59601.わが息の虚空(こくう)に散るも嬉しけれ 年の明けたる一日(いちにち)二日(ふつか)

59602.つらいと思うことを苦しんでやるよりも、面白いと思うことを楽しんでやったほうが、物事はうまくいくし、成功への近道である。

59603.惨めな自分を笑い飛ばすユーモアは先人の知恵。どんなに辛いときでも明るく生きる高等技術。

59604.貴族はエゴイストだ。やっぱり、ご自分おひとりのことしか考えて居りませぬ。ご自分おひとりの恰好(かっこう)のためにのみ、死ぬるばかり苦しんで居ります。

59605.想像の一番嫌なことは、いつかはやめなくちゃならない時が来ることなの。それがつらいわ。

59606.「売らなくては」という意識が、お客様と販売員の距離を生む。

59607.つかれたる日 死をおもう  おもき荷を負いたるひと やすむがごとく

59608.あなたを怒らせて あなたの中の「他人」をひきずり出してやらなきゃね。

59609.素敵な出会いが欲しいなら、教養と知識のネタを蓄えることが大切です。

59610.喧嘩をしたあと、いちばんいいのはさりげなく、しかもきちんと謝ることです。かといって大げさに詫びないこと。大仰(おおぎょう)に謝られると、詫びられたほうが身の置き所がなくなってしまう。

59611.お客様に親切にするということは、他から借りいれてできるものではない。自分のものでなくてはダメだ。

59612.追憶を通して、過ぎ去った日の自分を眺めるとき、みずからの過去は、無為に消え去ってしまったものではなく、却(かえ)って慕わしく、しみじみと人生の深みそのものに触れてゆくなつかしさを感ずるであろう。

59613.死にたい、死ななければならぬ、生きているのが罪の種なのだ。

59614.人生の事情がどうあろうと、できうるかぎりの努力を行って、心機の転換を現実にして、喜びの時をより多く命に味わわせて生きる、断然それ以外に人生生活の方法はない。

59615.過去や未来にとらわれず あるがままをみつめ 自分の置かれた状況を そのまま受け入れること “私”にこだわらず 逃避もなくゆったりと…… こうして心を開いた時 真実の覚醒はやってくる

59616.「天職」とは出会うものではなく、自らつくり出すものなのです。

59617.モテる男性は、自己紹介をした時点で相手の女性の名前を覚える。記憶しやすいように、(その場で)話題にしてしまう人もいる。

59618.塩気のない肉と躾(しつけ)のない子供は腐敗する。(ver.0)

59619.出会いに期待する心とは、いわば幸福をさがす心のことなのだ。

59620.奇人は貴人。

59621.男は下の毛が生えたら、もう自分で自分を育てていくもんだ。

59622.偉大な事業を完成するためには、人は常に緊張していなければならない。

59623.先生は ふるさとの山 風薫る

59624.「ひとことで言ったら、どうなる」と考えることです。あらゆることを、そういうふうに考える癖をつけてください。

59625.詩や音楽が「精神的な化粧品」であるように、性もまた「精神的な化粧品」であると思われます。

59626.空腹で悪い話をすると体に悪い。イヤな(気分の)ときは食べる。

59627.優秀な人材など政府には存在しない。存在していたら、企業が引き抜く。

59628.必然の理由から出発して反論の余地のない証明が成立するのは数学だけである。したがって、数学においてのみ、人間はその学問独自の法則に基づいて、真理に到達することができる。

59629.いくら読んでも好きな文章に巡り合わなかったらどうするか。それもまた幸運なことではないか。なにしろ文章を綴るという地獄と、生涯、無縁で過ごせるのだから。

59630.不幸な人は、ひとの不幸にも敏感なものなのだ。

59631.イツデモヨロコベルヨロコビ ドコニイテモヨロコベルヨロコビ コノヨロコビヲヨロコブ コノヨロコビ コノヨロコビハ ワガチカラデヨロコベルヨロコビデハナカッタ

59632.自転車のタイヤを直接ささえているのは三センチの道はばであっても はばが三センチの道を自転車で走ることは不可能です 直接にはたらいているように見えないところも 間接には大切なはたらきをしているのです

59633.世間的に申し分のない夫や妻であっても、相手が欲していなければ、それは悪夫、悪妻です。そんな時はさっさと別れて、自分の良さを認めてくれる相手を探すことです。

59634.(替えがたいものは)箪笥(たんす)のなかにある、ひそやかな、懐かしい時間のようなものだ。

59635.失われた命は取り戻せない。その真理こそが、我々に生きる意味と価値を教えてくれる。

59637.私は今後かりそめにも、我が舌に悪を語らせまい。否、一々我が言葉に注意しよう。同時に今後私は、もはや自分の境遇や仕事を、消極的な言語や悲観的な言語で、批判するような言葉は使うまい。

59638.話の長い人は働きが少ない。

59639.「情報」を持つ文章もいまは花形である。(中略)情報の文字だけあって、その人が文章のなかにいないことが多い。

59641.死んだ人はみんなことばになるのだ。

59642.奇行を衒(てら)い、あるいは異様な姿をもって、人の注意をもとむる企ては、最も卑しむべきことである。

59643.自分との戦いに勝った人を、勝ち組と呼ぶ。

59644.擬音語を使うと、こちらが送りたいメッセージが非常に明確に相手に届く。

59645.行動の種子を播(ま)けば習慣の実がみのり、習慣の種子を播けば性格の実がみのり、性格の種子を播けば運命の実がみのる。

59646.人と人とのあいだを 美しくみよう わたしと人とのあいだをうつくしくみよう 疲れてはならない

59647.世界にたったひとりしかいないんだから、その自分をかわいがってあげないといけない。

59648.思いやり情け深い気持ちで他人が喜びを感じるようなことを言ったり、嘘でもいいからしてごらんよ。嘘でもいいから、嫌な奴が来たらよけい「あら、よく来たわね。待ってたのよ」くらいのことを言ったらどうだい。

59649.どうしてみんな、ぼくの旅のことを、そっとしておいてくれないんだろう!? わかってないんだなあ。無理に語らせられると、ぺらぺらしゃべったが最後、ばらばらになって消えてしまうんだ。それで、おしまいさ。……

59650.悔いや慚愧の念は人間の性格を必ずしも変えはしない。


59651.小説家、詩人、歌人、俳人。いずれ功名心の強い業突張りである。人間の屑のようなやからである。

59652.思索なんかする奴は、枯野原で悪霊にぐるぐる引きまわされている動物みたいなものです。その外回りには美しい緑の牧場があるのに。

59653.欲求とは、あらゆる発展の背後にあるものです。

59654.ボクはどんな仕事をするときでも、いい言葉を探してるの。そこにいい言葉があれば、やる。なければ、やらない。スタッフと話をして、その言葉を聞きながら、“これはいける”と思えるか、“これは成功しない、力……

