名言ナビ


名言ナビ名言格言辞典

キーワード
動物

関連メニュー(大分類)
→ 【 動物

1. 動物ほど気持ちのよい友達はいない。彼らは質問もしなければ批判もしない。


2. もし魂の意味が、愛や誠実さ、そして感謝を感じることを指すのなら、そこらの人間より動物のほうがずっとましだ。


3. 動物は決して天国や地獄について思い悩んだりはしない。私もそうだ。だから仲良くやっていけるのかもしれない。


4. 正しい人生を歩みたいと心から願うなら、まずは動物を傷つけるのをやめるべきだ。


5. 最善の友は必ず四つ足以上である。


6. 人間は、笑う力を授けられた唯一の動物である。


7. 人は表現する動物だ。その表現方法のひとつとして、仕事がある。だから何より大事なのは、「その仕事を通じて何をしたいのか」ということ。


8. 男は猟師であり、女は獲物。つやつやと光った、狩られる動物である。


9. 思いやりは誠実や人間関係の基本である。人間だけでなく、動物、魚、鳥、木、全ての生き物への愛があるということである。


10. 亀の肉がさまざまな肉の味わいを持っているのと同じく、結婚もまたいろいろと変わった味を持っている。そして、亀が歩みののろい動物であるのと同じく、結婚もまた足取りののろいものである。



11. 人間は笑い、かつ(また)泣く唯一の動物である。なぜなら人間は、あるがままの事実と、あるべきはずの事実との相違に心を打たれる唯一の動物であるからだ。


12. 肉欲を知らぬ動物はいないが、これを純化するのは人間だけである。


13. 男は「過去動物」、女は「未来動物」


14. 人間とは取引をする動物なり。犬は骨を交換せず。


15. 人間は、顔を赤らめる唯一の動物である。また、そうする必要がある唯一の動物である。


16. 人間は無用な知識が増えることで快感を感じることができる唯一の動物である。


17. 全体性における人間は天使でもなければ動物でもなく、天使であると同時に動物である。かくして人間とは矛盾の存在である。


18. 人間は他人の経験を利用するという特殊な能力を持った動物である。


19. 笑いとは、地球上で一番苦しんでいる動物が発明したものである。


20. 動物は子孫をもうけ得る時期にだけしか交わりません。しかるに我々人間は、この忌まわしい万物の霊長はですね、快楽が得られさせすればかまわんというわけで、時と場所をわきまえません。



21. 動物がいち早く公害を感じ、そのあとで人間が気付いた。


22. 蜜蜂が他の動物より尊敬されるのは、勤勉であるからではない。他の者のために働くからである。


23. 人生の目的は悟ることではありません。生きるんです。人間は動物ですから。


24. 人間が善悪の別を知っているという事実は、人間が他の動物より知的に優れていることの証拠だ。しかし人間が悪事を働くことができるという事実は、それができない他の動物よりも道徳的に劣っていることの証拠だ。


25. 真実の文字は、「人間はこんなに不完全だ」からくる闘争を明らかにする。われわれ人間は、悪事のできない天使でもないし、高価な大望を抱くことのできない動物でもない。人間の闘争は続く。


26. 天地のあらゆる動物において、犬から人間の女に至るまで、母親の心は常に崇高なものである。


27. 動物園──動物が人間の習性を観察するために作られた施設。


28. 神は動物をつくる。人間は自分自身をつくる。


29. 人間はある特殊なことで他の動物と異なっている。動物は本能を持っていて、人間は納税の義務を持っている。


30. 人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。



31. 人間以外のあらゆる動物は、生きていく中で最も重要なのは生を楽しむことだと知っている。


32. 生きることは、バランスを求めることであり、美しくなろうとすることだ。人間だけでなく、花でも動物でも。


33. 人間が他の動物よりも賢くて強くて繊細で高級だというのは、単に人間自身の尺度でもって他の生物たちを価値評価した結果でしかない。


34. 人間は、自分でルールをつくって自分でたのしんでいる動物である。


35. 人間はカメレオンだ。その天性、法則によって、終始行く場所の色をおびる。


36. 人間は、時を結びつける能力のある動物である。


37. 媚びんな、気持ち悪い、懐いてくんな、動物かてめーら!


38. 人間は自殺することのできる動物である。


39. 動物の中で、猫はシルクハットにフロックコートを身にまとい、自分のペースで仕事を片付ける政治家だ。犬は、リーダーの後について、従順にこつこつと働く小作農だ。


40. 人間は所詮百八の煩悩を持っている凡夫なのだから、まず、他の動物たちのように、総てを捨て去って自然のままの姿になりなさい。



41. 人間は道具を使う動物である。道具なしでは無であり、道具があると全てである。


42. あらゆる動物において最も激しい欲望は、肉欲と飢餓である。


43. 人間は賭け事をする動物である。


44. 子供はすべての動物の中で最も取り扱いが難しい。なぜなら、子供はまだ鍛錬されていない思慮の泉を最も多く持つがゆえに、動物の中で最もずるく、すばしこく、高慢であるからである。


45. 実生活を離れて思想はない。しかし、実生活に犠牲を要求しないような思想は、動物の頭に宿っているだけである。


46. 連れ合いを罵(ののし)る動物は人間だけである。


47. 動物は、一度ある方法で成功すると、その方法にいつまでも固執する傾向がある。


48. 女はその手袋を変えるように、容易に心を変える可愛らしい動物である 


49. 人間は狂う動物なんです。集団が戦争していれば個人はまともですが、集団がまともになると個人が狂うんです。


50. おばあさんのいる動物はヒトのほかには、ゴンドウクジラだけだそうです。



51. 女とは、毛皮はないけれども、その皮が非常に珍重される動物だと言いたい。


52. 人間というものは、心構えを変えることによって人生そのものを変えることができる動物です。


53. 人間は道具を作る動物である。


54. 人間はあらゆる点で自らの生存の理由を求める動物です。何のために生きているのかなどということは、もしそれがわかったとしても、現実の生活にたいした効用をもたらさないにも関わらず、人間はそういう問題を考え…


