名言ナビ



[ 名言 ]
戦争の言葉で信じられるのは、無言の言葉だけです。

[ 出典 ]
長田弘[おさだ・ひろし]
(詩人、1939〜2015)
『すべてきみに宛てた手紙』

ページ内メニュー

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈抜粋文全文〉
戦争の言葉は、三つあります。
戦争前と、戦争の間と、戦争後の言葉です。


戦争前の言葉は自己本位を正当化し、意味づけと栄光を求めます。
__ Link __

しかし戦争になるや、言葉は意味を失います。
いったん戦争が始まれば、そこにはもう、倒すべき「敵」しか存在しません。
__ Link __

攻撃は今は、コンピューターの中の「敵」という目標を攻撃することです。
けれども、「敵」をやっつけるのが戦争ですが、壊れるのは自然であり、失われるのは生活であり、死ぬのは人間です。
__ Link __

言葉は、人間とわかちがたく結びついている。
戦争は人間の言葉を、人間のいない言葉にします。



__ Link __
戦争の言葉で信じられるのは、無言の言葉だけです。
__ Link __

戦争後の言葉は、どうか。
戦争に勝った側にのこるのは、戦争の理念です。
戦争の理念というのは、「戦争は解決である」と信じること。
戦争に敗れた側は、戦争の理念を失います。
戦争の理念を失うというのは、「戦争は解決ではない」と思い知ることです。
__ Link __

二十世紀後半の世界に生じたのは、宣戦布告もなく、終戦すらない、いつ始まって終わったかも不明な「紛争」です。
__ Link __

「敵」しかいない「紛争」には、戦前・戦中・戦後の別がありません。
言葉を無意味にする戦闘だけが、全部です。
国境を武力で閉ざし、異なる文化、異なる国々に心を閉ざすのが戦争ですが、__ Link __
昭和の戦争に敗れた日本が手にしてきたのは、「戦争は解決ではない」と思い知った、戦争後の言葉です。


言葉の本質をなすものは、経験をくみあげて、新しい概念をつくりだす力。
__ Link __

今の日本でかつてなく弱まっているものは、経済の競争力のみならず、人間を生き生きとさせる、言葉のもつ普遍的な力です。
__ Link __


[ ランダム名言 ]
1.
要は他人のアラや欠点を詮索することを止めて、自分のアラや欠点の方を詮索することである。
(中村天風)
2.
どうすれば物事に熱中できるだろうか。まず自分の手がけている事柄のどんな所が好きか自分に言い聞かせて、嫌いな部分は捨てて、さっさと好きな部分へ移ることだ、それから夢中になって行動する。誰かに自分の好……
(デール・カーネギー)
3.
多くの人々は富を獲得するや、もろもろの悪からのがるることをせず、より大なるもろもろの悪へ転向する。
(エピクロス)
4.
あなたは自分が何を言っているか、何をしているか、更には自分が誰であるかすら分っていない。
(エウリピデス)

5.
酒は天の美禄(びろく)なり。少し飲めば陽気を助け、血気をやわらげ、食気(くいけ)をめぐらし、愁(うれい)を去り、興を発して甚(はなは)だ人に益あり。
(貝原益軒)
6.
我々も宗教を欲するが、それは、もっとも神にふさわしく、最も我々のために作られた宗教である。一言にしていえば、我々は神と人間に仕えたいのである。
(ヴォルテール)
7.
真に罪を懺悔する心は徳に生きる心ですね。
(宮城)

8.
私は、どうせ、(先生から)駄目な男と思われているのだから、先生に対して少しも気取る必要は無い。かえって私は、勝手気ままに振舞えるのである。
(太宰治)
9.
困難とは、人がそれを越えて発展しつつ、ある仕方でそれにすっかり身をまかせようとすれば、直ちに人を強めてくれるものなのだ。
(アラン)
10.
魂の探求の無い生活は、人間にとって生きがいの無いものである。
(ソクラテス)