59655.記憶は、過去のものではない。それは、すでに過ぎ去ったもののことでなく、むしろ過ぎ去らなかったもののことだ。

59656.(女性にとって)家具の位置を変えるのは、男性が休暇旅行をするに相当する。ピアノが部屋の別の隅にあり、サイドボードが窓の下に移動し、ベッドが反対側の壁に面しているのを見るとき、これほど気分が一新し、……

59657.あなたは強いよね、その強さの秘訣は何なの?と人に訊かれて、とことんやってダメだったら死ねばいいやと思ってるからと答えたら、死ぬという選択は私にはないなぁと言われた。うん、そういう人の方が幸せだよ。……

59658.何の苦労もなしに手に入った法などというものは、鸛(こうのとり)が持ってきた赤ん坊のようなものだ。

59659.寂しいと、どうしても他人の生活に関わりすぎます。

59660.思いやりは(※相手に対する)好奇心、探究心から生まれる。

59661.数学は、我々の感覚の不完全さを補うため、また我々の生命の短さを補うために呼び起こされた、人間精神の力であるように思われる。

59662.ウソをついたら地獄へ落ちてエンマ様に舌を抜かれると、幼い頃きかされたものだが、サラリーマン社会では、ウソをつかないでは一日といえども生きていけない。地獄より恐ろしい世界なのである。

59663.じぶんにひつようなだけの無駄を、じゅうぶんにつかえるようなじぶんの時間。そうした時間を手にいれることのむずかしさ。

59664.真摯さはごまかしがきかない。一緒に働けば、その者が真摯であるかどうかは数週間でわかる。

59665.弱音を吐いている人は、一度すべてを放り出せばいいんです。試しに、落ちるところまで落ちればいい。ある種のリセットをすることで、風景もまったく異なって見えるはずです。

59666.他の芸術の場合と同様に、数学における美にも、混沌の整理、最小の手段によって目的を達すること、なんら共通点がなさそうな概念どうしの思いがけない相互関係を明るみに出すこと、などが含まれる。

59667.血を流すことを辞(じ)さない者にはすべてが敗れる。

59668.みんな真剣に自分の人生を考えていないのだ。楽をして、いい結果だけを求めてそのためにカネを出そうとする。だからこの時代、淫祀(いんし)邪教が流行するのだ。

59669.理想と現実は、違ってた方が頑張りがいがあるものよ。

59670.点滴岩を穿(うが)つ

59671.人はだれでも(ふるさとに)「帰りたい」と思いながら、しかし「帰る」ということが想像力のなかの出来事でしかないことを知るようになるのである。

59672.あながた苦と思っている今の仕事が、実はあなたにとっていちばん面白い仕事に変わる可能性は十分にある。

59673.教育するとは、元来、外から知識を付け加えることではなく、人間の潜在的に持つ豊かな知恵を本人自身が引き出すことにある。

59674.主観的たれ! 強い一つの主観を持ってすすめ。単純な眼を持て。

59675.なんでも祈り求めることは、すでにかなえられたと信じなさい。そうすれば、その通りになるであろう。(ver.0)

59676.墓地からもどつて来ても一人

59677.物語とは、未知の友人がそこにいる場所だ。物語を読んで、あたらしい友人に出会い、あたらしい経験に出会う。

59678.善は急げ、悪は延ばせ。

59679.遣(つか)っても溜めても金は面白い

59680.事業に百パーセント安全なものはない。

59681.作家というものは、ずいぶん見栄坊であって、自分のひそかに苦心した作品など、苦心しなかったようにして誇示したいものだ。

59682.もし、あなたが他人のひがみや不安に聞き耳を立てていたら、あなた自身も同じように堕落してしまうことでしょう。

59683.誰もが恋をすることによって、自分自身の欠けた一部を探しているものだからさ。だから恋をしている相手について考えると、多少の差こそあれ、いつも哀しい気持ちになる。ずっと昔に失われてしまった懐かしい部屋……

59684.言わずもがなのことを言ってしまい、しまったと思うことってあるよね。慌てて取り消してもその言葉は相手の心にいつまでも残る。それを消すにはね、言葉じゃ駄目なんだ。相手が納得する態度と行動を取り続ければ……

59685.あなたの信仰とは、あなたが自分の心に抱き続けるイメージは必ず実現される、という確信に満ちた期待のことである。

59686.眠りよ、おんみ(御身)、この世の安らぎよ、おお、眠りよ、おんみ、この上なく優しき神よ、魂の平和よ、不安を払いのける者よ──つらい勤めに疲れ果てた肉体を、おんみは撫でさすって、仕事へと力づけるすべを……

59687.春夏秋冬 あしたもよろし ゆふべもよろし

59688.退屈は平和への入り口だ。

59689.苦言を呈するという損な役回りを演じてくれる人こそ、自分のためを思っているのだ。誰が好きこのんで、相手のためになることだからといって、その相手に疎(うと)まれるようなことをわざわざするだろうか。

59690.学校は、学問するところではなくて、くだらない社交に骨折るだけの場所である。(中略)学生ほど、今日、無智なものはない。つくづく、いやになってしまう。

59691.(自分の)できないところに投資をしても、リターンは小さい。できないことをできるようにしようとしても、なかなかできるようにならない。できるところを伸ばしたほうがいい。

59692.時には踏みならされた道を離れ、森の中に入ってみなさい。そこでは、きっとあなたがこれまで見たことがない何か新しいものを見出すに違いありません。

59693.五尺の少身すべてこれ胆。

59694.バカにされるような人間だからこそ、他の人をバカにするのです。本当に自分に自信がある人は、他人を見下したり、バカにしたりする必要はないのです。

59695.人生においては、(自分に)抵抗する事柄とはいつまでも縁が切れない。

59696.説明の役割(目的)を一言で言えば、「離れた二つの点を一致させること」にある。自分と相手とのコミュニケーションギャップの溝を埋めることなのだ。

59697.良質の鉱石を得ようとするならば、数百尺、数千尺の地盤を掘り下げねばならず、地を五尺や十尺掘ってみても出るものは砂礫(されき)や泥土にすぎない。

59698.(対局中は)すでに過ぎ去ったこと(=ミス)は仕方がない。私は、意識的に先のことを考えるようにしている。反省は勝負がついた後でいいのだ。

59699.誉め上手な人がいる。たしかにその人のどこを誉めれば喜んでくれるかを心得ている。しかし、自分が誉められてすぐにそばの別の人を誉めているのを見ると、ああ、この人は道を横切る猫も誉めるんだとしらけてしまう。

