名言ナビ


名言ナビ名言格言辞典

キーワード
世間

関連メニュー(大分類)
→ 【 世間

1. 世間でいう成功者とは、一時の栄えに過ぎない。志と信義を持つ者こそが、万世にわたる功績を成す。


2. 悪事千里を走る。


3. 世間には、つねに何者かを崇拝し、胸に抱きしめていないとおさまらない人間がウヨウヨしている。釣られたがっている魚のようなもので、それに糸をたれてやるのが教祖である。


4. 人や世間にハンドルを預けたら、恨みが残ってしまう。ハンドルは自分で持たないといけないんです。


5. 近江商人の「売り手よし、買い手よし、世間よし。三方よし」は、現代風に言えば、WIN-WIN-WINの関係だ。


6. 世間では、愛は人間と人間との間の関係であるというが、キリスト教の教えによれば、愛は人間と神との間の関係であるという。というのは、神が愛の媒介であるからである。


7. 仕事でも服装でも、決める時は決めなさい。そうすれば世間にも貴方にもけじめがつく。


8. 恋というものはなんと恐ろしい情熱だろうか。それなのに世間の嘘つきどもは、恋をあたかも幸福の源泉のように言っている。


9. 美しい女は世間のもので、醜い女は君だけのもの。


10. 人生における最大の喜びは、君にできるわけがないと言われたことをやってのけることだ。



11. 善意の衣をほどよくまとえ。他人にあらさがしされることはまずない。世間はそいういう人の短所は見たがらない。


12. 女は自分の色恋沙汰が世間の口に上らないことを望む。しかし自分が愛されているということをみんなに知られたいと望む。


13. 単によい歌い手や踊り手であるだけでは、世間で抜きん出るわけにはいかない。


14. 売り手良し、買い手良し、世間良し。三方良し。


15. いかに世間が判断を誤りやすいとはいえ、偽の偉さを厚遇する例の多さは、真の偉さを冷遇する場合を、さらに上回るものがある。


16. 世間の付き合いでは、長所よりも短所によって気に入られることが多い。


17. 真の愛は、世間が冷たくても花を開く。


18. 世間の恋人達を見るがいい。やっと告白が始まるときにはもう欺いている。


19. 私は世間から天才だと見られている。私の持っている「天才」のすべては次のことに負うている。何かやることがあると、私はそれをつぶさに研究する。毎日毎晩自分の側(そば)から離さず、ありとあらゆる角度から検…


20. 世間が求めているのは、感情ではなく礼儀である。



21. 賢者と歩めば世界がひらけ、愚者と歩めば世間を失う 


22. 歌という限られた枠の中に、映画一本分くらいの内容を詰め込もうと思っていたし、常に世間を裏切ってやろうと考えて作詞してきましたね。


23. 人は己の最善を尽くすがよい。狭いところに入れられなくても広いところに入れられる。実力のある者は決して世間で捨てて置かぬ。


24. 夫婦や恋人同士の問題には決して口を出してはいけない。そこには世間の誰にも分からない、二人だけしか知らない一隅があるのだから。


25. 世間には、悪い人ではないが、弱いばかりに、自分にも他人にも余計な不幸を招いている人が決して少なくない。


26. 世間を知り、世間に寛大であれ。世間を楽しむためには、世間をかすめて生きるべきだ。


27. 考えてみると世間の大部分の人は悪くなることを奨励しているように思う。悪くならなければ社会に成功はしないものと信じているらしい。たまに正直な純粋な人を見ると、坊っちゃんだの小僧だのと難癖をつけて軽蔑す…


28. 「世間」とはいったい何か?(中略)それはまた自己保存のほかなんらの理想をもたず、非情とも云(い)うべき形式的な掟(おきて)の上にたち、すべての異分子的存在を排撃する本能の極めて目立つ、地域的、時代的…


29. 幸福になる義務ほど過小評価されている義務はない。幸福になることで、人は世間に匿名の慈善を施している。


30. 世間のだれをも、すべて満足させようなんて、狂気の沙汰だ。今後は、どんなに非難されようが、ほめられようが、人があれこれ言おうが言うまいが、俺は俺の考えに従う。



