名言ナビ


名言ナビ名言格言辞典

キーワード
心配

関連メニュー(大分類)
→ 【 心配

1. 救済手段もなくなってしまったものは、もう私にとってなすべき心配のなくなったものだ。


2. もしあなたが約束の時間より早く着いたら、あなたは心配性である。もし遅れて来たら挑発家、時間どおりに来れば強迫観念の持ち主。もし来なかったら、知恵遅れという事になる。


3. あいつは頭がいい。しかし、頭を使いすぎる。それが心配だ。


4. もし危険を冒したり心配したりするのが嫌だというならば、若いときに始めることだ。


5. 願うことの持つパワーを信じましょう。叶うかどうかを心配する時間も、願うことに使えるのです。


6. 船荷のない船は不安定でまっすぐ進まない。一定量の心配や苦痛、苦労は、いつも、だれにも必要である。


7. 大変恐ろしい法則があります。それは、いつも悪いことが起こるのではないかとクヨクヨ心配していると、本当に心配していた通りのことが起きるということです。


8. 何百万という人類の滅亡よりも、自分の小指のけちな痛みのほうが心配なものだ。


9. どうかしましたか。誰かにそう言われる時は、必ずどうかしている。


10. 悩んでも悩まない、そういうように感じることができれば、人生は決して心配することはない。



11. 運のはなはだ悪い人は安心するがいい。なぜなら、なおいっそうの悪運に陥る心配はないから。


12. 年老いたらどうしようとか、先のことを心配して考えるよりも、今を生きることが大切なんだよ。


13. 新しいことは、やってみないと何も始まらない。やってみて、ダメだったらどうしようではなく、まずやってみる。


14. (自分の好きなことをするのに)不安はあるかもしれない。でも、不安というのは消えないんです。好きなことをすれば、楽しさと同時に世間の風当たりと将来の経済が心配になります。


15. 健康な人には病気になる心配があるが、病人には回復するという楽しみがある。


16. 自分の力でどうにもならないことは、心配しても意味がない。


17. 心配しているとき、貴方は何をしていると思いますか。そうなっては困ることに一生懸命になっているのです。


18. 潜在意識にはあなたが考えたことをすべて無差別に実現してしまう働きがあるので、過度の恐怖や不安や心配といった感情は、極力取り去る必要があります。


19. 心配またよし。心配や憂いは新しくものを考え出す一つの転機。正々堂々とこれに取り組み知恵をしぼれば、必ず思いもかけぬ新しいものが生み出されてくる。新たな道が開けてくる。


20. 金は大事だ。大事なものが殖えれば寝る間も心配だろう。



21. 人にどう思われているかとあなたが心配するほど、向こうはあなたを気にしていない。


22. 人生はせいぜいのところ、強情な子供みたいなものだ。寝ついてしまうまでは静かにさせておくために遊ばせたり、少し機嫌を取ったりしなければならないが、眠り込めば心配はおしまいである。


23. 心配するにしても希望を持つにしても、ほどほどにしたほうがいいでしょう。


24. 「ツッコミ」の眼。一つ、「ボケ」の小さなしくじりを見逃さない眼。二つ、「ボケ」の「安心」を、「心配と不安」にさせる眼。三つ、「ボケ」ができない時には、いつでも自分でやる体勢におく眼。四つ、「ボケ」の…


25. 心配ならば私達は行動を起こすべきであって、憂鬱になるべきではない。


26. 人の命なんて、心配してもしなくても、終わる時には無情に終わるものだ。


27. 私は悲観的な見方はしない主義だ。物事が思い通りに行かなくても、前に進もう。雨が降るのではないかと心配すると、本当に雨が降るものだ。


28. 成功した人を見ると、私は心配になる。彼の魂はどうなっているか。


29. 案ずるより産むが易し。


30. 心配は身の毒 



31. 船に乗っても、もう波が出やしないか、嵐になりゃしないか、それとも、この船が沈没しやしないかと、船のことばかり考えていたら、船旅の愉快さは何もなかろうじゃないか。人生もまたしかりだよ。


32. 心を己の生命が生きるための道具として使わないで、反対に心に使われているがための結果なんですよ、どんな心配でも。


33. 非秀才から秀才たちを見たときに感ずる心配がある。それは彼らや彼女達の人間洞察力の貧困さである。


34. 眠れなければ、床の中でくよくよしていないで、起き上がって何かをすればよい。疲れるのは心配するからだ。眠れないからではない。


35. 心配するのは、愛しているからです。


36. 失敗が心配なら成功に注意を向けなさい。病気が心配なら完全なる健康について考えなさい。破壊への恐怖があるなら建設の計画を立てなさい。これが置換の大法則です。


37. 優れた人間は、ともするとすべてを自分でやりたがる。細かなことでも心配で誰かに任せる気になれない。芸術家や職人の世界なら、それでもやっていけるが、組織でそれをやれば「ワンマン体制」が出来上がるだけだ。


