名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
音の効果的な適用は、市井(しせい)文学、いわば世話物に多い様である。
もともと下品なことにちがいない。
それ故(ゆえ)にこそ、いっそう、恥ずかしくかなしいものなのであろう。
聖書や源氏物語には音はない。
全くのサイレントである。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『音に就(つ)いて』(『もの思う葦』に収載)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]
1.
ビジネスシーンでは、効率化と創造性という二大テーマで変革を達成した人が「デキる人」
(西山昭彦)
2.
女を美しくするのは神であり、女を魅惑的にするのは悪魔である。
(ユーゴー)
3.
変わりたいのならばこんな所で何をジッとしている! お前は変わりたいのではなく、周りが変わるのをただ待っているだけじゃないのか? 自分の足で歩かずに前に進めるわけもないのに、ただ待っているだけ!
(漫画『ジャングルはいつもハレのちグゥ』)
4.
死ねと言って、本当に死んだら、どうするんだ!
(ドラマ『3年B組金八先生(第4シリーズ)』)

5.
女は魔物だなんて、かっぽれなんかよく言っているが、或(ある)いは女は意識せずに一時、人間性を失い、魔性のものになってしまっている事があるのかも知れない。
(太宰治)
6.
無難を好む担当者から待ったをかけられ、会心のコピーが凡作に終わることがある。そんな企業は、これはという新製品が出ない。同じ力学が働くのでしょう。
(仲畑貴志)
7.
過去のことでクヨクヨしてはいけません。大切なのは現在であり、その積み重ねの未来なのです。
(ジョセフ・マーフィー)

8.
人が動くから「働」くと言う。
(俗言)
9.
必要な道具は、手の届かないところにある。
(「マーフィーの法則」)
10.
自分が分からない人は 他人を責める 自分が分かった人は 他人を痛む
(安田理深)