59700.失敗を自分の中に貯め込むと、どんどんマイナス思考になっていく。すると、臆病で消極的になり、負のオーラを発するようになる。そんな人には、絶対に運は向いてこない。


59701.どんな悲しみや苦しみも、必ず歳月が癒してくれます。そのことを京都では、「日にち薬(ひにちぐすり)」と呼びます。時間こそが、心の傷の妙薬なのです。

59702.すべてを語りうる言葉なんてないのだ。

59703.人は小さなことで楽しめるなら、決して大きなことを企てないだろう。

59704.職業芸術家は一度亡(ほろ)びねばならぬ 誰人もみな芸術家たる感受をなせ 個性の優れる方面に於(おい)て各々(おのおの)止むなき表現をなせ 然(しか)もめいめいそのときどきの芸術家である

59705.青年たちはいつでも本気に議論をしない。お互いに相手の神経へふれまいふれまいと最大限度の注意をしつつ、おのれの神経をも大切にかばっている。むだな侮りを受けたくないのである。

59706.他人の考えを読み取ることは他人の食べ残しを食べるようなもの、他人の脱ぎ捨てた衣服を着るようなものだ。

59707.むしろ他の悪によって、みずからの悪に泣くところがなかったならば、みずからの内面が、つねに悪の炎に燃えていることも気づかずにいよう。

59708.失敗? 人生のほんのスパイスですよ

59709.自分を取りまくあらゆる状況をコトゴトく喜劇的に見るクセをつけちまおう。

59710.互いの傷をなめあう獣の目のやさしさが、人間の男女の愛にももっとよみがえっていいのではないか。

59711.何かをするときには論理がなくちゃならんはずなのに、理屈に合わないことを平気でやられると、無性に腹が立つんです。

59712.人生というのは、成行まかせに抛(ほう)っておくと、しかめつら、泣きっつらばかりで埋まってしまいがちである。だからちょいとしたこと、たとえばよく気のつく人がこっちの立場をおしはかり、ちょっとした動作……

59713.すべてを得ようとすれば、すべてを失う。

59714.美しいものや善いもののために死ぬことはやさしいのだが、みじめなものや腐敗したものたちのために死ぬのはむつかしい。

59715.聞法(もんぼう)しようが念仏申そうが、悲しみや苦しみは消えはせんのですね。聞法し、念仏すれば悲しみや苦しみを味わわなくてすむかというとそんなことはない。ある意味で悲しみや苦しみをより深く体験するの……

59716.つとめて、すべての人とやわらぎ、自(みずか)ら清からんことを求めよ。

59717.ペーパーテストなど、しょせん血の通わない無機質なものだから、それに落ちても入ってもどうということはない。それよりも大切なのは人と出会うこと、それも生涯を決定するような先輩に出会うことだ。それによっ……

59718.だいたい、作家というのは、好きな言葉がいくつかあるんです。そういう大好きな言葉が二つ、三つ、四つ、五つと出てくると、それは文章にも、きっと、いい影響が出てくると思います。

59720.現代社会では、伝統と教育の担い手としての家族の役割が弱くなってきている。したがって、私たちの社会が健全に維持されるためには、学校の役割が昔に比べてますます大きくなっている。

59721.仕事をしている時間は、大きく「Aタイム」「Bタイム」「Cタイム」に分けることができます。Aタイムは顧客との商談など売上に直結する最も大切な時間。Bタイムは会議や商談の準備など、直接金にはならないが……

59722.偉大な画家、音楽家、詩人、作家などは、自分の潜在意識と調子を合わせて、それに鼓舞され、霊感を得るのです。

59723.歩くことが、読むことなのだ。街を歩く。街を物語として読んでいる。微笑一つ、みごとな短篇なのだ。

59724.「絶望」は人間だけが持つことのできる黄金である。同じ意味で「酒」とよく似ている。

59726.部屋に花を飾り、静かな音楽を流し、美しいインテリアに囲まれて暮らしていれば、その波動で人は勝手に美しくなります。美しさを手に入れるのは、実は簡単なことなのです。

59727.信仰はラッパを吹かない。信仰は宣伝するものではない。人に見せびらかすものではない。

59728.自分のまわりを、エネルギーであふれ、しっかりした考え方を持っている人でかためなさい。自分のまわりを、野心であふれ、プラス思考の人でかためなさい。

59729.自分にできる何かをしたいじゃねえ。自分は何がしたいかだ。何者かになりたいじゃねえ。何者になりたいかだ。

59730.人は嫌なことがあったら、どんどん逃げていいんだけれど、目をそらしているだけじゃ、逃げたことにはならないんだよ。君が現状を良しとしている限り、外からは手出しができないんだから。

59731.指揮の枝が少ないと組織は硬直になり、多いとトップの意志の威力が弱まる。命令系統が複雑になれば、正確さと迅速さが低下する。

59732.パンを得なくて何の思索があろう 仕事につかなくて何の文学があろう 僕はむしろ頭脳で考えるよりも 胃袋で直観したのである

59733.過去に大きな出来事に遭遇した場合、その影響がまったくないとは言い切れません。もちろんあるでしょう。ただ、同じ出来事を経験したかたらといって、皆が同じようになるわけではない。

59734.いくら私小説と言うても、やはり文学における「嘘」は必要なのである。

59735.人間、生きてさえいれば、必ずなんとか新しい人生が開けてくる。完全な絶望状態などというものはあり得ない。人間がそう思い込むから、そうなるまでである。

59736.私は自分の手で探り当て、自分の頭で考えて納得したことでないと、信じない。

59737.体験や経験を多く持つことが、その人の大いなる財産になる。

59738.消極的な観念要素が心の奥底に溜まると、アンテナに相当する感性性能の調子が崩れる。すると、心の働きの上でなくてはならない意志の力が弱ってしまう。

59739.初めはとても難しいことも、続けていけば簡単になります。

59740.出逢いが心にいつまでも残る男よりも別れ方が心に沁(し)みついている男の方が、(中略)本当の愛が深かった。

59741.(どの職業でも)最も重要なことは何かといったら、自分と、自分が理想と考えてる自分との、その間の(内的な)問答です。

59742.「あれやれ」「これやれ」って言われてやった失敗というのは、何の反省にもならない。だけど、好きなことで、あるいは、やりたいことの道を行ったときにする失敗というのは、その人に反省をもたらす。