38. 不安・心配というものは、現実に起きてもいないことのためにクヨクヨと考えているものです。それはあなたの生命力を消耗させるだけで、何の得もありません。


39. 絶えず恐怖や心配や怒りや憎悪や失敗のことばかり考えていると、あなたは意気消沈して不幸になります。


40. 心配とは、影でしかないものを消極的な思考態度で想像することです。



41. 恋愛というものは、こちらが惚れれば惚れるほど、喜びと同時に心配や不安といったものが起こってくる。


42. 身内の者のゆがんだ精神状態を、あなたが過度に心配する必要はありません。あなたに責任はないのです。愛と善意で放任しなさい。それが一番正しいやり方です。


43. 不安・心配が先に立ってしまうと、何事もうまくいきません。不安や心配があったら、それを徹底的に分析してごらんなさい。いかに根拠のないものであるかがきっとわかるはずです。


44. 回想していると、ある老人の話が思い出される。その老人は死の床でこう言ったのだ。生きている間には数々の心配ごとがあったが、その心配が当たったことはほとんどなかった。


45. 心配なことがある時は、しっかり食べて寝てしまう。起きても心配事は消えていないけれど、それについて少し考え方を変えることができる。


46. 危惧の念が心の扉を叩いたり、心配や不安や疑念が心をよぎったりしたら、自分のビジョンを、自分の目標を見つめなさい。あなたの潜在意識の中にある無限の力を思い出しなさい。


47. どうせ望みのものがすべて手に入らないのなら、心配と後悔で毎日を台なしにするのはよそう。


48. あなたが重要な決断を下さなければならないとき、そのことについて建設的に考え始める必要があります。心配したり、失敗の予感にとらわれているとき、真に決断について考えているとは言えないのです。


49. 死ぬことについて心配することはありませんよ。チャーンと死にますから安心しなさい。


50. 人間の元気を減らすのに、一番力のあるものは、内輪の世話や心配だ。外部の困難ならたいていな人が辛抱もするし、またこれがためにますます元気のでるということもあるが、親兄弟とか妻子とかいうような内部の世話…



51. 実際に不運に見舞われてみると、それまで心配で張りつめていた気持ちはすっかり和らぎ、幸福は相対的なものだということを悟る。今度自分の身の上について愚痴を言いたくなっても、思いとどまって、この程度の不幸…


52. 憎しみは、ほかのどんなものよりもエネルギーを消耗する。その消耗のひどさは、重労働よりも、病気よりも、ちゃんと理由があって心配する場合よりも、はるかにはなはだしい。だから憎しみの炎が自分の体の中へ入っ…


53. 宗教は信念・希望・勇気をもたらし、緊張・不安・恐怖・心配を解消させる。


54. 私は実業界に入って間もなく、心配することの馬鹿らしさを思い知らされた。だから私は、難問には常にできる限り手を尽くすように心がけているが、もし目算がはずれて、収拾がつかなくなったとしても、あっさり忘れ…


55. 心配したことは決して起こらず、予想しなかった困難や苦情が突然、ほとんど対処しがたい障害となって現れる。


56. 自分がどこへ向かってるのか見ることの出来るのが昼です。ベッドに横たわって心配することの出来るのが夜です。


57. 心配するのは時間のムダよ!


58. 不平ばかり言う兵士には心配する必要はない。まだ闘う気があるからだ。心配なのはふさぎ込んでいる兵士だ。


59. 憂事に直面しても、これを恐れてはならない。しりごみしてはならない。「心配またよし」である。心配や憂いは新しくものを考え出す一つの転機ではないか。


60. 心配や憂いから新しいものが生み出されてくるのである。新しい道がひらけてくるのである。まことに不思議なことだが、この不思議さがあればこそ、人の世の味わいは限りもなく深いといえよう。



61. 失敗するのではないかという心配が失敗を招きます。必ず成功すると思えば、幸運はあなたに微笑みます。


62. 危惧の念を抱いたり、心配している時は、実際に考えているのではない。真の思考は恐怖からは自由なものである。


63. 心配をするのではなく、よくなることを思いなさい。


64. おなか減っても、文化的なものが欲しいとか、この小説が読みたいとか、そういうことのほうが、明日食べるもんが心配だなぁっていうときでも、真っ先の欲求だってことは‥‥あると思う。


65. 考え方が変わると、体内の化学作用も変化するのです。笑ったり、愛したり、遊んだりしていると、心配したり、絶望したり、恐れたりしているときにくらべて身体は変化するのです。


66. (息子に)あんなにやかましく、こまごま言ってやるのは、わしの、深く考えた上での計略なんだ。あの子だって、うるさいとは思っていながら、自分に何かとやかましく言ってくれる者が在るという思いは、また、あれ…


67. 自分が心配したり恐れたりしているときには「これはオレの本当の姿ではない。また悪魔が来やがっていたずらをしているな」と気づいてその気持ちを打ち切ればいい。悪魔はそのまま消滅する。


68. おかしな奴が世の中にいるもので、他人が憂鬱になったり、悲観したり心配していると、同情の垣根を飛び越しちゃって、相手をよけい心配させたり悲観させたりしている奴がある。


69. エロスを伴った愛(=渇愛)は一見幸せそうに見えて決してそうではない。人間は恋する相手ができたとたん、相手を独占したいという願望にとりつかれて、相手に執着を覚え、相手が逃げはしないか、誰か自分以外のラ…


70. 疲労の原因は、労働のせいというよりも、心配とやるせない不満と後悔にあることが多い。



71. 貪欲(どんよく)は常に不安と心配を伴う。


全部で、71件