名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
息子さんに世間を立派に歩かせたいのなら、彼の行く手にある石ころを一掃しようとなさらずに、しっかりと石ころを越えることを教えるべきでしょう。
無理に彼の手を取って導くことをしないで、独りで歩くことを学ばせることです。


[ 出典 ]
アン・ブロンテ
(イギリスの女性詩人)
『ワイルド・フェル・ホールの住人』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 男性における知的な風貌は、最も自惚れの強い連中の熱望する美の形成である。
(ラ・ブリュイエール)


2. きれいな立ち居振る舞いは最もむだのない立ち居振る舞いなのだ。
(斎藤茂太)


3. 天下にとどろいている傑作でも署名なしで発表すれば、人は何といいだすかわからぬ。
(林達夫)


4. 流行──人々が嘲笑しながらも服従する専制君主。
(ビアス)



5. 自分の道を進む人は、誰でも英雄です。
(ヘルマン・ヘッセ)


6. ゆっくり演奏するより速く演奏するほうがやさしい。
(モーツァルト)


7. 信長や曹操が凄いのは、若い頃の負け戦が多いことだ。
(中谷彰宏)



8. 相談するという行為には、責任を相談相手に転嫁する側面があります。悪い結果を招いたときに、「相談相手もそう思ったのだから仕方ないことだった」と自分への言い訳にできるからです。
(セルフ・マネジメント研究会)


9. 行き詰まりは展開の一歩である。
(吉川英治)


10. たいていの人は年齢と共に退歩する。としをとると自然に芸術が立派になって来る、なんてのは嘘ですね。人一倍の修業をしなけれあ、どんな天才だって落ちてしまいます。いちど落ちたら、それっきりです。
(太宰治)