名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
心を己の生命が生きるための道具として使わないで、反対に心に使われているがための結果なんですよ、どんな心配でも。


[ 出典 ]
中村天風[なかむら・てんぷう]
(明治〜昭和の思想家、日本初のヨーガ行者、1876〜1968)

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
しっかり考えなさいよ。
あなた方が現在、何か人生に苦労を感ずるものを持っているとしたら、それをただ苦しい、情けないと思うよりも、仔細(しさい)にそれを検討なさい。
__ Link __

心を己の生命が生きるための道具として使わないで、反対に心に使われているがための結果なんですよ、どんな心配でも。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. 行動なくして一切の成果は期待できません。したがって、願望をかなえることは絶対に不可能なのです。
(ジョセフ・マーフィー)


2. 時には斜めに、時には上下に視線をかわすことで避けられるいざこざや衝突も多いと思う。余りにもまともに、向き合いすぎているんじゃないでしょうか。
(中村武志)


3. 自尊心を失う十八の心得──7.自分がまずなすべきことは、自分自身の成長を図り幸福を追求することだということに気づかない。また、そうした考えを受け入れようとしない。
(L・S・バークスデイル)


4. 恋人も作らずに女を知ろうなどというのは、ちょうど釣り人が糸を振り回しただけで魚を知った気になるようなものである。
(ルナール)



5. 男の「味」というものは、苦労を知っていて、他人の苦労がわかり、だから多くを語らず、素知らぬ風情で見守っている事である。
(笠原和夫)


6. まず、強い目標を立てる。それを達成するためにあらゆる技術を動員する。「できそうだからやってみよう」というのとは大きな違いがある。
(井深大)


7. 愛というのは、どれだけ多くのものを与えたかではなく、そこにどれだけの思いやりが注がれたか、ということなのです。
(マザー・テレサ)



8. あなたね、女房だと思うから腹が立つんです。どこかの見知らぬ女だと思えばいいんです。どこかの見知らぬ女が炊事洗濯してくれる。これは頭が下がりますよ。
(永六輔)


9. よき旅人は、自分がどこへ向かうか知らない。完璧な旅人は、自分がどこから来たかを知らない。
(林語堂)


10. 人間は環境の創造物ではない。環境が人間の創造物である。
(ディズレーリ)