59743.指導者にとって、コミュニケーションは唯一最大の武器である。

59744.真の天才の証とは、物事をシンプルに説明できる能力である。

59745.あれかこれかという二分法の思考でことを簡単にすることは、どんなにたやすくとも、たやすいぶんだけ、言葉をうそハッタリにしてしまう。

59746.負けてもやり直せる男は強いんだ。

59747.経験とは、誰もが自分の愚行に与えている名前のことだ。

59748.与えつくす積もりで、与えてみよ。死ぬまでかかっても、与えつくせぬ豊富におどろく。

59749.自分のことを大切にしてもらいたい。誰にもその気持ちはありますが、その気持ちで人間関係のトラブルが起きます。

59750.プロのライパルは昨日の自分であり、昨日できなかったことを今日できるように努力する。プロはすべてを努力によって解決する。


59751.(その相手と)考え方はかなり違うが、違うからこそ組む価値がある。

59752.憎悪の念を燃やすのは、邪悪な人間を相手にする時だけにせよ。

59753.父、父たり。子、子たり。兄、兄たり。弟、弟たり。夫、夫たり。婦、婦たり。しかして家道正し。

59754.素質が一流でも、思想が二流では伸びない。

59755.神の優しさをあなたが身をもって示しなさい。あなたの表情にも、まなざしにも、笑顔にも、心をこめたあいさつにも、神の優しさを宿すことによって。

59756.あなたを作ったものはあなたである。あなたを変えるのもまた、あなただ。

59757.悔いのない人生を送るには、やりたいと一度でも思ったことを、とにかく始めること。

59758.目にうつる全てのことはメッセージ

59759.思うまま言葉を走らすことはできない。いつだって言葉がひとを走らせるのだ。

59760.天才とは1%の霊感と、99%の発汗である。

59761.ふるさとと、そこを「出た」人間との関係は、どっちに転んでも裏切者になるほかないのだ。

59762.女は、恋をすれば、それっきりです。(他の者は)ただ、見ているより他はありません。

59763.神は立派な職人であるが、援助を好む。

59764.運がよくなくても悲観するな。悪い条件がかえって、プラスになることが多いものだ。運命というものは、与えられるものではなく、みずからつくり出し、切り開いていくものだ。

59765.せっせと計画を立てているとき、別のことが起こる。それが人生というものだ。

59766.木や森はね、知性体なんですよ。みんな妖怪感度が鈍いから気がつかないだけで、ほんとは知恵がある。だから宇宙から来ているわけですよ。で、人間を見てる。人間が目を向けると、ちゃんとわかって、形をつくって……

59767.精神の悩みを癒すには知力では役に立たない。理性もあまり効果がない。断固たる「実行」のみが一切を癒す。

59768.人生は旅そのもの 旅であるからには 帰る世界を 持たねばならぬ

59769.思索すると知識が増える。

59770.考えたり、話したり、行動したり、歌ったり、また自動車を運転したり、想像したり、感じたりするのにも、またビジネスや人間関係にも、正しいやり方と間違ったやり方とがあります。あなたはその違いを知らねばな……

59771.引き算がさみしいのは、だんだん数が減ってゆくことだよ。

59772.鳴かぬなら 鳴かしてみよう ほととぎす(ver.0)

59773.ものごとがうまくいかなくなったとき、事態をさらに悪化させるのは、当事者がジタバタとうろたえ、われを失ってしまうことなのである。

59774.礼儀をわきまえさえすれば、物事はスムーズに運ぶ。楽しく気分よく日常生活を送ることができる。

59775.不可解な自分を識(し)るというチャンスは、思いがけない時、不用意に襲ってくる恋愛事件の渦の中でこそ、一番、恵まれているように思われる。

59776.賢者は過去によって未来を判断する。

59777.よいつぼみであれ、よい花になる。よい花であれ、よい果(み)になる。花をまねたつぼみ、果をまねた花、ともに不具である。

59778.我を非として当う者は吾が師なり。(ver.0)

59779.感謝は、自分の卑劣さをありのままに認識し、それにもかかわらず、ある意味で感謝することなのである。

59780.どうでもいいだろ。今、自分がどこにいるかなんて。大事なのは、今の自分がこれから何をするか、だろ。

59781.(旅への)衝動を抑制して旅に出なかった時には、(中略)見なかった美しい山水や、失われた可能性と希望との思いが彼を悩ます。よし現存の幸福が如何(いか)に大きくとも、この償い難き喪失の感情は彼に永遠の……

59782.相手が理解できない話では、本当はとても内容のあるいい話だったとしても、説得力を持たない。

59783.時間を少しずつ小分けにして使っていると、なかなか(仕事の)スピードが上がらない。

59784.学校においては、子どもたちが立てる目標は、ややもすると「立てただけで終わり」のスローガン的になりがちです。教員の中には、「目標を立てる」こと自体に価値があると思ってしまう人もいますが、それこそが「……

59785.束の間に人生は過ぎ去るが、ことばはとどまる、ひとの心のいちばん奥の本棚に。

59786.習慣を断ち切りなさい。不安に感じることを何かやってみなさい。

59787.あなたは医者に助けてもらうのですから、それにふさわしい尊敬の念で医者をうやまいなさい。というのは、主が医師をつくりたもうたからです。至高なる者より治癒は来るものであり、医師は王者の名誉を受けるであ……

59788.いまの教育では個人の幸福が目標になっている。人生の目的がこれだから、道義というかんじんなものを教えないで手を抜いている。だから、まことに簡単にできる。それ以外には、犬を仕込むように、主人にきらわれ……

59789.財産に頼り、信仰心を持たない者には、必ず破滅する時が来る。

59790.覆水収め難(がた)し。

59791.信仰と信心は違う。信仰の中には、はからいが入り、いろいろな煩悩が入りうる。信仰というのは幸せを得たい、願い事が叶うように、苦しみをとってもらいたい、そういう願いで信仰に入る。

59792.平常心をどれだけ維持できるかで、勝負は決まる。

59793.あなたは神と和らいで、平安を得るがよい。そうすれば幸福があなたに来るでしょう。

59794.自分は女の容貌に満足する人(=男性)を見ると羨(うらや)ましい。女の肉(=肉体)に満足する人を見ても羨ましい。自分はどうあっても女の霊というか魂というか、いわゆるスピリットを攫(つか)まなければ満……

59795.心がすさんでいる時こそ、人は信頼できる仲間といるべきだ。一人でいるのは良くない。

59796.「健康」というと、たいていの人は肉体だと思っているが、そうではない。「健」が肉体で、「康」は心なのだ。

59797.美しいものと善いものに絶望しないでください。

59798.人間には、人間がひとたび自分自身の本質の尊さというものを正しく自覚すると、「心」が自然と自己自身を気高い人生に活きるようにリードするという必然性がある。

