40801.この世に重要でない仕事は、ひとつも無…
40802.男の重さってのはよ、その男が背負って…
40803.同じことを何遍(なんべん)もやれば、…
40804.人に真実を語りたいのであれば、相手を…
40805.会社につとめて、いろんなこと教えても…
40806.選択の瞬間、自我はおのれ自身を選ぶ─…
40807.もしも自分が誰からも必要とされていな…
40808.ミケランジェロは、人を嫌ったから、あ…
40809.あなたは、自分の言葉によって正しいと…
40810.(恋人と別れて)寂しいという状況は、…

40811.個人に対して外側から押しつけられる倫…
40812.思い通りになる事なんて、ほとんどない…
40813.人間は生き方に迷うておる存在ですね。…
40814.人間とは、犬が神とはかくあるべきもの…
40815.経営管理者は現実的でなければならない。
40816.「真似るな」とは言いません。ただし「…
40817.スギ花粉の飛散が始まるとき、我々の悲…
40818.お前の生き方に誤りがあるぞと自覚を促…
40819.明日の朝、ラッパは鳴らない。深呼吸し…
40820.もし自分が他者に影響を与える存在だと…

40821.戦争は悲劇だった。しかも喜劇でもあっ…
40822.逆境の時こそ、先見性と機動力を試すチ…
40823.追い越したって、みんなゴールは、違う…
40824.厳しい言葉では、自分の本当の気持ちは…
40825.一つのことだけやっていると、その世界…
40826.私は、〈過去〉という文字にルビをふる…
40827.すべての人間は、俳優である。そして、…
40828.愛は大水でも消すことができない。洪水…
40829.人生のルール──【9.すべての答え…
40830.人は負けるとわかっていても、戦わねば…

40831.自然は人間の挑戦を望んでいる。
40832.山が大きければ大きいほど、自分に小さ…
40833.良く寝て心を休ませると、以前よりもず…
40834.学習とは経験すること。
40835.数珠は実にみごとな発明だ。なぜなら、…
40836.新技術は、社会の単なる活性剤ではなく…
40837.現在、君はもう、昨日までとは違った新…
40838.他人の不幸を見ても、人は一般に平気だ。
40839.詩は、詩というたのしみです。あるいは…
40840.嫉妬心は、いわば、相手をおとしめ、自…

40841.水仙は人に見せようと思って 咲くわけ…
40842.夏痩せて嫌ひなものは嫌ひなり
40843.自らに対し、少ししか要求しなければ、…
40844.日本人は表面は流行に弱いが、心の底で…
40845.人非人でもいいじゃないの。私たちは、…
40846.一度、死ぬ気でやってみろよ。死ぬ気で…
40847.彼女の与えた苦痛はただ一つ、私たちの…
40848.貧しい想像力の持ち主は貧しい世界の終…
40849.成功と失敗は、ともにその人の習慣によ…
40850.自分から理解しようとしない限り、人は…


40851.そのままの あなたが好きよ 自分の弱…
40852.世間の人から「まともじゃない」「常軌…
40853.殺す人は殺され、怨む人は怨みを買う。…
40854.いかなる活動も、それが個人の利益に基…
40855.人を愛し、その人のために正しいことを…
40856.犬に友達が大勢いるのは、舌の代わりに…
40857.私は持論として、「量を追いかけても…
40858.成功への階段は、上ではなく、(心の)…
40859.青春というのは、幻滅の甘やかさを知る…
40860.男の自尊心というのは風船玉のようなも…

40861.「敵」や「ライバル」の存在は、能力を…
40862.私たちは、次第に核弾頭をつけたミサイ…
40863.(ユーモアセンスを身につけるには)日…
40864.はるかに優勢に立ったからといって、仕…
40865.お金のEQは、「受け取る」「感謝して…
40866.絵本のような子どもの本から手わたされ…
40867.嘘はうんと遠くまでは行けない。足が短…
40868.おいしいものは人を幸せにする。
40869.若造でも老人でも、人生に悩みは尽きな…
40870.もし、神が私たちの味方であるなら、だ…

40871.幸福な者には、時計の音は聞こえない。
40872.なあに、いいやつには、言わなくたって…
40873.情報型組織が成立する条件は、全員が情…
40874.信念とは、体系的な願望実現のルールに…
40875.なまけものの馬には、道は遠く、がんこ…
40876.良いものには金を払うが、余分なお飾り…
40877.人間のこころの発達は、ある程度は段階…
40878.人生は完成でなく、断片からなる。
40879.なぜ我々は経済的繁栄を追求する必要が…
40880.組織が存在するのは社会のニーズを満た…

