名言ナビ


名言ナビ名言格言辞典

キーワード
子供

関連メニュー(大分類)
→ 【 子供


1. 本当によく遊ぶ子供はよく学ぶ。今学ばなくてもやがてはきっとよく学ぶ。


2. 子供の楽しみに対する敵はいつでも父か教師である。


3. 子供たちに幸福である法をしっかり教えるべきであろう。頭上に不幸がふりかかるときに幸福である法ではない。周囲の状況がそう悪くもなく、人生の苦しみが些細な心配事や不快事にとどまるような場合に幸福である法…


4. 兄弟の多い家族に育った者は、子供のうちから「何でも自分の思った通りにはならないものだ」という悟りを得るようになる。まわりで否応なしにそういう躾をしてくれる。


5. 子供たちに手を振り上げてはならない。腹部が無防備になる。


6. 子供達が父親に結び付けられているのは、自分達を保存するのに父親を必要とする期間だけである。


7. 悪は山頂の転石のように、最初は子供でも押せるが、それを止めることは巨人でもできない。


8. (子供と)一緒にゲームの腕を競ったり、趣味の昆虫採集に熱中したりという父親は、一見、理想的に見えるが、それだけの父親からは、子どもは人生の目標を見いだせない。


9. 遊びをせんとや生(うま)れけむ、戯(たわぶ)れせんとや生れけん、遊ぶ子供の声きけば、我が身さへこそ動(ゆる)がるれ。


10. 人生の三大不良債権は、専業主婦と子供とマイホーム 



11. 宴席で作法を守るように人生の作法を守ることを忘れてはならない。ご馳走が回ってきて自分の前に来たら、手を伸ばして礼儀正しく一人分を取る。次に回っていくのを滞らせることのないように。まだ回ってこないうち…


12. 自分自身の道を迷って歩いている子供や青年のほうが、他人の道を間違いなく歩いている人々よりも好ましく思う。


13. 子供は世界中で一番手ごわいお客さんで、なかなか笑ってくれない。


14. 子供と動物はずいぶんよく似ています。どちらも自然に近いのです。でも子供が狡猾な猿よりも良く理解する事が一つあります。それは偉人の立派な行為のことです。


15. 人生に起こるさまざまな出来事・・・・。それは、子供が足し算・引き算から学び始め、段階を踏んで、難しい問題に取り組んでいくカリキュラムのようなものです。問題の取り組み方を正しく学び、知恵を積み重ねてい…


16. 子供たちに囲まれて人生の最後の時を迎える人を、私は幸福だと思う。


17. 子供というものは、生まれながらにしてすでにさまざまな性格や気質を負っている、恐るべき老人なのである。


18. ときに何もかも忘れて夢を見ることは、子供よりも大人に必要だ。


19. 哲学は踏み出す一歩一歩ごとに皮を一枚ずつ脱ぎ捨てるのだが、愚かな弟子どもは、その皮の中へもぐり込んでゆく。


20. 昨日の思想によって子供を縛るのは教育ではなく訓練である。明日の思想によって子供を縛るのもまた教育ではなくて訓練である。教育は訓練ではない。創造である。



21. 子供にどこか直したい点があるなら、まずよく考え、それが自分についても直したほうがよい点ではないか、ということを見極めるべきである。


22. 拒絶に慣れていない子供は、欲しいものが手に入らないということより拒絶されたことを一層辛く考えることになる 


23. 男の義務と責任は、子供のためにパンを得る仕事で終始するのだ。女にとって男は、子供をつくって育てるための手段に過ぎないのだ。


24. 最良の香りはパン。最良の風味は塩。最良の愛情は子供への愛情。


25. 真の芸術家は、妻を飢えさせ、子供を裸足(はだし)にし、七十歳になる母親に生活の手助けをさせても、自分の芸術以外のことは何もしないのだ。


26. 子供に対する母親の愛はもっとも利己心のない愛である。が、利己心のない愛は必ずしも子供の養育に最も適したものではない。


27. 3週間互いに研究しあい、3ヶ月間愛し合い、3年間喧嘩をし、30年間我慢しあう。そして子供達が同じことをまた始める。


28. 悪意は癒しがたく、善意は子供のうちに死んでしまう。


29. 軽信は大人の弱点であるが、子供にとっては力である。


30. 女は感情に左右されやすい。しかし母となったら、子供達の間に感情の差をつけてはならない。



31. 心は子供のようなもので、自分の欲しいものは手に入ると思っている。


32. 男が妻に望むのはただの同棲者でもなく子どもの母親でもない。世の中の荒波を共に乗り切る相棒なんだ。


33. 最良の教師とは、子供と共に笑う教師である。最悪の教師とは、子供を笑う教師である。


34. 人生は悲しみと危険に満ちている。ゆえに、あらゆる困難に備えて、子供たちの人格を高めよ! あらゆる危険に備えて、子供たちの心を鍛えよ!