59799.悪い友を持てば自らの人生も狂わされかねない、という教訓はあるが、自分のために他人の人生が狂っていないか、とは誰も考えない。

59800.男の子って、どんな親しい間柄でも、久し振りで逢(あ)った時には、互いに高邁の事を述べ合って、自分の進歩を相手にみとめさせたい焦躁(しょうそう)にかられるものなのかも知れないね。


59801.習慣のいちばんの特質というのは、それが不文律であるということです。習慣というのは、明文化された定められたものではありません。コモンセンス、コモンロー同様、もっと漠然とした、なかなか言葉にできないよ……

59802.我々の人生には、その人の純粋さを考えれば自分の賤しさに心が痛むというような誰かに時としてめぐり合うことがある。

59803.男が子供だから女はこうなるの。妻って結局、鬼嫁になるか泣く嫁になるかの二択しかないのよ。馬鹿馬鹿しい。夫婦なんて茶番だよ。

59804.今日、定年制についていろいろ議論されているが、いま世間で問われているのは、また活発に仕事ができるのにこういう年代で定年にするのは若すぎはしないか、という議論なのだから、私のいう積極的に働ける年齢の……

59805.不満は人間を駄目にする。どんなつまらない仕事でも、なんでオレがやらなければならないのかと不満に思ったその瞬間から、人間は駄目になる。

59806.短歌というのは、ある種の類感呪術というか、こっちで一人の男の腹を五寸釘でどんと打つと、向こうの三人くらいの男がばたんと倒れる、ふしぎに呪術的な共同性があって、……怪異なものだという感じがしますね。

59807.妻に小言を言われない夫は、天国の住人である。

59808.ある日の こころ 山となり  ある日の こころ 空となり  ある日の こころ わたしと なりて さぶし

59809.逆境のときに、ユーモアセンスを発揮できるなら、あなたは強い精神力の持ち主です。

59810.進化というのは、生き物が何かを得ようとして無茶をしたからこそ手に入った奇跡。

59811.同じ人を恋するなら、自分はほろぼしてしまうまで、情熱を燃やしつくす恋をする方が、人間らしくていいではないか。

59812.読書は知識を生じ、実際は智慧(ちえ)を生ず。

59813.人生は生きた年数じゃない。いかに人と触れ合いを持ったかです。

59814.大きな堤防も、蟻の穴から崩れる。

59815.たとえ後継者のほうが優れていても、功績があるのは最初に事を始めた人である。

59816.私がノーベル賞をいただくきっかけとなった発見をすることができたのは、間違った薬品を混ぜた試料を、「もったいない」と捨てずに使ったからですが、そう思ったのは、子どものころから耳にたこができるほど「も……

59817.人間は、死んでから一ばん人間らしくなる。

59818.ふだんの表情がもともと乏しく、第一印象がよくない人は、口角を上げて軽く微笑むようにします。これをするだけで、第一印象は格段によくなります。

59819.人生という本を、人は胸に抱いている。一個の人間は一冊の本なのだ。

59820.どんなに慣れても決して狎(な)れてはいけない。

59821.特に20代の10年間って大事。ここで一生をかける仕事は何かを考えた方がいい。お金なんて、なくたっていいんです。いろんな経験をすることの方が大切です。それは30代以降に必ずつながる。

59822.(親からの)子どもに対する最大のプレゼントは、積極的関心です。(ver.0)

59823.過ちを正すのを恥じるな。

59824.平和は各自の心の中から始まります。自分の中に平和が満ちた時初めて、家族へ、隣人へ、友達へと、平和を広めていけるのです。

59825.(女は男と)からだがちがっているのと同様に、その思考の方法も、会話の意味も、匂い、音、風景などに対する反応の仕方も、まるっきり違っているのだ。女のからだにならない限り、絶対に男類には理解できない不……

59826.だれでも夢がつかめる。才能よりもむしろ持続する能力があればの話だが。

59827.障害が大きければ大きいほど、克服する喜びも大きい。

59828.目上の人と初めて会うとき、あがることがある。自分の欠点や、弱さを見抜かれまいとする意識が過剰になってる。だから、長所や、強さを前面に押し立て欠点や、弱さを後ろへ置く。でも、逆のほうがいい。欠点や、……

59829.貧は自由の伴侶である。束縛は富に伴なう者である。富は人の作った者である。故に富んで人世の束縛よりは離るる事は甚だ難くある。

59830.自殺は単に一つの罪であるばかりではない。自殺はまさに罪の中の罪である。究極の悪、絶対の悪であって、生命の存在そのものに関心を持とうとせぬ態度にほかならぬ。

59831.春は壮麗な花園のなかにのみ飾られるのではない。むしろ一輪の小さき花によって、忘れられた巌(いわ)のかげにもまた、春のよろこびが充(み)ちている。

59833.自分は何の才能もないダメ人間と嘆く人が居ます。そんなことはありません。この世には数えきれぬ程の、病気、災難、事故、トラブルがあるというのに、それらを見事にくぐり抜け生きてきたのですから。立派な才能……

59834.女がいつまでも独りでいると、父親を支配するようになる。嫁に行ってよその男を支配しろ。

59835.どこにもいない? 違うと、なくなった人は言う。どこにもいないのではない。どこにもゆかないのだ。いつも、ここにいる。

59836.「私が間違っていました」と言って、自分の間違いを認めるのはつらいことのように思われるかもしれないが、そうではない。間違っていることがわかっていて認めないほうが結果としてはしんどいのである。

59837.喜びのない労働は下賤だ。悲しみのない労働も下賤だ。労働のない悲しみは下卑(げび)ている。労働のない喜びも卑しい。(ver.0)

59838.一と多は、分離することのできない、互いに浸透し合う概念である。一が多に含まれているように、多は一に含まれている。

59839.もしあなたが生涯の伴侶として、正直でまじめで愛情ある人を引きつけたいと思うならば、あなた自身も正直でまじめで愛情ある人でなければなりません。

59840.「どうしてもこの仕事をやらなければならない」というリーダーの夢を部下に一生懸命話し、自分と同じくらいのレベルまで部下の士気を高めることができれば、仕事は成功するだろうと思います。

59841.世間によく知られていて、特に若者受けする業界・業種ほど、市場は小さく、経済力は弱い。一方、地味に見える産業は、思った以上に大きかったりする。

59842.名誉の戦死など、しなさんな。生きてもどってくるのよ。

59843.世界は、大きな車輪のようなものですからね。対立したり、あらそったりせずに、みんなで手をつなぎあって、まわっていかなければなりません。では、お元気で、幸運をいのります。

