名言ナビ


名言ナビ名言格言辞典

キーワード
自分と他人

関連メニュー(大分類)


1. 自己愛に終始した場合に悪をなし、他者を思うという愛に目覚めたときに善となる。善悪の分かれ目とは、自己を愛する「愛」と他を愛する「愛」のあいだにあるのです。


2. 情けは人の為ならず 


3. 今日のあわれは明日の我が身。


4. 今日は人の身、明日は我が身。


5. 今日は人の上、明日は我が身。


6. 昨日は人の身、今日は我が身。


7. 人の成績や持ち物がうらやましくてたまらない時は、自分の自慢の持ち物や自分の中にある誰も真似できないものに目を向ければ、ずっと幸せになれる。


8. 善に定義を与えるならば、自己及び他人の存在を安寧(あんねい)幸福ならしむべき意志、若(も)しくは行為、これが善である。これが道徳である。


9. 利己には制限がある。他愛は如何(いかが)。他愛は無制限のものであろうか。然(しか)り、他愛は無制限のものである。


10. 我々に関する他人の悪評は、しばしば本当は我々に当てられているのではなく、まったく別の理由から出る腹立ちや不機嫌の表明なのである。



11. 自分が他人にしてほしいと思うことを、他人にも同じようにしてやるべきではない。その人の好みが自分と一致するとは限らないからだ。


12. 他人は自分より偉いのだと考えるほうが、結局得だ。


13. 君たちの時間は限られている。その時間を、他の誰かの人生を生きることで無駄遣いしてはいけない。


14. 愛とは他から奪うことではなくて、自己を他に与えることである。


15. 人それぞれ歩くスピードも歩き方も違う。あなたは、あなたの歩き方しかできないが、他の人とは違う風景が見られるはず。


16. 他の人は失ったものに目を向けますが、私は得たものに目を向けます。


17. 人は自分の認識を他人に伝えると、もはやその認識を前ほどには愛さなくなる。


18. 己(おのれ)を空しくして他に尽くすだけの高邁な精神の持ち主こそが、政治を託し得る人なのだ。名利や金に動く者が人気で政治をやりかねないところに、民主主義の危険が潜んでいる。


