名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
戦争になるや、言葉は意味を失います。
いったん戦争が始まれば、そこにはもう、倒すべき「敵」しか存在しません。


[ 出典 ]
長田弘[おさだ・ひろし]
(詩人、1939〜2015)
『すべてきみに宛てた手紙』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈抜粋文全文〉
戦争の言葉は、三つあります。
戦争前と、戦争の間と、戦争後の言葉です。


戦争前の言葉は自己本位を正当化し、意味づけと栄光を求めます。
__ Link __

しかし戦争になるや、言葉は意味を失います。
いったん戦争が始まれば、そこにはもう、倒すべき「敵」しか存在しません。
__ Link __

攻撃は今は、コンピューターの中の「敵」という目標を攻撃することです。
けれども、「敵」をやっつけるのが戦争ですが、壊れるのは自然であり、失われるのは生活であり、死ぬのは人間です。
__ Link __

言葉は、人間とわかちがたく結びついている。
戦争は人間の言葉を、人間のいない言葉にします。



__ Link __
戦争の言葉で信じられるのは、無言の言葉だけです。
__ Link __

戦争後の言葉は、どうか。
戦争に勝った側にのこるのは、戦争の理念です。
戦争の理念というのは、「戦争は解決である」と信じること。
戦争に敗れた側は、戦争の理念を失います。
戦争の理念を失うというのは、「戦争は解決ではない」と思い知ることです。
__ Link __

二十世紀後半の世界に生じたのは、宣戦布告もなく、終戦すらない、いつ始まって終わったかも不明な「紛争」です。
__ Link __

「敵」しかいない「紛争」には、戦前・戦中・戦後の別がありません。
言葉を無意味にする戦闘だけが、全部です。
国境を武力で閉ざし、異なる文化、異なる国々に心を閉ざすのが戦争ですが、__ Link __
昭和の戦争に敗れた日本が手にしてきたのは、「戦争は解決ではない」と思い知った、戦争後の言葉です。


言葉の本質をなすものは、経験をくみあげて、新しい概念をつくりだす力。
__ Link __

今の日本でかつてなく弱まっているものは、経済の競争力のみならず、人間を生き生きとさせる、言葉のもつ普遍的な力です。
__ Link __


[ ランダム名言 ]
1.
その小説の描写が、怪(け)しからぬくらいに直截(ちょくせつ)である場合、人は感服(かんぷく)と共に、一種不快な疑惑を抱くものであります。
(太宰治)
2.
そもそも社会的責任のためとして不経済なことをするのは、責任ある行動ではなかった。たんに情緒的な行動だった。損害を被るだけのことだった。
(ドラッカー)
3.
夫婦喧嘩で本当のストレス解消はできない、むしろストレスはたまっていく。
(佐藤富雄)
4.
(すぐ)カッカする人は、心がどこか不安です。
(加藤諦三)

5.
常に何かを聞き、常に何かを考え、常に何かを学ぶ。これが人生の真の生き方である。何事も切望せず、何事も学ばない者は、生きる資格がない。
(A・ヘルプス)
6.
子どもを持つのはすばらしい。それに異を唱える人はいない。しかし、子どもを持たない人生がすばらしいものである可能性も、また大いにあるはずだ。
(香山リカ)
7.
重要なのは、知っているということではなく、知っていることで何をやるかということなのだ。
(ロバート・オルソン)

8.
功ばかりでなく誠実さが人格を保ってくれるのです。
(ゲーテ)
9.
祖国を愛するのは偉大な国だからではなく自分の国だからだ。
(作者不詳)
10.
人と何かを分け合うほど楽しいことはない。気前のよさほど称賛に値する性格もないだろう。
(ヘーゼルデン財団)