59844.疲労の原因は、労働のせいというよりも、心配とやるせない不満と後悔にあることが多い。

59845.人生を変えたい人は考え方を変えなさい。

59846.(米国と日本では)監督の立場が異なる。米国では、個性の強い選手たちをいかにチームの勝利に貢献させるかだが、日本だと、組織慣れした選手のモチベーションをいかに高めるかが監督の実力とされている。

59847.おれたちはみな農民である。

59848.私は、他の者には見えないものを見、他の者よりも深くものを見るのが詩人だと思う。そして数学者もそうなのである。

59849.しがらみの中をかき分けて進め 傷だらけの両手がいつの日か輝いて見えるまで

59850.軽薄な野心家には、都ほど住みよいところはありません。


59851.牢獄は肉体の自由を奪うことはできるが、精神の自由までは奪えない。

59852.私たちは往々にして、自分が作り出している現実に不満を持っています。「自分の弁当を自分の気に入るように作る」ことができると信じることは、非常に重要です。

59853.相手を「かわいそう」と思った段階で、対等な人間関係は結べないと思います。「あなたのためにしている」と思った場合も同じです。

59854.勇を鼓して自ら思考し、「既成観念」にあえてそむく人なくして、その企業の成長と繁栄は望めない。

59855.人の世話をやかないでよい。友だちもひとりひとり、自分で考えて自分でする、自分でできる一人前の生徒である。むやみに世話をやくことは失礼である。友だちの「考える」力をつけるじゃまでもある。

59856.権力にこびることなく 暴力に屈することなく 常に弱者の味方である。

59857.学生たちによく推める読書法は、まずはとにかく興味のある新書レベルの本を手当たり次第に読みまくる。続いて、特に興味のあるテーマが見つかれば、そのテーマについての本を集中的に読みまくる。投網漁法から一……

59858.批判好きな人ほど、他人から批判されることに我慢ができない。

59859.(妻とは)お互いによくしゃべる。しゃべらなきゃ理解できないと思うからね。

59860.はるかなる山々は近づきやすく、登りやすそうに見える。高峰はさし招くが、近づくにつれて険しさが姿を現してくる。登れば登るほど旅は苦しさを加え、頂上は雲のかなたに隠れてしまう。だが登山は、骨を折るに値……

59861.劇は代理現実ではなくて現実そのものであり、観客はそれを観察するのではなく体験するのである。

59862.夫婦には帰る家がないから、したい喧嘩もひっこめる。

59863.何も言わない者には余計に与えている。

59864.美に対する愛情は、人間の生物学に深く根ざしているのだ。

59865.何でもしたい放題したほうが、人生では長生きする。

59866.大量の仕事を時間差で個別に撃破し、後に回せるものは極限まで後に回す。

59867.勝利まで、いつまでも前進を。

59868.あなたの心の中の考えに注意し、それが人生におけるあなたの目的と一致するようにしなさい。言葉をかえていうならば、あなたが心の中で自分に話すことが、人生におけるあなたの目標とか願望と一致していなければ……

59869.恩を知らない人達は、人の心の有り難さを知らないから、争うばかりの弱肉強食のその意味で、動物と同じ自然の社会を作っていく。

59870.一目惚れって……そう、はじめて見た海みたいなものね。

59871.その澄んだ目で、透明な思考で、大事に大事に平和憲法を守ってください。あなた自身のために。産まれてくる新しい命のために。お願いします。

59872.母との関係を卒業してからでないと、男は女を愛することができません。

59873.リーダーには2種類ある。あることを実現したくてリーダーになった者と、リーダーになりたくてリーダーになった者だ。

59874.道徳の世界にも品格ということはあるものなのだ。卑賤の徒は行為で支払い、高貴の者は存在で支払う。

59875.外へ出ましょう。風に吹かれて下さい。陽光を浴びて下さい。人の視線を感じて下さい。見知らぬ横丁に、心ときめかせて下さい。何の用ももたず、おおそうだ、ハンドバッグももたず。

59876.もし、人より素晴らしい世界を見よう、そこにある宝にめぐり逢おうとするなら、どうしたって危険な道、恐い道を歩かねばなりません。そういう道を求めて歩くのが、才能に賭ける人の心構えなのです。

59877.「死ね、そして成れ!」──このことをお前がまだ体得しないあいだは、お前はただ暗い地上の陰気な客にすぎないのだ。

59878.天(あめ)の下(した)のすべてのことには季節があり、すべてのものには時がある。(ver.0)

59879.せめて自分ぐらい自分を褒めてあげないと、自分が救われません。自分の味方になれるのは自分だけなのですから。家族でも他人でも皆別の人間なのですもの。(ver.0)

59880.女というものは、世界中の男から恋をささやかれる可能性を心の奥深くで期待しているから、夫以外の男から言いよられることは決して不快ではないのだ。

59881.失敗を重ねるほどそこから学び、修正して、勘はますます冴えていく。だから失敗することも(勘を磨く)大事な肥やしになる。

59882.何となく自分に自信のない人は、自己主張を利己主義と勘違いしています。

59883.恋って、するもんじゃなくて、落ちるもんなんだな。

59884.つらいと記憶が消える。

59885.この心いよよはだかとなりにけり 涙ながるる涙ながるる

59886.おのれを知るとは、他人の欠陥よりおのれの欠陥のほうが多いことを思い知ることだ。

59887.子供の個性に本当に適するものを発見させてやれば、その親はすでに偉大な教育者である。

59888.男と女は、向き合ってるときだけが真実で、独占できるのもそのときだけ、ということを知ってるのが、おとなの男女の教養というもんだろう。

59889.人の飯食わねば、人にならぬ。

59890.過ぎてかえらぬ不幸を悔やむのは、さらに不幸を招く近道だ。(ver.0)

59891.芸術家には、人で無い部分が在る、芸術家の本性は、サタンである

59892.リーダーシップというものは、しばしば公的なジェスチャーに結集して表される。恐怖や疲労などによって行動意欲を失った兵士の士気を奮い立たせるものは、指揮官の態度以外にない。

59893.賢明な者は、自分の見たことを報告し、愚かな者は、他人から聞いたことを報告する。

59894.今君が歩いている道、それは本当に自分が望んだ道なのか?