31. 世間は、自分の進む道を知っている者には、誰にでも道を譲ってくれる。


32. 文句ばかりいう相手や、世間のあら探しが好きな相手と一緒にいるよりも、幸福そうな顔をした人や、成長し人生を楽しむことに関心を抱いている人に囲まれているようにしなさい。


33. 笑う世間の方がおかしい。


34. 世間に一杯いる情熱的な女で、捨てられたら死んでしまうと公言しなかったのは一人もありません。ところがそんなので今に生き永らえていない女、悲しみを忘れずにいる女は、一人もいないのです。


35. お互いに友人だといっても、それを信じるのは愚か者である。この名ほど世間にありふれたものはなく、その実、これほど天下に稀なものはない。


36. 外観というものは、いちばんひどい偽りであるかも知れない。世間というものはいつも虚飾に欺かれる。


37. 人間は調子のいいときは、自分のことしか考えないものだ。自分に不運がまわってきて、人にも世間にも捨てられ、その日その日の苦労をするようになると、はじめて他人のことも考え、見るもの聞くものが身にしみるよ…


38. 憎まれっ子世にはばかる 


39. 幸福な結婚には夫婦のあきらめが肝心である。世の中に幸福な結婚が少なすぎるのは、賢い人間が少なすぎるからである。言い換えれば、愚かな男女で世間が埋まっていればこそ、不幸な結婚がその後を絶たないのである。


40. とにかく、世の中というのは常に、世間が「悪だ」と叩いているやつのもうひとつ上に隠れた存在があるのです。われわれは、それを見抜かないといけません。



41. 父親が子供に語ることは、世間には聞こえないが、彼の子孫には聞こえる。


42. 6.我が子に我が孫に世間さま どなたからでも慕われる ええ年寄りになりなはれ ボケたらあかん、そのために 頭の洗濯生きがいに 何か一つの趣味を持って せいぜい長生きしなはれや せいぜい長生きしなはれ…


43. これからは、世間や社会に恥ずかしくない様に生きるのではなく、「自分」に恥ずかしくない様に生きる時代である。


44. 心の田畑さえ開墾ができれば、世間の荒地を開くこと難しからず。


45. 世間では、大人の言いなりになる子や、大人の考えの枠から飛躍しようとしない子が「いい子」であり、自分の意思を堂々と主張したり、個性的な考え方や行動をする子を「悪い子」というレッテルをはりがちである。


46. 息子さんに世間を立派に歩かせたいのなら、彼の行く手にある石ころを一掃しようとなさらずに、しっかりと石ころを越えることを教えるべきでしょう。無理に彼の手を取って導くことをしないで、独りで歩くことを学ば…


47. 何をそう深刻に考えて、世間のことで頭を悩ましたがるのだ。快活さとまっすぐな心があれば最終的にはうまくゆく。


48. 貧者(ひんじゃ)の一つの幸福は世が彼の交際を要求しない事である。


49. 好事(こうじ)門を出(い)でず、悪事千里を行く。


50. 幸せは、世間で言われるほどつかみがたいものではないし、運に左右されるものでもない。むしろ世の中で最もありふれたもののひとつだ。そして、毎日の小さな喜びを存分に楽しめる者こそが、幸せになる奥義を習得し…



51. 世間のつまらぬ不平や不愉快を忘れるには学問に遊ぶのが第一の方法である。


52. ナンバーワンでないと世間は認知してくれません。


53. 世間は邪悪の香料を愛する。


54. 世間で通用することが本当のことよりも力があるのです。


55. 男が自分を縛って、いじいじと小さくなってしまうくらいなら、女が半分背負いたい。少々無鉄砲で、先の見えないことに飛び込む男でも、世間では無視して認めてくれないようなことに熱中する男でも、やりたいことが…


