」である。そのことを知る者は(知恵の)栄養不足にならぬよう、若いうちに努力せよ。


14. 自分よりすぐれた十歳年上の人とつき合って、その人の持っている知恵やノウハウを自分のものにすることが大切だ。


15. 人間の一生を支配するのは運であって、知恵ではない。


16. 私は、幼い精神を名誉と自由に向かって育て上げようとする教育においては、すべての暴力を否定します。厳格と強制には何かしら奴隷的なものがあります。そして、理性と知恵と技術によってなし得ないものは、力によ…


17. 何でも空想で考えず、物に当たって活発にやるがよい。その時に出てくる知恵は、空想でこねまわしたものより、ぐっと生々している。


18. 何を切り捨てるべきかを知ること。それを知恵という。何かを手放す必要がある時に、それを手放せるだけの明晰さと強さを持つこと。それを勇気という。知恵と勇気をもって毎日を生きていこう。そして生活をシンプル…


19. 創造的な活動とは、自分だけの驚きの体験を、創作家の智恵を通して、人々の驚きにまで進めていくこととも言えるのではないでしょうか。


20. かなしみはちからに、欲(ほ)りはいつくしみに、いかりは智慧(ちえ)にみちびかるべし。



21. 智恵よりも大事なのは覚悟や、と。覚悟さえすわれば、智恵は小智恵でもええ、浅智恵でもええ、あとはなんとかなるやろう。


22. 穏やかな心は、この上なく美しい、知恵の宝石である。


23. 恋が家に入ってくると知恵が出ていく。


24. 人間というものは、気分が大事です。気分がくさっていると、立派な知恵才覚を持っている人でも、それを十分に生かせません。しかし気分が非常にいいと、いままで気づかなかったことも考えつき、だんだん活動力が増…


25. 幸福に恵まれるために知恵はいらない。しかし、この幸福を活かすためには知恵がいる。


26. 知識は非常にたくさん知っていると誇り、知恵はなんにも知らないとへりくだる。


27. 知恵は人生を生きながらえさせ、情熱は人を生かす。


28. 知恵というものの唯一確実な(俗人の判断にとっての)標準が――成功なのです。


29. 忠告を与えるよりも、与えられた忠告を役立たせるほうが、いっそうの知恵を必要とする。


30. 知恵とは予知することである。



31. 教育の原点は、食べることを通して自己保存できる知恵を学ぶこと。


32. 一袋の知恵は一つなぎの真珠にまさる。


33. 恋の最初のため息は分別の最後のため息である。


34. 学ぶことの少ない人は、牛のように老いる。かれの肉は増えるが、かれの知恵は増えない。


35. (人に)長々と智恵を聞かせてみよ。一体誰がその小道を行くだろう。この世では自分で失敗してみて始めて分別が付くのである。


36. 知恵とは、求めるべきもの及び避けるべきものについての知識なり。


37. 足りない頭なら知恵を盗みゃいい 


38. 自慢は知恵の行き止まり 


39. 医術は身体の病気を癒すものであり、他方、知恵は魂を激情から解放するものである。


40. 「知恵」こそ世界で一番の幸福への道。



41. 知恵の最も崇高な形は、親切である。


42. 智恵とは大目に見るべき事を知ること。


43. 知恵が全人類の財産であるとすれば、その財産を相続できるのは、善の心を持った人々だけだということを忘れてはならない。


44. 優しさは智恵よりも大切である。それを理解すれば、智恵が生まれる。


45. 神の欲する通りに欲することが、我々を安静にする唯一の知恵である。


46. 仕方の無いことに対しては落ち着きを。何とかなることに対しては勇気を。その2つを見分けることにて対しては知恵を。


47. 教育は、道徳と知恵の二つの基盤上に立たねばならない。前者は美徳を支えるために、後者は他人の悪徳から自己を守るために。前者に重点をおくと、お人好しか、殉教者しか生まれないし、後者に重点をおくと、打算的…


48. 私は知恵を貨幣に鋳造したい。つまり、知恵を鋳造して、覚えやすく、伝えやすい箴言と格言とことわざとにしたい。


49. 知恵は富に勝る。


50. 知恵というものは年をとると自然に来るものではない。何ものも来ない。シワを除いては。ワインの中には年数がたつとともに良くなるものもあるのは事実である。しかし、まず最初にブドウが良いときだけである。



51. 簡潔は知恵の精神 


52. 短い言葉に多くの知恵を蔵(ぞう)す。


53. 読んだだけ、聞いただけがただ残っていくという意味の物知りがいる。これは知恵というものにはならない。


54. 読むことは考えることであり、知識は忘れたころに知恵となる。


55. 人に功徳があるのかないのかを、見極める知恵を持った者が賢者である。埃(ほこり)と混じった砂鉄を、磁石は吸い付けることができる。


56. 知恵多ければ、憤(いきどお)り多し。


57. 智恵は知識にまさる。


58. 知恵の霊魂における作用は、健康の肉体における作用と同じである。


59. 友情は知恵に基づく。したがって、神こそ真実で永遠な友情の原理であり、基礎である。


60. 一の知恵は、百の知識に勝る。



61. 知恵は悲しみである。最も多く知る者は、宿命的な真理を最も深く嘆かねばならない。知恵の樹は生命の樹ではない。


62. 自然が人間の母なら、習慣はその乳母で、知恵も勇気も才能も、それを悪くするばかりである。


63. 沈黙を守っている知恵、あるいは発言する力なき知恵は無益なり。


64. 腕力が尊いなら、熊は人間より偉い。肩の力が尊いなら、人間は牛にかなわない。走れば馬に負け、鼻は犬ほどきかぬ。人間の人間たる尊さは、知恵と意志とを備えた霊魂を持っているということだ。


