名言ナビ


名言ナビ名言格言辞典

キーワード
本田宗一郎の名言


1. 機械に関してすばらしい技術を持っている人もいれば、社員をコントロールするのが得意な人もいる。どちらも同じこと。


2. すぐれたジョークは、すぐれたアイデアに通じる。


3. 失敗を恐れてはいけない。恐れなくてはいけないのは、失敗を恐れて何もしなくなることだ。


4. やはり、各人が一番得意なものに全精力を打ちこんで、(持っている知識や技術は)人に惜しみなく与え、自分の欠陥は人に補って…


5. 日本人は、失敗ということを恐れすぎるようである。どだい、失敗を恐れて何もしないなんて人間は、最低なのである。


6. 私はたえず喜びを求めながら生きている。そのための苦労には精一杯に耐える努力を惜しまない。


7. ワイガヤ──ワイワイガヤガヤと議論することで、相互信頼と共通認識を持つことができる。


8. 長い目で見れば人生にはムダがない。


9. 人生でも、企業でも、一度貧乏とか不況とかを立派にくぐり抜いてきたものなら、そいつはどこまでも信用できる。


10. 人生は「得手に帆あげて」生きるのが最上だ。



11. 間違った先見力は、人の考えを誤らせ、道を閉ざす原因となる。


12. 学問なり技術があるということは立派なことにはちがいないが、それを人間のために有効に使って初めて、すぐれた人間だというこ…


13. 割り切れないのが人生なんです。だったら割り切れないことをするのがいいんだな。


14. 私たちは「見学の見」で、画家は「観察の観」で見ている。


15. 人間が進歩するためには、まず第一歩を踏み出すことである。躊躇(ちゅうちょ)して立ち止まっては駄目である。なぜなら、そこ…


16. チャレンジして失敗することを恐れるよりも、何もしないことを恐れろ。


17. 何かを深く信じれば、誰でも自分の中に大きな力を見つけだし、自分を乗り越えることができる。


18. 私は不得手なことは一切やらず、得意なことだけをやるようにしている。


19. 芸術でも技術でも、いい仕事をするには、女のことがわかっていないとダメなんじゃないかな。


20. 資本がないから事業が思わしくないという声をよく聞くが、それは資本がないからではなく、アイデアがないからである。



21. 指導者や経営者は、まず人の心が分からなくては。


22. 進歩とは反省の厳しさに正比例する。


23. 人を動かすことのできる人は、他人の気持ちになれる人である。そのかわり、他人の気持ちになれる人というのは自分が悩む。自分…


24. 仕事中は階級もあり指導もある。でも、仕事を離れりゃ友達同士じゃないですか。


25. 飛行機は飛び立つ時より着地が難しい。人生も同じだよ。


26. 伸びる時には必ず抵抗がある。


27. こちらが悪ければ、悪い人間が寄ってくる。こちらが信用することによって、信用される人間が生まれる。


28. 人間は失敗する権利をもっている。しかし失敗には反省という義務がついてくる。


29. 夫婦とは、多種多様の秘密を共有する人間関係である。


30. 身のまわりにいくらでも転がっている幸福から、自分のものを選び出し、それを最高のものに高めることだね。



31. 人間、生をうけた以上どうせ死ぬのだから、やりたいことをやってざっくばらんに生き、しかるのち、諸々の欲に執着せずに枯れ、…


32. こちらが望んでいること、こうやりたいと欲していることをスムーズに受け入れてもらうためには、まず先方の心を知らねばならな…


33. 発明は恋愛と同じです。苦しいと思えば苦しい。楽しいと思えばこれほど楽しいことはありません。


34. 人類の歴史の中で本当に強い人間などいない。いるのは弱さに甘んじている人間と、強くなろうと努力している人間だけだ。


35. どんなアイデアでも、自分でつくってみてはじめて自分の一部になる。


36. 人間に必要なのは困ることだ。絶体絶命に追い込まれたときに出る力が本当の力です。


37. 人間は楽しんでいるとき最高の力を発揮する 


38. ユーモアとジョークは、世界中どこの国でも通じるものだ。


39. 技術屋というものは、失敗したときには必ず反省するが、成功すると反省しない。


40. 私は怒っても、その人間を憎むことはしない。偽りのない気持ちを相手にぶつけることが大切。



41. 開拓精神によって自ら新しい世界に挑み、失敗、反省、勇気という3つの道具を繰り返し使うことによってのみ、最後の成功という…


42. 私のやった仕事で本当に成功したのは、全体のわずか1%にすぎない。99%は失敗の連続であった。


43. 竹にはフシがある。そのフシがあるからこそ、竹は雪にも負けない強さを持つのだ。


44. できないことがあるか。


45. 決断に必要なのは、誰でもうなずける科学的な根拠である。


46. 自分が幸福になるように働け。会社のためでなく、自分のために働け。


47. むずかしいことに取り組み、いろいろ工夫をする。没我というのか、頭の中がカラッポになる。無心になる。この時間が何にもまし…


48. 失敗が成功の土台だ。


49. 天才とか聖人とかいう人を除けば、人間はみな似たりよったりの能力と、感情の持ち主である。これを悟らなければならない。


50. 新しい発想を得ようと思うなら、まず誰かに話を聞け。



51. 困れ。困らなきゃ何もできない。


52. 我も人なら、彼も人なのである。


53. トイレをどのように扱うかで、その所有者というか管理者の心の一面が読み取れる。