40881.我々の起源の探求は、哲学者の心を満た…
40882.なんつーかよ、漫画とかよ、小説とかよ…
40883.少しずつ歩いて、人は遠方へ行く。
40884.目先のことに惑わされず、大きな意志を…
40885.どんなに歩きにくい道、危険な道であっ…
40886.父父たらずといえども、子は子たらざる…
40887.最初の計画が失敗したら、次の計画で勝…
40888.理解するとは、はげしい共感によって相…
40889.どうしたら自分を愛せるようになれるか…
40890.みだりに悦ぶ者は、みだりに悲しむ。

40891.他者の死は、かならず思い出に変わる。…
40892.自分でコントロールできないことで、く…
40893.「理想」と「現実」はワンセットなのだ…
40894.ひろい川をみると かなしみがひろがる…
40895.1日10回、自分と自分の周りの人をほ…
40896.神が女を、男の頭から造らなかったの…
40897.作家は小説を書かなければいけない──…
40898.大事なのは、常に自分の望みは何か考え…
40899.人間は、いや、男は、(おれはすぐれて…
40900.救いとはゴールインしたことじゃないん…


40901.ジャーナリズムは、人の命を守り、権利…
40902.「幸福な人」とは「成長している人」で…
40903.「開き直り」とは、その瞬間に自分の持…
40904.彗星というのはね、ひとりぼっちの星で…
40905.精神的にタフだという人は、ただ単に鈍…
40906.幸せな人に共通することは、「彼らが、…
40907.ビジネスマンの条件は、前向きの仕事を…
40908.あなたが汚い床を洗い、馬小屋を掃除し…
40909.神について語るのはそれで結構だが、ど…
40910.歴史には、何の目的も使命もない、とい…

40911.どんなに疲れ果てていても挑戦しよう …
40912.我々がすべて同じように考えるべきだと…
40913.生きることは死ぬことである。よく生き…
40914.雨の日には 雨の日にしか聞かせていた…
40915.忘れてしまいたい過去は、絶対に忘れて…
40916.ひげがのびているということは わたし…
40917.人間は、自由に生きる権利を持っている…
40918.人間にはどうしても動かせない運命とい…
40919.特別なことをするために特別なことをす…
40920.最初はバカにしていても、人は人一倍が…

40921.病院に来て、妻や子をいつくしむ ま…
40922.(会話では)いっぺんに話す量を短くま…
40923.愛は多弁を必要としない。
40924.人は、ある人の印象を形成してしまうと…
40925.これしか、出来ない。これなら、負けな…
40926.酒は天の美禄、百薬の長。原始時代から…
40927.見上げると、枝々の先に空がある。枝々…
40928.欲しいもんに手が届かねぇ? だったら…
40929.犠牲奉仕は、男と女の間では長つづきす…
40930.成功の秘訣は他社の動向に気をとられな…

40931.犬や馬ほど、我々を充分に理解してくれ…
40932.高山に登らざれば高山の高きを知らず。
40933.結局、仕事がデキる人というのは、「上…
40934.年寄りは健康食品など食べるべきではな…
40935.本来、小売業というのはすごくおもしろ…
40936.物事に熱中している時は、誰でも健康で…
40937.ころっと変わるのが文化人なんス。暑い…
40938.男と女の仲は、半年付き合ってモノにな…
40939.成功したいのなら、夢を語る人間であれ…
40940.全ての民族に対する信頼と正義を尊重し…

40941.人間、配られたカードで勝負するのさ。
40942.幸せは人それぞれに感じる心の働きだか…
40943.編集とは、情報に何らかの処理をして、…
40944.プログラムは思った通りに動かない。書…
40945.大智(たいち)は愚の如し。(ver.…
40946.どれだけやる気に溢れる社員であっても…
40947.感応(かんおう)の心をはなるるとき、…
40948.一つの文明の周辺部に野蛮人が現れる時…
40949.(※オトナが)子供(=小学生から高校…
40950.私は若い頃から多くの女と知り合ったが…


40951.ひとつの深い神秘的な共感(シンパシー…
40952.マニュアルに頼るな、と書いてある本も…
40953.〈白〉の白さを際立たせるには、その〈…
40954.生きるとは、年をとるということだ。死…
40955.どんなに過酷な世界でも生きる意味はあ…
40956.一生懸命になれば、誰もが輝き出す。
40957.物ごとに対してはくよくよせず、いつも…
40958.父や母にはすべての基準がきまっている…
40959.幸せとは、人生の壁を越えたところにあ…
40960.弱肉強食の時代に生き残ろうと思うのな…

