名言ナビ



[ 名言 ]
語彙というのは、心という財布に、自分が使える言葉をどれだけゆたかにもっているかということです。
その言葉によって、いま、ここに在ることが生き生きと感じられてくる。
そういう言葉を、どれだけもっているか。

[ 出典 ]
長田弘[おさだ・ひろし]
(詩人、1939〜2015)
『なつかしい時間』

ページ内メニュー

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
語彙
心の財布
豊か
言葉
今ここにある
生き生き
感じる
長田弘の名言

[ 全文・続き ]
〈全文〉
言葉むなしければ、人はむなしい。
__ Link __

語彙というのは、心という財布に、自分が使える言葉をどれだけゆたかにもっているかということです。
その言葉によって、いま、ここに在ることが生き生きと感じられてくる。
そういう言葉を、どれだけもっているか。
__ Link __

いまは、言葉のあり方というのが、それぞれの日常に、切実に問われているように思われます。
__ Link __


[ ランダム名言 ]
1.
人間は創造主がつくった傑作である。だが誰がそう言うのか。人間である。
(ガバル二)
2.
人々の社会環境に影響を及ぼし、平等にするものは知識だ。政治的立場の違いにかかわらず、すべての人々に共通の情熱と喜びを与えるのも知識だ。
(ディズレーリ)
3.
大学は職業のための訓練学校になりつつある。それは〈教養〉といったことにまったく無関心の金権主義者たちによって要請されているからである。
(ラッセル)
4.
私の夢は、死ぬ間際まで輝いた目をして生きていくこと。
(大場満郎)

5.
いかにも「生きてる!」って感じで生きる。楽しく生きてこそ人生なんです。
(斎藤一人)
6.
キリスト教は永遠のカメレオンである。それは絶えず変形する。
(ヴィニー)
7.
服の優美さは、身動きの自由さにある。
(シャネル)

8.
金は君に食物を持ってきてくれるが、食欲はもたらさない。
(イプセン)
9.
なにがしあわせかわからないです。ほんとうにどんなつらいことでも、それがただしいみちを進む中でのできごとなら、峠の上り下りもみんなほんとうの幸福に近づく一あしずつですから。
(宮沢賢治)
10.
理想と現実の間で迷う様ほど人間らしい姿は無い。そしてそれは、笑えるほど尊くて、泣けるほど滑稽なのだ。
(及川光博)