59895.愛するがゆえに見守る愛もある。

59896.何かに挑戦したら確実に報われるのであれば、誰でも必ず挑戦するだろう。報われないかもしれないところで、同じ情熱、気力、モチベーションをもって継続しているのは非常に大変なことであり、私は、それこそが才……

59897.明日が好き ほんの少し ちがう私に出逢える 明日が大好き

59898.恋をしている者はうつろの目で、本当の目はしていない。

59899.天才にとっては、生も死も同じことである。

59900.如来さまのくださる 問題は 答えを要求されたのでは なかった  問題から 逃げなければよかったのだ


59901.神は貧しく小さくされた者と共にいる。

59902.数学の問題は、隠された真理へと導く入り組んだ小路の道しるべでなければならず、また後で解が見つかった満足感で、我々を慰めてくれるようでなければならない。

59903.「けじめ」など考えていたら恋愛なぞ、できないよなあ。

59904.へつらい者を避けるには、賢い側近を選び、その者たちだけに直言させよ。

59905.「知識」とは、「言葉で表せるもの」であり、「書物」から学べるもの。

59906.圧倒的努力とは¥?とよく聞かれる。人のやらない努力をする。ただそれだけ。出来るか¥?出来ないか¥?ではない。やるか¥?やらないか¥?ただそれだけ。

59907.必死になれないのは、必死になるほど好きじゃないから。必死になれないのは、必死にならなくても困らないから。生きていけるから。

59908.性格の不一致と言いますけれど、性格じゃなくて、お互い好きじゃないということです。

59909.料理というのは、たった一つの方程式で成り立っている。食材×料理法=(イコール)味、それがすべてだ。

59910.昆虫には 足が六つある 人間よりも災難が多いので 六つの足で この世をあるく

59911.(幸福感がなく、ユーモアを言う気分にならないときでも、)微笑みなさい。口の周囲の筋肉を使うことで、脳内の好ましい酵素が増えます。

59912.本の文化は、活字によってではなく言葉によってつくられ育まれてきた。言葉というのはそもそも初めから、人びとの日常のなかに深く根を張って育ちます。本の文化は、日常にないものをつくってきた文化ではないの……

59913.信じて敗北する事に於(お)いて、悔いは無い。むしろ永遠の勝利だ。それゆえ人に笑われても恥辱(ちじょく)とは思わぬ。けれども、ああ、信じて成功したいものだ。この歓喜!

59914.(娘よ、)常に家庭に気を配り、夫の持ち物を大切にせよ。彼は喜んでお前の頭上に冠をささげるだろう。

59915.大将の真価は負け戦のときに現れる。

59916.両雄(りょうゆう)並び立たず。

59918.労働がなければ、安楽もなく休息もなし。(ver.0)

59919.恋は自分本位の思いなので、うまくいかなくなると、一瞬にして憎しみに変わります。

59920.雑談で大切なのはリズム感です。聞き手は、細かいことにこだわらないようにします。(中略)聞き手が細かいアラ探しをすると、流れが途切れます。雑談を聞くのがヘタな人は、細かいアラ探しをします。

59921.もし女性が馬鹿らしい言葉と憎らしい挙動を慎み、そして彼女が美人であるならば、我々は直ちに、智恵と道義の模範として彼女を論証するであろう。

59922.自分自身を知り、自分のなすべきことを知り、自分の部下について知りなさい。

59923.一日一日の時間が惜しい。私はきょう一日を、出来るだけたっぷり生きたい。

59924.あなたの将来の夢に対する強烈な欲求は、成功へ至る王道へとあなたを導いてくれます。

59925.有名になりてぇ〜、って意識してるヤツは、顔にいやらしさが出てる。そういうヤツがテレビに出ると、画面がいやらしくなるのよ。

59926.ヴァニティ(=虚栄)は、あわれなものである。なつかしいものである。それだけ、閉口なものである

59927.自分を憐れむな。自分を憐れめば、人生は終わりなき悪夢だよ。

59929.遅かれ早かれ、ひとはなるようになるのだからな。

59930.人はその守る沈黙によって判断される。(ver.0)

59931.見なさい。(書物の)執筆者たちが高度に気持ちを張りつめても、最も賢明な執筆者でさえ、一つの論拠の周りに、どんなに浮薄な論を、じっくり読めばすぐ判(わか)る実体のない論を撒き散らしているかを。いずれ……

59932.このまえ、川を見つめたのはいつでしたか。砂のうえに坐ったのは、草のうえに坐ったのはいつでしたか。「うつくしい」と、あなたがためらわず言えるものは何ですか。好きな花を七つ、あげられますか。

59933.心がバラのように美しいなら、かぐわしい言葉を口にするはずだ。

59934.人は自分をけなす人より、ほめてくれる人を好む。日ごろ人をけなしてばかりいる人は、誰からも好かれず、そのためほめられない。しかし、そんな人ほど自意識過剰で、人からちやほやされたがるものだ。

59935.親は子供の記憶の中で生きる。

59936.「生活とは何ですか。」 「わびしさを堪える事です。」

59937.僕たちのビジネス(=ゲーム業界)というのは、勝ったら天に上るけれども、負けたら地に沈む。だからそれはもう、素晴らしい発想が出てくるのかこないのか、アイディアにかかっている。

59938.水戸黄門でも、最明寺入道でも、旅行する時には、わざときたない身なりで出かけるでしょう? そうすると、旅がいっそう面白くなるのです。遊び上手は、身をやつすものです。

59939.木という字を一つ書きました 一本じゃかわいそうだから と思ってもう一本ならべると 林という字になりました

59940.まず、結論をいえ。理由説明はわしが尋ねてからでいい。

59941.あなたを凡庸な頭の弱い者として抑えておく残酷な運命などはありません。あなたの心の庭に蘭の花(美しい考え)を植えなさい。

59942.ほとんどの人は、「自分には才能がある」と思っているんですよ。でも恥ずかしいから黙っている。だから他人に言われると身に沁みるんです。

59943.私たちの生きているもとのもの(精神・魂)が乱れ、腐っているならば、生きがいのあるわけがないではないか。

59944.泣きごとをいわぬこと。困難は世のつねの姿である。困難に行き当たって泣きごとをいったり、ブツクサこぼしていたりしたら、それこそ人間は一生そんなことで終わらなければならぬ。

59945.女が男に洞察力があるのは、あれは愛情からなんかじゃない、ひとえに男を管理したいからなのだ。女の管理欲から、洞察能力が生まれたのだ。

59946.なあに、構うもんか、人間死ぬのは一度だけ、命は神様からの借り物だ。

59947.いつも冒険していれば、ボケんよ!