65. 知恵を持つことは最大の徳である。知恵とは、ものの本性に沿って理解し、真実を言い、そして行うことである。


66. 自ら見る、これを明(めい)と謂(い)う 


67. 異常なまでに高められた常識のことを、世間は知恵と呼んでいる。


68. 難を服するに勇を以(もっ)てし、乱を治むるに知を以てす。


69. 人類の目標は知恵である。


70. いろんなことを知らんことが、一番の知恵だな。



71. 仕事で成功をおさめるためには、知識や知恵や体験も大切ですが、もっと大切なのは一つのことを継続することです。


72. 知識でなく、智恵を求めよ。知識は過去の産物だが、智恵は未来をもたらす。


73. 智は目の如(ごと)し、百歩の外を見て睫(まつげ)を見る能(あた)わず。


74. 使わねば耗(へ)りて、使えばふえる物は智と力となり 


75. 人生は見たり、聞いたり、試したりの3つの知恵でまとまっているが、多くの人は見たり聞いたりばかりで、一番重要な「試したり」をほとんどしない。


76. 富は向こうからやってくることがあるが、知恵はこちらから近づかねばならぬ。


77. 忍耐、親切、善意、喜び、幸福、知恵、理解などは決して老いることのない属性です。これを大いに養い、大いに表現し、心身ともに老いることのないようにしましょう。


78. 空の財布を太らす第1の知恵をお教えしましょう。財布に10枚のコインを入れたなら、使うのは9枚まででやめておくのです。すぐに財布はふくらみ始めるでしょう。


79. サラリーマンは税金を天引きされているでしょう。国民を怒らせないうまい智恵ですよ。自分で税金を払ったら、今の政府は許されません。


80. 知識は文明、智恵は文化です。



81. 穏やかな心は、知恵の美しい宝石のひとつである。それは辛抱強く長期間にわたって努力した自己管理の結果である。


82. 失敗の数だけ知恵がある。


83. 知恵は心と知性の出会いを通して来る。


84. 知識も大切だが、知恵をもっとだせ。知識は比較的簡単に手に入るが、知恵は大きな努力と体験がないとなかなか手に入らない。


85. 経済的自由とは、1.いつでも富を生み出すことのできる知恵を持っていること、2.どんな状況にも感謝できる心の平安を持っていること、この二つの要素で成り立っている。実際にいくら財産を持っているかは、あま…


86. 音楽は、あらゆる知恵や哲学よりも高度の啓示である。


87. 人間には、自分でも驚くほど強力な知恵と能力が隠れている。それを利用する気になりさえすればよい。我々は自分の潜在的な力に気づいていないだけである。


88. これはいける、という知恵は、ある天気のいい日に 何の前触れもなく空から降ってわくものだと 思っておけば間違いない。


89. 念仏を唱えることによって心を空しくすることができる。空(くう)になった心には、智恵が流れ込んで来る。


90. 智恵にとぼしき愚かなる人は、官能のままにおぼれしたがう。されど心ある人は、上なき財産のごとく、精進を尊び守るなり。



91. チエは必要だが、そのチエを支える精神をつちかうものとして、本を読む必要があると私は考える。


92. 知恵は小出しにせよ。


93. 一人のプロフェッショナルとして歩むために、相応の「知識」を身につけることは、絶対に必要です。しかし、書物を通じて、どれほど豊かな「知識」を身につけても、それは、「経験」を通じて獲得される「智恵」では…


94. 「智恵」とは、「言葉で表せないもの」であり、「経験」からしか掴めないもの。


95. 美しい心を持ち、夢を抱き、懸命に誰にも負けない努力を重ねる人に、神はあたかも行く先を照らす松明(たいまつ)を与えるかのように「知恵の蔵」から一筋の光明を授けてくれるのではないでしょうか。


96. 迷信を打ちくだくものは智恵である。智恵の前には、淡き僥倖(ぎょうこう)を希(ねが)うこころも、たちまちにして影をひそめるであろう。


97. 選択は知恵である。


98. 幸福の一滴は知恵のひと樽(たる)ほどの価値がある。一粒の良き運はロバの一荷(いっか)の良き技能にまさるように、運は人世(じんせい)にはなくてはならないものである。


99. 知恵の第一段階が汝自らを知るにあるがごとく、慈善の第一段階は汝自ら足るにあり。


100. 知恵はよこしまな意志の中には入っていかず、良心なき博識は魂の破滅を招くだけである。



全部で、100件