名言ナビ


名言ナビ名言格言辞典

キーワード
考える

関連メニュー(大分類)
→ 【 考える


1. 最初から個性を出そうなんて生意気なことは考えちゃだめですね。人まねもできないで、なにが個性だよと思いますよ。まねるって、技術がいりますよ。


2. 世論と共に考えるような人は、自分で目隠しをし、自分で耳に栓をしているのである。


3. 多く考える人は党員には向かない。というのは党派などを突き抜けて考えてしまうからである。


4. 世の中で成功者と言われる人の多くは、考(こう)、行(こう)、念(ねん)を徹底的にやり抜いた人だ。考えること、行動すること、念じること。


5. 他人は自分より偉いのだと考えるほうが、結局得だ。


6. 私は何か問題を考えたい時、心の引き出しを一つ開ける。問題が解決するとその引き出しを閉め、また次には別のを開ける。眠りたい時には全部の引き出しを閉める。


7. 「それを買うお金は無い」と言う代わりに「どうやったらそれを買えるようになるか?」を考える 


8. 人間は考えることが少なければ少ないほど、よけいに喋る。


9. はたして人は、不徳なくして徳を、憎しみなくして愛を、醜なくして美を、考えることができるだろうか。実に悪と悩みのおかげで、地球は住むに耐え、人生は生きるに値するのである。


10. 今この瞬間にあなたが無上の喜びを感じていないとしたら、理由は一つしかない。自分が持っていないもののことを考えているからだ。喜びを感じられるものは、全てあなたの手の中にあるというのに。



11. 考えるよりも即行動しなさい。行動なくしては何事も起こらない。


12. 法律においては、他人の権利を侵害する時には罰せられる。道徳においては、侵害しようと考えるだけで罪である。


13. お客さんが何を望んでいるか、何をしてほしいのか、受け取る側になって考えてみる。自分がいちばん厳しいお客さんだと思って、自分の感覚を信じて動いてみる。


14. 恋というのは一つの芝居なんだから、筋を考えなきゃ駄目だよ。


15. 我(われ)思う。ゆえに我あり。


16. 一方は「これで十分だ」と考えるが、もう一方は「まだ足りないかもしれない」と考える。そうしたいわば紙一枚の差が、大きな成果の違いを生む。


17. 悲しむことはない。いまの状態で何ができるかを考えて、ベストを尽くすことだ。


18. おれは落胆するよりも、次の策を考えるほうの人間だ。


19. 長すぎる詩は短い詩の書けない連中の考えたものだ。長すぎる詩は全て一編の詩ではない。


20. 神の有無は、二十年考えても二千年考えても、信ずることはできても説明することはできない。



21. 人生はテスト。ただのテストにすぎない。「問題」視するかわりにテストだと考えてみる。やっきになって解決しようとせず、そこからなにか学べるかどうか考えよう。


22. 読書は他人にものを考えてもらうことである。本を読む我々は、他人の考えた過程を反復的にたどるに過ぎない。


23. 子供にどこか直したい点があるなら、まずよく考え、それが自分についても直したほうがよい点ではないか、ということを見極めるべきである。


24. 迷ったらダメなんだな。人生の答えなんて、考えたって分かるものじゃない。ただ、そのときそのときを、ぎりぎり一杯生きている奴だけに、その答えは見えてくるんじゃないだろうか。


25. もし神が女性に男性を支配させたいと考えていたなら、神はアダムの頭から女性を創ったであろう。また、もし神が女性を男性の奴隷にしようと考えていたなら、アダムの足から女性を作ったであろう。だが、神はアダム…


26. いくら考えても、どうにもならぬときは、四つ辻へ立って、杖の倒れたほうへ歩む。


27. 人格を木とするならば、評判は木の影のようなものである。影は我々が木をどう思うかであるが、木こそが本物である。


28. あなた自身を好きになる。これはたいへん重要です。この世は自身をどう考えるかの反映といえます。あなたが他人の中に何を見るか、それはあなたがあなた自身の中に何を見るかによって決まります。


29. 人に接する時は、暖かい春の心。仕事をする時は、燃える夏の心。考える時は、澄んだ秋の心。自分に向かう時は、厳しい冬の心。


30. 教育とは、学校で習ったすべてのことを忘れてしまった後に、自分の中に残るものをいう。



31. 相手が言っていることの中身よりも、それが善意に基づいているのか悪意なのかだけを考える。


32. 女は決して自分の自然な姿を見せない。なぜならば女は、自然から生みつけられたままでもきっと人から好かれるものだ、といういうふうに考えることのできる男ほどのうぬぼれがないからである。