40961.心にだけは収穫期がない。愛の種は絶え…
40962.時間の管理は継続的に行わなければなら…
40963.愛の敵は、慣れるということである。
40964.世界のうつくしさは、たぶん悲哀でで…
40965.【ブスの25カ条】 2.お礼を言わない
40966.男にあっては一つの弱さである嫉妬も、…
40967.王将は一回に一目しか動けない。しかし…
40968.気の変(かは)る人に仕(つか)へて …
40969.僕のムボウよ、キボウに変われ。
40970.善、兄弟愛──それが神である。

40971.ツキがないと嘆く主人公が、ふっと思い…
40972.利は天より来たらず。
40973.「お金をもらわなくてもいいくらい楽し…
40974.人生には濃い薄い、多い少ない、という…
40975.結婚してもしなくても、あなたは後悔す…
40976.実は古来、人を最も確実に追い詰めるの…
40977.(親が子供に)初めから条件を突きつけ…
40978.いくら実年と呼ばれても、ガチャガチャ…
40979.この世界は、ことばでできている。そ…
40980.小をもっぱらとして、大を失うことなか…

40981.男というものは独身の身ではほとんど不…
40982.生きてゆくということは、その生きる日…
40983.商人は国を持たず。
40984.人生がある限り、どんな生き方をしたっ…
40985.すべての進歩は不安定であり、一つの問…
40986.自分の夫を本当に愛したら、夫を産んで…
40987.悲しみは、金を出しても買え。
40988.楽あれば苦あり、苦あれば楽あり、これ…
40989.お金は多くの扉を開くが、心はすべての…
40990.なんで長いものに巻かれなきゃならない…

40991.本は人生を楽しむことを教えるか、さも…
40992.ものの見方を変えれば心が変わる。心が…
40993.山に登る路(みち)はひとつだけではご…
40994.ただ、ひとの物腰だけで、ひとを判断し…
40995.いつも相手のいいなりになってしまう人…
40996.昔話には残酷な場面がよく出てくる。そ…
40997.成功者であればあるほど、「私の成功は…
40998.犬は人生の全てではない。だが、人生を…
40999.たとえ今日の結末が分からずとも、それ…
41000.国の数だけ習慣がある。


41001.悲しかったり、辛かったり、そういう時…
41002.狭い所に閉じこもっていると、心は狭く…
41003.人間、死んだらいくらでも休めるんだ。…
41004.自分を咬(か)んだ毒蛇を追うことによ…
41005.賭博をしているときの男性は、成人でな…
41006.人間は、生きてもせいぜい百年程度です…
41007.一生懸命がんばったけど負けてしまった…
41008.創造的な力はあなたの中にあるのであっ…
41009.直感を信じて、自分がわくわくすること…
41010.死に場所が何処(どこ)であろうと、そ…

41011.会話は簡明に。人と話をする場合には、…
41012.最初から親になれる奴なんていないんだ…
41013.どこかに「理想の相手」がいるわけでは…
41014.あらゆる生産手段のうち、人的資源ほど…
41015.問題なのは、接続詞を使うと、何も言っ…
41016.最悪なのは、子どもは皆キラキラした才…
41017.世の中の人間の大半は、自分の頭でもの…
41018.リスクは認識するものであって、避ける…
41019.この語(=「幸福 Gluck」)は、…
41020.死ぬのか生きるのか、それは人間の幸不…

41021.完璧を目指すより、まずはやること!
41022.楽しみは、理性を備えたあらゆる生き物…
41023.救われるということと、救われた気にな…
41024.裕福に生まれ、社会に出てから貧しい暮…
41025.過ぎ去ったことを思い出すことのない人…
41026.自分のために 一生けんめい生きる と…
41027.他人があなたを批判してその批判の内容…
41028.わたしたちは、ことばというものを、そ…
41029.やれなかったのじゃない 要するに や…
41030.勝つ者が強いのではない。負けて這い上…

41031.意地悪なことを言われた時は、まるでこ…
41032.男は相手の信頼をうらぎったときからブ…
41033.傷つかば 傷をつつんで ゆこう 孤(…
41034.一番私が刺激的で、本当に生きているな…
41035.大いなる知は閑々(おっとり)と落ち着…
41036.息子は選べんが婿は選べる。
41037.絶望の淵に立たされているように感じる…
41038.管理者は、神は将来見事な花を咲かせる…
41039.あなたが何者なのか、どうやってここに…
41040.いくら格好つけたって、中身が伴わなけ…