56. 世間の浮説(ふせつ)、人の是非、自他のために失多く、得少なし。


57. 世間は凡人の共和国。


58. 異常なまでに高められた常識のことを、世間は知恵と呼んでいる。


59. 世間では、あの世はあるかないかなどと、かんたんに議論するが、あの世がなくては生きていけぬ人にとって、あの世は実在する。


60. 世間は欺かれることを欲す。



61. 世間はよく成功者を手放しで尊敬してしまうが、成功者の言ならなんでもかでも、金科玉条のようにあがめるのはおかしい。


62. 世間は活きている。理窟(りくつ)は死んでいる。


63. 世間は気次第で忌々(いまいま)しく面白くなるもの。


64. 世間恐るべきは猛獣毒蛇にあらず 壮士暴客にあらず ただ勉強家と沈黙家と謙遜家とのみ 


65. 世間には大志を抱きながら大志におぼれて、何一つできない人がいる。言うことは立派だが、実行が伴わない。世の失敗者には、とかくこういう人が多い。


66. 恋は、いつだって自分を欺くことから始まり、他人を欺くことで終わる。これが世間でいうロマンスというものである。


67. 暴力団ってね、どこかで世間の非行少年を預かっているという意識があるんですよ。つまり、悪いこともしているけど、善行も積んでいる。そのプラスマイナスのバランスの上にいるから、自分たちが悪い奴だと思ってま…


68. 世間なんかなくてもやっていけると考える人間は、よほど自分をだましている人間である。自分がいなければ世間はやっていけないと空想する人間は、それ以上に間違っている。


69. 私たち(政治家)は後戻りをしてはならない。立ち止まった姿を世間にさらすことも許されない。前に進んだ時こそ未来が約束される。


70. 世間には心に正義をいだく者が多いが、決心がつくまで弓をとらぬので、射るのも遅れる。



71. 追いつめられた若者が意を決して、「世間」という暴れん坊の顎ひげを引っ張ると、すぽりと手の中に抜け落ちることがある。よく見直すと、それは、臆病者を追い払うためのつけひげなのだ。


72. 何事につけ、世間では、積極は良しとされ、消極は否定的に見られる。だが、点数や売上のような、表面的な物差しの中身を直視せず、無理を重ね、重ねさせて壊れてしまった子供や大人、破綻した企業は少なくない。


73. 小さな親切で世間も少しは良くなるんじゃない。


74. 世間では、人間関係は相手を知ることからはじまるというが、むしろ、自分自身を裸にしてよく知ってもらうことが先決ではないだろうか。


75. 「自分探しをしよう」などといいながら、人はいつのまにか、自分の外にある世間や社会のなかに「こんな自分でいたい」「こんな私ならウケるかもしれない」「多数派であるためにはこうでなきゃ」といった“あるべき…


76. 世間ではともすれば、金銀でも持ち物でも多く所有すればするほど人は幸福になると信じているようであるが、これくらい間違った考え方はない。


77. 善い人とは、その正しい行いゆえに、世間において太陽のように輝く。


78. 世間からいくら拍手喝采をあびようとも、結局、自分らしく生きているという実感が得られなければ、何の意味もない。


79. 真の成功とは、自分の才能を見つけ、発揮して、世の中に捧げ、世間の荒廃した心を癒す一助とすることです。


80. 世間──不特定多数の個人。



81. 経営における判断は、世間でいう筋の通ったもの、つまり「原理原則」に基づいたものでなければならない。我々が一般に持っている倫理観、モラルに反するようなものでは、うまくいくはずがない。


82. 私は世間でいう「悪い子」に期待している。なぜならそういう子どもこそ個性にあふれ、可能性に満ちた本当の意味の「いい子」だからである。


83. 経営における判断は、世間でいう筋の通ったこと、つまり「人間として何が正しいのか」ということにもとづいて行わなければならない。


84. 「……これ以上は、世間が、ゆるさないからな」 (中略)「世間というのは、君じゃないか」


85. 世間というものは、個人ではなかろうかと思いはじめてから、自分は、いままでよりは多少、自分の意志で動く事が出来るようになりました。


86. (世間とは)個人と個人の争いで、しかも、その場の争いで、しかも、その場で勝てばいいのだ。


87. この世には、さまざまの不幸な人が、いや、不幸な人ばかり、と言っても過言ではないでしょうが、しかし、その人たちの不幸は、所謂(いわゆる)世間に対して堂々と抗議が出来、また「世間」もその人たちの抗議を容…


88. 芸能人なんて、世間に顔が知られてるだけで一般の人たちにとってみりゃ「心の底では腹立たしい存在」に決まってる。人気があって、女にモテて、それでカネまでもらいやがってってね。そんないけ好かないヤツが一度…


89. 世間に名前を売って生きてる芸能人は、「自分は世間からいつボコボコにされてもおかしくない憎まれ者だ」って意識を持ってなきゃダメなんだよ。


全部で、89件