33. 拒絶に慣れていない子供は、欲しいものが手に入らないということより拒絶されたことを一層辛く考えることになる 


34. 死のことは考えるに及ばない。死は我々が手を貸さなくても我々のことを考えてくれているのだから。


35. 考えても仕方がないことは考えない。考えなくてはならないことは、徹底的に考える。


36. 男は、相手に苦しみを与えたと思って涙を流すが、女は、相手を十分に苦しめなかったと考えて涙を流す。


37. 自由でないのに自由であると考えている人間ほど、奴隷になっている。


38. いかに多くの人々が汝より前進しているかを見るよりも、いかに多くの人々が汝より遅れているかを考えよ。


39. しかし、なぞなぞ出されると悲しいかな考えてしまうのである。で、当たるのならまだしも、なぞなぞの誤答ほど恥ずかしいモノはない。ちゃんと自分なりの解答理由があればあるほど恥ずかしい。


40. 幸いある日には楽しめ。禍(わざわい)ある日には考えよ。神はこの二つを相交えて下し給う。



41. 長所も短所も天与の個性、持ち味の一面。うぬぼれず嘆かず大らかにそれらを活かす道を考えたい。


42. われわれは自分の言葉を統御していると考えているが、しかし、われわれが言葉によって支配され統御されているのである。


43. 若い頃のある時期には、全く後から考えると汗顔のほかは無い、未熟な精神的擬態をとることがあるものだ。


44. 「世界とは何か」と考えたとき、人間は自分の知り得る範囲内でしか世界を規定できません。


45. 成功したらどうしようとは考えていますが、失敗することは全然考えないです。自信がない時は絶対にいい結果は出ませんね、僕は自己暗示ではないですが、たいていは勝てるつもりで乗っています。


46. 可能な手段だけでなく、また安易な手段や誰もが考えつく手段だけでなく、困難な手段、不可能と思われるような手段まで考えておくことだ。


47. 魚は餌だけを見て釣り針に気がつかない。人間は儲けだけを考えて危険に気がつかない。


48. 30分ぐらいでは何もできないと考えているより、世の中の一番つまらぬことでもする方がまさっている。


49. どうせ考えるなら、大きなことを考えろ。


50. 私は月をながめ お前のことを考える 私はお前に逢いたい 



51. できると信じても、できないと信じても、どちらも正しい(その通りになる)。


52. 今あるものに継ぎ足すな。今あるものをゼロにしてどうするかを考えよ。


53. 存在するものだけを見て「なぜそうなのか」と考える人もいるが、私は存在しないものを夢見て「なぜそうでないのか」と考える。


54. 仕事の適性とは、「(自分がやったら)人にどのくらい喜んでもらえるか」で、考えるべきだ。


55. 他人を責める前に、許す余地がないかどうか考えるべきだ。


56. 「結婚を考えたことはないのか」 「あるさ。でも考えるのとするのは違う」


57. ふしぎだと思うこと。これが科学の芽です。よく観察してたしかめ、そしてよく考えること。これが科学の茎です。そして最後になぞが解ける。これが科学の花です。


58. 海のほか何も見えないときに、陸地がないと考えるのは、けっしてすぐれた探検家ではない。


59. 我々は生まれると競技場に入り、死ぬとそこを去る。その競技用の車をいっそううまく操るすべを学んだとて何になろう。いまとなっては、ただどんなふうに退場したらよいかを考えればよいのだ。


60. 食餌療法や運動によって老けないでいる、ということはできません。あなたの精神、すなわちあなたが考える年齢こそがあなたの真の年齢なのです。



61. 平時にあっては人を殺すのを罰し、戦時にあってはこれを命じる、といったような間違った道徳律のあり得ぬことを考えたら、動員を拒絶すべきなんだ! 戦争を拒絶するんだ!


62. 本を読め、人の話を聞け、話し合え、ものごとを観察せよ、そして考えよ。


63. 人間の値打ちというのはどこにあるのでしょうか。それは、ほかに似た人がいないということです。何をしたから値打ちがあるとか、何かをしないから値打ちがないとかいうことではありません。たったひとりの自分だか…


64. 学んで思わざれば則ち罔し、思うて学ばざれば則ち殆し。


65. 打たれて傷ついた身が、健康人と同じことができるはずがない。傷ついた男には、傷ついた身にふさわしい生き方、生きて行く工夫がある。健康人をまねて、むやみにあがき嘆くのではなく、頭を切りかえ、いまの身でで…