41041.アップライトという古いピアノは、立派…
41042.あるがままの本当の自分を見つけなさい…
41043.文句ばかり言っていてもダメなんです。…
41044.会社を興すことの意味が大切です。会社…
41045.人が目立つ成果を挙げて、もし、自分の…
41046.結局、神父さん、人間の業とか罪とかは…
41047.M&Aは、新しい分野に乗り出すときの…
41048.チャンスがドアを叩く音が聞こえなかっ…
41049.親切運動をする時は、相手に名前も告げ…
41050.四十になっても五十になっても、くるし…


41051.真に偉大な企業は、欲によってではなく…
41052.生命と、熱情と、あるものに向かう心の…
41053.仕事の教え方がまわりくどい先輩を持つ…
41054.自分を上機嫌に保つコツは、実は二つし…
41055.年齢はハンデじゃない。自分の情熱の衰…
41056.安っぽく死ぬな。
41057.伸びない奴はしごかない
41058.雑念妄念をとりさえずれば、人間のすぐ…
41059.我々は恐怖以外には何も恐れるものはな…
41060.みんな(※が)きらう人、なんてのはい…

41061.人生を考えて、どうなるものか。何だろ…
41062.利益になるとなれば、人は誰でも勇者に…
41063.忍耐には2種類ある。苦難が訪れたとき…
41064.情報や助言を無視して、自分の勘に頼っ…
41065.あなたはたった一つの尊い命をもってこ…
41066.もし幸せが足りないと思ったら、それは…
41067.(自分が)いろんなことをやっているの…
41068.アプローチを真似しても、全部をまるま…
41069.心の中から不要なものは捨てればいい。…
41070.成功している人、人並み外れた結果を出…

41071.「意識が回復する可能性もないのに、い…
41072.(原点を見つめ直して再スタートするこ…
41073.親が子どもをコントロールできる、と思…
41074.自分は少しも手を汚さないで、外側から…
41075.花無心 鳥無心 無心になれない 人間…
41076.試験に成功するためにまず必要なことは…
41077.お客様は口には出さないながらも、「な…
41078.山の子の 山を思ふがごとくにも かな…
41079.人を説得するには、何をどのように語る…
41080.問題は自分の外にあると考えるならば、…

41081.少年の頃の不名誉の傷は、皆の大笑いの…
41082.長く連れ添った夫婦は戦友のようなもの…
41083.「元気出せ」と上司に言われても元気が…
41084.田園の眺め、快い景色の連続、大気、旺…
41085.形影(けいえい)相(あい)同じ。
41086.苦しい時は笑ったらええ!
41087.死ぬ気でやれ。死なないから。
41088.「つぶやきの自己暗示法」 何も口にブ…
41089.予定リスト上の80%の項目は取るに足…
41090.年若くして成功する人は少ない経験を自…

41091.人はそれぞれの場所にいて、それぞれ…
41092.人は自分と同じタイプの人を敬遠する、…
41093.昨日の24時間は、もはや手にするすべ…
41094.家族の信頼関係の基本は、“いない、い…
41095.京都人は、ものを頼んだり、ひとに命令…
41096.社会的地位がどんなに良かろうと悪かろ…
41097.笑いは無上の強壮剤であり、また開運剤…
41098.念仏を唱えることによって心を空しくす…
41099.へりくだって貧しい人々と共にあるのは…
41100.未来において何かを起こすには、特に創…


41101.苦しみは自分が作ったものにすぎない。…
41102.何かをしてしまったことへの後悔は、時…
41103.世の中は 食うて はこ(=便)して …
41104.この趣味と共に生き続けたかったから、…
41105.私の眼には、この荒涼たる砂漠の海は、…
41106.黒雲のうしろには、太陽が輝いている。
41107.妻の目は部屋を清潔にする。
41108.敗軍の将兵を語らず
41109.難題の無い人生は、無難な人生。難題の…
41110.人間は、よろこびの中にさえ、不安を感…

41111.人間である以上、多少の好き嫌いはやむ…
41112.我々は、勝ったから慈悲深くすることが…
41113.世の中を作ってきた人、新しい時代に世…
41114.わたしが、ワタシの、自信作
41115.仕方のないことを仕方がないとして諦め…
41116.本当に高級なものなら、その高級さを自…
41117.事実に基づいた論理的思考ほど世界中で…
41118.善も悪も個人の心の中にあります。それ…
41119.ひとのこという資格ない
41120.表面的には目立った成果を上げてはいな…