19. 愚者は自分の間違いから学ぶが、賢者は他人の間違いを見て学ぶ。


20. 人は自分の好きなものを手に入れてこそ幸福であり、他人が好ましいと思うものを手に入れても幸福ではない。



21. 他人と比べていると、自分が持つ本質的価値を軽視するようになる。すると、焦燥感や虚脱感にとらわれるようになり、ひがみ根性や嫉妬心にとらわれていく。


22. 人に好かれたいなら自分を忘れよ。


23. いくら自分に完璧を求めても、完璧な人間なんてどこにもいない。結局、自分や他人の失敗から学んでいくしかないんだ。


24. 自分のことだけを考え、あらゆることに自分の利益を求める人は、決して幸福にありつけない。自分の利益を考えるなら、まず他人のためを思うことである。


25. おのれに存(そん)する偉大なるものの小を感ずることのできない人は、他人に存する小なるものの偉大を見逃しがちである。


26. 人の話(=意見や助言)に答えを求めてはいけない。答えはすべて自分の中にある。


27. 人は人、自分は自分 


28. 怒りは相手を苦しめるのではなく、自分を苦しめる。


29. 大事なことは、進歩向上の比較を他人とするのではなく、過去の自分とすることです。


30. あなたを救う唯一の道は、他者を救うことだ。



31. どうして自分を責めるんですか? 他人がちゃんと必要なときに責めてくれるんだから、いいじゃないですか。


32. 他人のように上手くやろうと思わないで、自分らしく失敗しなさい。


33. 女性が鏡に映して自分を見るのは、自分の姿を見るためでなく、自分がどんなふうに他人に見られるかを確かめるためだ。


34. 不思議なことに、他人の仕事は自分の仕事より楽に思える。しかも他人がいい仕事をするほどそれは楽に見えるものだ。


35. 他人の罪は目の前に見えるが、自分の罪は背後にある。


36. まず相手を理解するように努め、その後で、自分を理解してもらうようにしなさい。


37. 読書しているときは、我々の脳はすでに自分の活動場所ではない。それは他人の思想の戦場である。


38. あなたが自分自身の道を歩んでいるとしても、他人はあなたが間違った道を進んでいると言うものだ。


39. 私にとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです。


40. 人にしてもらいたいと思うことは何でも人にしなさい。



41. 人類は、自分にとって幸福に思われるような生活をたがいに許す方が、他の人々が幸福と感ずるような生活を各人に強いるときよりも、得るところが一層多いのである。


42. 他人に対してもっとやさしく、もっと気を使い、もっと愛情を持つことです。他人のために自分を忘れること、そうすればその人たちはあなたを思い出してくれます。


43. 自分で信用しなくちゃ他人なんか騙せないよ 


44. 自分を愛せる人間が他人をも愛せる。


45. 成功したいと望んでいる者は、心の安静、自己自身および他人に対する精神の平和、また多くは自尊心をも、放棄せねばならぬだろう。


46. 他人の過ちを見つけるのは簡単だが、自分の過ちを見つけるのは難しい。


47. 人を騙すなら、まず自分の心を騙せ。


48. 人間は、自分が他人より劣っているのは能力のためではなく、運のせいだと思いたがるものなのだ。


49. 他の人に懺悔してしまうと、当人は自己の罪は忘れるが、たいてい相手の人はそれを忘れない。


50. あなたの幸せは、他人の不幸。他人の不幸は、あなたの幸せ。



51. 真心をもって人を助ければ、必ず自分も人から助けられる。これは人生の最も美しい見返りの一つである。


52. 評価とは、他人が自分に対してするものであって、自分が自分自身に対してするものではない。


53. 繊細な魂は、誰かが自分に感謝する義務があると知ると塞ぎ込む。粗野な魂は、自分が誰かに感謝する義務があると知ると塞ぎ込む。


54. 人生において何が正しいかなんて誰にもわからないのだから、自分の思うとおりに進んで、その結果を他人の責任にしないことが大切ではないかと思う。


55. 他人に恐れを抱かせる者は、自分が恐れを抱かずにはいられない。


56. 自分の望む人生を歩むのに、他人の賛同と協力は必ずしも必要なものではない。


57. 自なくして他なく、他なくして自なきは、全なくして個なく、個なくして全なきが如くである。


58. 由来、人間というものは、自分の姿が見えないので、得てして他人の心の中に理想の姿を持ちやすい。


59. 己(おのれ)の欲せざる所は人に施すなかれ。


60. 自らねじれている人間が他人を真っすぐにできるなどとは、聞いたこともない。



61. 理想を持つ者は、それに到達しないように気をつけるがよい。さもないと、いつか彼は自分に似る代わりに他人に似るだろう。


62. 自分が思うほど、他人は自分の短所を気にしていない。


63. 他人に自分の秘密を守ってもらいたいなら、最初から他人に秘密をもらしてはいけない。


64. おのれ自身を認識したければ、他人の振る舞いを見るがいい。他人を理解したければ、おのれ自身の心の中をのぞくがいい。


65. 自分に誠実でないものは、決して他人に誠実であり得ない。


66. 人は自分が幸福であるだけでは満足しない。他人が不幸でなければ気がすまないのだ。


67. 人を裁くな。自分が裁かれないためである。


68. あなた自身を好きになる。これはたいへん重要です。この世は自身をどう考えるかの反映といえます。あなたが他人の中に何を見るか、それはあなたがあなた自身の中に何を見るかによって決まります。


69. 人生はよくなるものだという確信を捨ててはいけない。それがあなたの人生であれ、他人の人生であれ。


70. 自由を愛することは他人を愛することだ。力を愛することは自分を愛することだ。



71. 高貴な人間は自分自身に、平俗な人間は他人に、要求を課する。


72. 愚者は己の経験に学び、賢者は他人の経験に学ぶ。


73. 他人に対しても自分に対しても親切であること。人の生きるのを助け、自分自身の生きるのを助けること。これこそ真の思いやりである。


74. 自分で幸福を感じている人は、それだけで満足し感謝するが、自分が幸福を感じないものは、他人に尊敬されたかったり、他人に報酬を求めたりする傾向になりやすい 


75. 自分が不幸なとき、他の人たちを非難するのは無教養者、自分自身を非難するのは教養の初心者、そして他人をも自分をも非難しないのが本当の教養人である。


76. 我々が他人に関心を持つ限り、他人は我々に関心を持つ。


77. 人の己を知らざることを患(うれ)えず、人を知らざることを患う。


78. 自分がしたいと思わない仕事を、なぜほかの人がしたいと思うだろう?


79. 自分だけが人と違う世界にいるとき、腹をたてたり、気おくれしないで生きるには、人との違いを気にしないことだ。


80. 我々は、あまりにも他人の前で自分を偽装するのに慣れているので、しまいには自分の前でまで自分を偽装するようになる。



81. 人間一人では生きられないが、頼れるのは自分自身であると思います。従って、幸せも他人に求めるのではなく、自分に求めて行きたいものです。


82. おまえは、他人の中にある自分と同じ欠点をむち打とうとするのか。


83. 幸福を外に求めるのは、知恵を他の人の頭に求めるよりも、もっと無駄だ。本当の幸福は、自分の心にあるのだ。


84. 自分が幸福な気持ちでいないと、人を幸福にすることはできません。


85. 実際、誰もあてにしてはならないのです。他人委(まか)せにせず、自分自身の手でやってのける以上にいい仕事をする方法はありません。


86. 各自がおのれの分をわきまえ、他人には他人の利益を認めれば、永遠の平和はたちどころに成る。


87. 悪意というものは、他人の苦痛自体を目的とするものではなく、我々自身の享楽を目的とする。


88. いかに多くの人々が汝より前進しているかを見るよりも、いかに多くの人々が汝より遅れているかを考えよ。


89. 我々は他人ではなく、自分自身を喜ばすために結婚すべきである。


90. 人事異動は一般に言われているほど不公平とは思われない。その証拠に、自分の人事異動を不公平だと言う人は多くても、他人の人事異動を不公平だと言う人は多くない。



91. どんな儲けも、他人の損害の上に成り立つ。


92. ひとの生命を愛せない者に、自分の生命を愛せるわけはない。


93. 怒りは、他人にとって有害であるが、憤怒にかられている当人にとってはもっと有害である。


94. なぜ、このように悪口が絶えないのか。人々は他人のちょっとした功績でも認めると、自分の品位が下がるように思っている。


95. 「己の長を以(も)って人の短をあらわすなかれ」 人は往々にして自分の長所を標準として他人の短所を責めがちなんです。


96. 人の己を愛することを欲するや、必ずまず人を愛せ。


97. 人には口が一つなのに、耳は二つあるのは何故だろうか。それは自分が話す倍だけ他人の話を聞かなければならないからだ。


98. 人間は他との比較をやめて、ひたすら自己の職務に専念すれば、おのずからそこに一小天地が開けてくるものです。


99. 人は、他人と違っているのと同じくらい自分自身とも違っている時がある。


100. 男は自分の秘密よりも他人の秘密の方を忠実に守る。女はそれと反対に、他人の秘密よりも自分の秘密のほうを大事にする。




全部で、616件