59948.毎日を濃密に生きることができれば、人生は成功である。

59949.エジプト人やペルシア人やスパルタ人は、まったく数学に通じていないような王を選ぶことはめったになかったのである。数学を知らない者では正しく考えることができず、したがって、国を治める能力はない、と考え……

59950.貧困は貧乏人を追いかけ、富は金持ちを追いかける。


59951.攻撃的な言い方をされ、こちらが激怒するのは、相手の思う壺である。相手は不満のはけ口を求めており、こちらが感情的になってしまったら、相手にウサを晴らさせる機会を与えるようなものだ。

59952.うまい物も食わねば惜しい。少し食えば飽き足らぬ。存分食えばあとが不愉快だ。

59953.節約家は、お金を使うときには、こう自問します。「本当にこれが欲しいのか? 本当にこれが必要なのか? 買わないで済ませられないものか? これをどこかで五割引きで買えないだろうか?

59954.会話の中に入れるといいのが自分の「ダメ」。「ダメ」っていうのは、失敗や苦手や弱点のこと。(中略)「自分のダメ」って、会話を弾ませるの。

59955.恋の測りがたさにくらべれば、死の測りがたさなど、なにほどのことでもあるまいに。恋だけを、人は一途に想うてをればよいものを。

59956.私たちの憎悪は少しも敵を傷つけないばかりか、かえって私たち自身が、日夜、地獄の苦しみを味わうことになる。

59957.今日、わたしたちの社会がぶつかっている問題は、書かれていないものを必要とする考え方をなくしてしまったことに起因している、そのためにとまどっているように思われるのです。

59958.生きるということ、それはつねに誕生の意味を、問われ続けることである。

59959.小さな原因が、多大の悲しみを生むことがある。

59960.金や力を失うのを恐れて人を恐れぬのは、濡れる事を恐れて雨を恐れぬ盲人である。

59961.自力にて往生(おうじょう)せんとおもうは、闇夜にわがまなこのちからにて、ものをみんとおもわんがごとし。さらにかなうべからず。

59962.友情は全世界の富に勝れり。

59963.川は岸のために 流れているのではない 川のために岸が つくられているのである

59964.「不可能」とは、現状に甘んじるための言い訳にすぎない。

59965.従業員を信頼し、従業員の自由を認めることです。そして、さらに重要なことは、従業員のひとりひとりに、利己のために働くというような小さい考え方にとらわれずに、国家社会のために働く、消費者のために働くと……

59966.わたしは苦しいことはしない。

59967.人は失うことを恐れるが、人はいずれ全てを失うのです。

59968.「自分が理解されていない」と気づくのはいいが、「自分は理解されっこないんだ」と思い込むのは、独りよがりの証拠かもしれない。

59969.恐るべからざるを恐れ、恐るべきを恐れず。かかる人々は邪(よこしま)な見解をいだいて、悪いところ(=地獄)に行く。

59970.キャッチボールで「ナイスボール」と言うのは、相手を尊重する、相手を認めること。

59971.この世で成功するには、馬鹿のように見えてその実(じつ)利口でなければならない。(ver.0)

59972.希望はいつまでも人とともにあって、悪と不幸を克服する。

59973.してあげた ことしか覚えて ない不幸

59974.あなたは彼ら(自分の子どもに)のために努力はしても、彼らをあなたのようにすることを求めてはならない。なぜなら生(せい)は後戻りしないし、きのうにとどまりもしないのだから。

59975.誰にも好かれる人、というのは、あまり自分の趣味(=好み)に固執しないことが多いもののようだ。

59976.自分のいのちは いつでもどこでも いまここにしかない

59977.心を労するものあり。力を労するものありと。心を労するものは人を治め、力を労するものは人に治められる。人に治められるものは人を食い、人を治むるものは人に食わるるは、天下の通義なり。

59978.経験をそれ自体として演劇化せずに、知識のなかで現実に引用可能の解決へもってゆこうとすることは、とても政治的なような気がする。それはコミュニストの発想ではあっても、ならず者の発想じゃない。

59979.第三者のほめ言葉は、どんな時でも一番効き目があるのよ。忘れないでね。いつかきっと役に立つわ。

59980.父親のテントに安住するな。外の世界は前進している。それと一緒に前進せよ。

59981.蜜蜂は口に蜜を持っているが、尻には針を持っている。

59982.ほんとうの女らしさというものは、あたし、かえって、男をかばう強さに在ると思うの。

59983.誰でも、偶然なしでは生きている愉(たの)しみがない。そんなとき、無印の非力な馬の馬券を一枚買ってみる。その馬の「万に一つの逆転の可能性」は、そのまま自分の人生の「万に一つの逆転の可能性」に通底して……

59984.一見いかにも献身的で犠牲的に見える深情け型の女は、はたして、他をそんなに愛しているのだろうか。本当はそういう女の無意識下の世界にわけいってみれば、案外猛烈な自己愛だけが、とぐろをまいているのではな……

59985.幸福を体験するためには、何よりも、時間に支配されないこと、同時に恐怖や希望に支配されないことが必要だ。

59986.部下が企画を持ち込んできた時の対処法──1.提案されたらすぐに「すばらしい、やってみたら」と言う。2.しばらく経ってから「あの件はどうなっているの?」と聞いたり、メールを送る。3.このように、社……

59987.女は淋しいなどといわれるのは侮辱である。

59988.名誉を得たがる者、最も名誉に値せず。

59989.どんな自殺にもはっきりとした一つだけの理由などありはしない。

59990.人間は生まれ以上に育ちが大切である。

59991.愛する者の死と真向きになったとき、人は初めてその人への愛の深さに気づきます。「私の命と取り替えてください」と祈る時の、その純粋な愛の高まりこそ、この世で最も尊いものでしょう。

59992.他人に興味を持つことによって自分自身を忘れよう。

59993.野望を達成するためには男は手をよごさねばらならぬ、時にはおのれのどうにもならぬ優しさを殺さねばならぬ。

59994.精神のビタミン剤である文化とは何かというと、いい美術に接し、いい本を読み、いい音楽を聞いて、スポーツをしてということです。簡単なことです。

59995.人に対する知識の不足が最もはっきり現れているのは幼児の育て方や義務教育の面ではなかろうか。

59996.奮闘なしに得るものはない。

59997.ダチってのはな、最後まで裏切らねえ、最後まで見捨てねえから、ダチなんだ。

59998.汝(なんじ)自らの如く、汝の隣人を愛せよ。(ver.0)

59999.ゆさぶっても動かない相手なら、もう思いきって、見切りをつけ自分から別れることです。捨てられた女になるより捨ててやった女になるのです。捨ててしまえば、あなたはその男がいかに優柔不断で、自分勝手な、責……

60000.自尊心を失う十八の心得──17.世間の標準と比べて自分がどうであるかに関わりなく、自分の存在そのものがかけがえのないものであることに気づかない。