41121.とおい昔 死ぬほどに苦しんだ あのこ…
41122.少しだけ勇気を出して、一歩踏み出した…
41123.本当に偉い人物というのは、凡人と違っ…
41124.色欲は火のごとく熾(さか)んなるも、…
41125.リアリストなら、奇跡を信じなければな…
41126.人は見かけではなく、中身でもなく、行…
41127.とりもどしたいのは、日常の中で本を読…
41128.成功の反対は、なにも挑戦しないことで…
41129.この宇宙は、原子でできているのではあ…
41130.本気で成功したいと願うなら、手を抜く…

41131.ある研究でとことん世界トップレベルに…
41132.議論とは往々にして妥協しがたい情熱で…
41133.ものごとがあまりに完全だと、そのあと…
41134.石に布団は着せられず。(ver.0)
41135.(言葉の)キャッチボールの最初として…
41136.旅はね、ハプニングがあるから面白いん…
41137.偉い人はつらい人と知れ。
41138.そもそも大企業の組織は(上意下達であ…
41139.理想をもたぬものは、生命を忘れている…
41140.負けたくないという言葉は好きじゃない…

41141.志を立つるは大にして高きを欲し、小に…
41142.誰かに、自分の弱さを指摘されたなら、…
41143.仕事ってさ、充実感は与えてくれても、…
41144.耳を魂にくっつけて、よく聞きなさい。
41145.あなたの信念は、あなたの世界を作り出…
41146.生きる意味なんて、死ぬ時に初めてわか…
41147.今、目に見えているものをそのまましゃ…
41148.乱世に強い人材は、上手に修羅場を経験…
41149.美しい人情噺(ばなし)の裏には、必ず…
41150.僕らが一生通じてさがし求めるものは、…


41151.われ未だ志を得ざるとき、二文字を守れ…
41152.本来もなきいにしへの我ならば 死にゆ…
41153.収入の限界はあなた自身の心にしかない…
41154.快活な妻は一生を楽しくする。
41155.雨がふってもブツブツいうまい。雨の日…
41156.自分のことって、自分がいたわってあげ…
41157.あらゆる組織が3つの領域における成果…
41158.私に頼ってくる人々を見捨てるわけには…
41159.夫婦はつねに同じ方向に歩むことが必要…
41160.あなたの人生の主人公は、あなた自身で…

41161.もし、子育てをやり直せるなら、深刻…
41162.「ライフワークとは自分のハートに感じ…
41163.子供より親が大事、と思いたい。子供よ…
41164.患者と医師を結びつけ、癒し、慰め、回…
41165.「カベという問題」を毎日、見つけ、押…
41166.長寿と繁栄を。 Live long …
41167.恐らく、世慣れた老人から見れば、若い…
41168.謝ることのできる人は、とてもカッコい…
41169.最も偉大な人物はね、自分の判断を思い…
41170.私の成功の理由は、才能は不足していた…

41171.つき合いで勉強ができないというのは完…
41172.かつて満たされざりしもの、今ここに満…
41173.ルックスにコンプレックスがある人間は…
41174.すべてを失っても、希望だけは残ってい…
41175.何か仕事をはじめようとする主婦は、足…
41176.生まれてきた意味も、なにに命を懸ける…
41177.コンチクショーと思うようなときも、あ…
41178.美しいものは人類のタカラモノだ。
41179.コミュニケーションの前提は、自分では…
41180.美しい50歳がふえると、日本は変わる…

41181.大悟(だいご)するとは、小さい悟りを…
41182.いくらだますものがいてもだれ一人だま…
41183.死を怖れることは、自分が賢くもないの…
41184.時には捨てる事でしか進めない。
41185.人に優しくなろうともがいていれば、そ…
41186.マイナス思考の一つの対処法は、マイナ…
41187.楽しかったときと同様、つらかったとき…
41188.幾何学者は難しい証明の中で、ごく簡単…
41189.時間をケチケチすることで、ほんとうは…
41190.どんな高価な贈り物より 我が子の優し…

41191.(おかあさんになって)よかったか、よ…
41192.星という字は、日が生まれると書きます…
41193.人間の目なんて一週間なんです。一週間…
41194.一生残る後悔なぞ無用の長物だ。
41195.何を書くかあらかじめ知って、書いたこ…
41196.「正直」とは、真実を語ることである。…
41197.育成とは自信を育てること。自信とは見…
41198.概して言えば、人間は、自分の限界より…
41199.国家が貧しくして貧弱な褒美しか出せな…
41200.自分の書く詩、歌が素晴らしいものだと…