55. 動物になるべき時には、ちゃんと動物になれない人間は不潔であります。


56. 単独行動の動物である猫は、一つの目的を持ち、単身で自分の意のままに行動するが、犬は主人同様、頭の中が混乱している。


57. 打算や策略のないピュアな心を持った動物たちは、しばしば人の気持ちを和ませ、明るくしてくれます。


58. 個体と個体の結びつき、個体間の友情が見られるのは、種内攻撃の高度に発達した動物の場合だけであり、それどころか、このような結びつきは、攻撃的な種類の動物ほど堅いのである。


59. どんな動物も、あなたよりずっと多くを知っている。


60. 男性は女性に肯定してもらったりほめてもらえないと、とっても不安になる動物なのです。



61. 多くの(精神的)訓練を欠いている人は、動物的に敏感です。動物があなたの真意を感じ取るように、そういう人たちは、あなたの真意を鋭く読み取ります。


62. 寓話作家が描くように動物がしゃべれるとしたら、犬は、ぶっきらぼうで、遠慮なくものを言う正直者だろうが、猫は、余計な言葉は一言たりとも口にしない、という希有な才能を持っていることだろう。


63. 人が他の動物と違う点は、仲間から信用されたがっている動物であるということです。


64. 記憶力だけなら動物だって持ってます。記憶力があってもぼけます。


65. 外界を認識する方法は二つある。一つは、五感を通しての最も粗野で、しかも不可避の方法である。この方法から得られるのはカオス(混沌)である。もう一つは、自らに対する愛を通して自らを認識し、更に他に対する…


66. 人間は老化する動物だ。だから、絶えず過去の出来事や覚えた知識を反復、反芻することが大切。それがイメージを膨らませ、年老いてもクリエーティブな仕事をする源。


67. 死者のこと、弔いますよね。そんなことする動物は人間だけだそうですよ。だったらきちんと弔わなきゃね。


68. 人は動物を愛するようになるまで、心の一部は目覚めぬままである。


69. われわれ人間は集団を好む動物であるとともに、自分の同族に認められること、それも好意をもって認められることの好きな動物である。もし自分の属する社会集団の誰からも完全にそっぽを向かれるとすれば、こんな残…


70. 犬は、己の神を見たことがある唯一の動物である。



71. 「子育ては動物でもするが、親(の面倒)を看るのは人間だけ」と言われます。つまりケアにこそ人間の本質があるのです。動物は自立できないと死ぬだけ。でも人間の社会は老人を支えるしくみがあります。老いをどう…


72. 動物は、天敵に会ったときに瞬間的に怖いと思うからこそ、生きのびることができる。


73. 家族を愛するということは本能なんだ。人間は家族を愛せずにいられない動物なんだよ。だから、その家族を愛せない、そして愛されないということは苦痛なんだ。


74. 人間は理性の動物ではない。感情に動かされやすい、偏見に満ちた、自負心に動かされて行動する動物である。人を相手にする時は、常にこの心がけを忘れないことだ。


75. 人間は、人が見ているとちゃんとするけど、見ていないとズルをする動物です。


76. 人は動物だが、単なる動物ではなく、渋柿の台木に甘柿の芽をついだようなもの、つまり動物性の台木に人間性の芽をつぎ木したものといえる。それを、芽なら何でもよい、早く育ちさえすればよいと思って育てているの…


77. 女性──普通「男」の近くに住む、順応性の少ない動物。


78. 人間──自分で考えている自分の姿に有頂天に見入っていて、明白な自分のあるべき姿を見落としてしまう動物。


79. 人間は「地球全体のことを思うこと」ができる唯一の生きものです。他の動物、植物にはそれはできません。だからこそ、人間が価値ある存在として、世のため人のために一生懸命努力するという使命を果たすことが大切…


80. 植物としての人間は、緑が多いほうがいい。動物としての人間は、行動しやすくできている社会のほうがいい。人間としての人間は、より良い社会を考える能力がある。環境問題はこの3つを総合して考えなくてはいけな…



81. 植物・動物・人間、これら3つにとって、バランスの良い環境は何か、を考察すること。これがエコロジカルな問題の根本的な課題だ。


82. 人間のすることで、他の動物にできないことが2つあります。それは笑うことと祈ることです。


83. 人間として生まれると、他の動物にはない誇りが心に生じるのだと思います。


84. 動物、植物、異星人を含め、星は我々共通の祖先です。


85. 動物たちは一匹だって所有欲で狂っていない。


86. 人間は、他者を不快にさせることにかけては、天才的な動物である。


87. 人間は安物買いをする動物である。他の動物はそんなことはしない。


88. 人間は、他者に強制することをとりわけ好む動物だ。他者に強制することによって、自分が偉くなったような気がするからである。一度この味をしめた者は、強制できる既得権をなかなか手放したがらない。強制する権利…


89. 擬人化という言葉があるが、あれは全く逆で、われわれ人間に残っている動物的な面を動物が見せてくれているのである。


90. 宗教は、人間が人間である限り有るものである。宗教は動物にはない。



91. 人間は他の動物なみに概して、安心せしめられるよりも、おどかされやすい動物である。特に群集心理が手伝った場合には、常軌を逸(いっ)して、狂態をすら演ずる。


全部で、91件