66. それは失われるかもしれないのだ、と考えてみれば、どんなものでも愛することができる。


67. あなたが妻について考えた(良くない)ことに、良心の呵責を決して感じるな。彼女のほうがあなたについて、ずっと良くないことを考えている。


68. 何としても二階に上がりたい、どうしても二階に上がろう。この熱意がハシゴを思いつかせ、階段を作りあげる。上がっても上がらなくてもと考えている人の頭からは、ハシゴは生まれない。


69. どんな男も、結婚すべきでないと、つねづね考えている。


70. 恐怖感を持つ人間は、良いことよりも悪いことを信じやすく、悪いことは誇大に考えやすい。



71. 金で信用を作ろうと思うな。信用で金を作ろうと考えよ。


72. 友達から金を借りる時は、金と友達のどちらが必要かを考えよ 


73. 人生の行路をかなり遠くまでたどってくると、以前は偶然の道連れに過ぎぬと考えていた多くの人が、ふと気がつくと、実は誠実な友だったことがわかる。


74. 最期(さいご)の勝ちを得るにはどうしたらいいかを考えよ。


75. 思考する者もいれば、行動する者もいると言うが、真の人間の条件とは、手で考えることだ。


76. 人の視点に立って考えるまでは、本当に自分の立場から一歩動いたことにはならない。


77. 本当はみんな知っているはず。わがままを通す方が、我慢するよりずっと難しいということを。だから、みんな我慢のほうを選ぶ。そうして、「我慢と引き換えに手に入れられるもの」のことばかり考える。


78. 自分の望みをかなえたかったら、朝、それを祈れ。寝る前に考えることは愚の骨頂だ。朝起きてまず祈る。忘れると思ったら、書いて天井に貼っておけ。目が覚めたら、瞬間的にそれを見ることが大事だ。顔を洗いに行っ…


79. 人は思っているほど、幸福でもないし、不幸でもない。


80. 考えれば考えるほど、多くの時間が手に入る。



81. みんなが決まったように同じことを言うときは、何かおかしいものだ。そういうときは、かならず「何か」がある。それをよく考えて欲しい。


82. 失敗しないことをいつも最優先に考えて行動していくと、無意識のうちに徐々に失敗していくともいえる。


83. それをやりにおれが生まれてきた。そのことだけを考えればよい。


84. 人間、どこかで「何とかなるサ」って開き直ることがないとね。リスクなんて考えてたら、結局は何もできませんよ。


85. 逆に考えるんじゃ。ここから逆転できたら格好いい。そう考えられれば、お前さんは揺るがん。


86. 夢のことばかり考えているのは、影をつかまえ、風に追いつこうとするようなものだ。


87. 我々はそのとき大きなことを考えない理由を、あらゆる方法で考えなければならない。


88. いかんものは、いくら考えてもよくならん。


89. 何とかなると思ってると、何とかなってくる。世の中、何とかなるだろうと考えるのが一番強い。


90. 一つも馬鹿なことをしないで生きている人間は、彼が自分で考えているほど賢明ではない。



91. 分かっているでしょうが、手紙を書くのは相手に書くので自分に書くのじゃありません。だから自分の考えていることを言うよりは、なるべく相手を喜ばせることを書くようになさい。


92. 親孝行って何?って考える。でもそれを考えようとすることがもう親孝行なのかもしれない。


93. 人生は美しい! 生きることは素晴らしい! 君はいつも病気のことばかり考えて、暗く、うつむいている。それじゃあ、いけない。人間には「死ぬ」ことと同じくらい、避けられないことがあるんだ。それは「生きる」…


94. 僕が死を考えるのは、死ぬためじゃない。生きるためなんだ。


95. (私は)アイデアを生み出すときに一切のメモを使わず、脳だけで考えている。


96. 人は、運について考えるのが大好きです。そういえば、ぼくも運のことを考えるのが好きです。しかし、よくよく考えたからといって、運がよくなるというものでもないようです。


97. 同世代の人たちや過去の世代の人たちに勝とうなどと考えることはない。自分自身に勝つことを考えるべきだ。


98. 企業の中枢は、壮大な夢をたくさん持つべきです。自分自身でも理屈がつけられないような、コンピュータからもけっして出てこないような不可能に見える夢や構想を持つ人間でなければなりません。どうにかしてこれを…


99. 自分にとって大切なことは、他人が自分のことをどう考えているかということではなく、自分が彼らのことをどう考えているかということだ。


100. 朝には考え、昼には行動し、夕方には食事をし、晩には就寝せよ。




全部で、358件