54. 苦しい時もある。夜眠れぬこともあるだろう。どうしても壁がつき破れなくて、俺はダメな人間だと劣等感にさいなまれるかもしれ…


55. 欠陥の多い人間は、特徴も多い人間だ。


56. 「働く」と「動く」が「人偏」が付くと付かないとの違いであるのは、人間である以上頭を使って動け、そうすれば前進的な仕事が…


57. 人間というものは、悲しさ、無念さを心底から味わいながら、それに耐えなければならない。


58. 大いなる若気の至りが個性の芽を育てる。


59. 時間だけは神様が平等に与えて下さった。これをいかに有効に使うかはその人の才覚であって、うまく利用した人がこの世の中の成…


60. 社長なんて偉くも何ともない。課長、部長、包丁、盲腸と同じだ。要するに命令系統をはっきりさせる記号に過ぎない。



61. 嫌いなことをムリしてやったって仕方がないだろう。


62. 言葉とか文字では、人は動かせない。


63. 人間がいろんな問題にぶつかって、はたと困るということは、すばらしい“チャンス”なのである。


64. 私の現在が成功というなら、私の過去はみんな失敗が土台づくりをしていることになる。私の仕事は全部失敗の連続である。


65. 世の中に奉仕すること自体が信用である。


66. (車を)修理にこられるお客さんは、車だけでなく、どこか心も傷ついています。車だけでなく、その人の心の傷もなおしてさしあ…


67. 失敗と成功は裏腹になっている。みんな失敗を恐れるから、成功のチャンスも少ない。


68. 従業員は、自分の生活をエンジョイするために働きに来ているはずだから、働きがいのある職場を作らなければ、従業員は喜んで働…


69. 猿が新しい木登り技術を学ぶために、ある試みをして落ちるなら、これは尊い経験として奨励したい。


70. 心機一転、やり直せばよいのである。長い人生の中で、そのための一年や二年の遅れは、モノの数ではない。



71. 学校で教えることも必要だけれども、教えるのは過去のことなんだ。ほんとに必要なのは、未来なんだな。


72. 企業で一番こわいのは社長の無知です。


73. 人間にとって大事なことは、学歴とかそんなものではない。他人から愛され、協力してもらえるような徳を積むことではないだろう…


74. 成功は、99パーセントの失敗に支えられた1パーセントだ。


75. 発明考案にしても、人より一分でも一秒でも早ければ、特許になる。すべてスピードじゃないですか。だから、スピードを否定した…


76. 勇気というのは強いからとか、勇ましいから勇気があるというのではない。たとえ、自分にとってどんなに不利な結果になろうとも…


77. 新しいことをやれば、必ず、しくじる。腹が立つ。だから、寝る時間、食う時間を削って、何度も何度もやる。


78. 自分の喜びを追求する行為が、他人の幸福への奉仕につながるものでありたい。


79. 世間では、大人の言いなりになる子や、大人の考えの枠から飛躍しようとしない子が「いい子」であり、自分の意思を堂々と主張し…


80. 人生というものは、最後まで行かぬと、成功だったか失敗だったかはにわかに断じ難いものなのである。



81. 私の頭の中に創造力というバッテリーが詰まっているわけではない。苦し紛(まぎ)れの思いつきなのである。


82. 成功者は、例え不運な事態に見舞われても、この試練を乗り越えたら必ず成功すると考えている。そして、最後まで諦めなかった人…


83. 文明の進んだ国あるいは民族は、トイレを大切に扱い、ないがしろにしてないようだ。


84. 人間というものは、面白いものであり、不思議なものであり、必要のない人間というのはいないのである。


85. 真理は、誰が考えても真理でなければならない。


86. 自分の力の足りなさを自覚し、知恵や力を貸してくれる他人の存在を知るのもいい経験である。


87. 私は自分と同じ性格の人間とは組まないという信念を持っていた。


88. 私は、他人の真似をするのが大嫌いである。私は真似が嫌いだから、うちはうちの作り方でやろうということで苦労をしたわけであ…


89. 失敗が人間を成長させる。失敗のない人は本当に気の毒。


90. かけがえのない「若さ」も、それを自覚していなければ“豚に真珠”“猫に小判”、あってなきに等しい。



91. とかく他人にきびしく、自分自身に寛大なのは凡人の常だ。


92. 創業当時、私が「世界的視野に立ってものを考えよう」と言ったら噴き出したやつがいた。


93. 紙や土地を売り買いして儲けているのは会社とは言えない。物をつくらない奴はダメだよ。


94. 「世界的視野」とは、よその模倣をしないことと、ウソやごまかしのない気宇(きう)の壮大さを意味する。


95. 技術の競争は、あくまでも技術をもってすべきである。


96. 企業にもフシがある。儲かっている時はスムーズに伸びていくが、儲からん時がひとつのフシになる。このフシの時期が大切なのだ…


97. 製品というのは決して嘘ができない。


98. 友情は、人間感情の中で最も洗練された、そして純粋な美しいものの一つだと思う。友情を交わす友人のいることは、その人の人生…


99. 行動にはつねに動機があり、目的がある。動機が正義であり、目的が善であって、その行動だけが悪だということは、人間にはあり…


100. 努力はその時の情勢に必要な効力を生んで初めて努力として認められる。努力したが結果は駄目だったでは、努力したことにならな…




全部で、263件