35. 子どもにわがままをさせながら、愛情と勘違いしていることが多い。


36. 子どもはあなたの愛を待っているのよ。一対一のね。あなたが働いてその子のパンを稼いできても、その子がほうっておかれるんじゃどうしようもないでしょう。


37. 子供を父や母に結びつけていた絆は、決して切れることはない。だが、それはゆるむのである。


38. 学ぶこと、そして一般的に、真実と美とを追求することは、我々が一生涯子供でいることを許されている活動範囲である。


39. 我々は、大人も子供も、利口も馬鹿も、貧者も富者も、死においては平等である。


40. 温かいほほ笑み……。妻に夫に子供に、そしてすべての人にほほ笑みかけなさい。ほほ笑みは心に愛を育てます。



41. 親であるということは一つの重要な職業だ。しかしいまだかつて、子供のために、この職業の適性検査が行われたことはない。


42. 子供に愚かだと信じさせると、一層愚かな行いをする。


43. 教えることのできない子供というものはない。あるのは子供達にうまく教えられない学校と教師だけである。


44. 子どもとバカは生活を陽気にする。


45. 子供は五歳までに、その生涯に学ぶべき事を学び終える。


46. 幼い頃、大人たちからたくさんの愛をもらって育った子どもは、大人になった時、真に人を愛することができる。逆に愛薄く育った子どもは、生涯愛に飢えて生きる。


47. 子供は、汚れた床には何もこぼさない。


48. 子供は「愛されること」によって、初めて「愛すること」を知る 


49. 小さな人達と会う時に、その子の良いところをほれぼれして見つけたい。そうすると、みんな花が開いたみたいに、凄くいい物を出してくれますから。


50. 賢くなろうとして本や黒板に教えを乞(こ)うてはならない。天と地と林と木の葉とは、本当に子供らを賢くするであろう。



51. 親の節度は子供にとっての最大の教訓である。


52. 小さな子どもたちは神様の命、多すぎるということはありません。


53. 自分の年とってゆくのを忘れさせてくれるのは子供しかないってことは、あらゆる生物の楽しい悲劇ですよ。


54. おお、人情に通じた人よ! 彼は子どもたちの相手をするときは子どもっぽいしぐさをする。だが、樹木と子どもは、頭上のものを求めるものなのだ。


55. 時間は時間から生まれた子供たちを飲み込む。悩みも時間の子であって、悩みが永遠を僭称(せんしょう)するのは、まやかしにすぎない。


56. どんな人の心の中にも、遊びたがっている子供がひそんでいる。


57. 毎日出かけていく子供がいた、最初に目にしたもの、驚き、哀れみ、愛、あるいは恐れと共に受け入れたものそのものに、彼はなった。それはその日一日、あるいはその日のる時間、あるいは何年も、あるいは年の経めぐ…


58. 児孫(じそん)のために美田を買わず。


59. 子供が欲しいものを欲しがるままに与え、犬がしっぽを振るたびに餌を与えていれば、犬は忠犬になるが、子はとんでもないごろつきになる。


60. 貧しい家に生まれた子どもは、じつは莫大な遺産を譲り受けている。



61. 私たちの子供は、私たちにチャンスをくれる。私たち自身がいつも欲しいと思っていた親になるためのチャンスを。


62. 子供は、両親が家で話すことを街でしゃべる。


63. 人生はせいぜいのところ、強情な子供みたいなものだ。寝ついてしまうまでは静かにさせておくために遊ばせたり、少し機嫌を取ったりしなければならないが、眠り込めば心配はおしまいである。


64. 子供というものは両親の分身ですぞ。したがって、よい子であろうと悪い子であろうと、われらに生命を与えてくれる魂を愛するように、愛さねばなりません。


65. 諸君の子供を黙っているように教えこめ。それでも子供はあっという間にしゃべるのを覚えるだろう 


66. 親にとって、子供はいつまでも子供である。たとえ、子供が白髪になっても 


67. 父親が父親としての道を尽くさなかったとしても、子供は子供としての道を行わなければならない。


68. 成功を収められるようなスペシャリストになるのやったら、学校で教わることは少ない。そんなことに銭と時間を使うより、子供を実社会に出して経験と感性を磨かせたほうが、よっぽど近道やと思うで。


69. おとなは、だれも、はじめは子供だった。しかし、そのことを忘れずにいるおとなは、いくらもいない。


70. 子供は苦労を和らげる。しかし不幸を一段とつらいものにする。子供は人生の煩(わずら)いを増す。しかし、死の思いを和らげる。



71. 子供のすることは行動としてではなく、症状として理解せねばならない。


72. 子供にとって最初の教師は母親である。善悪いずれかの品性を形造る機会はまず母親に与えられている。


73. 我々の人生の前半は親によって台無しにされ、後半は子供によって台無しにされる。


74. 太陽のような母を持つ子供にとっては、世の如何(いか)なる出来事も、その子供の将来に暗い蔭(かげ)を与え得るものではない。


75. 子供の頃を懐かしんでいる人は明らかに子供ではない。


76. 子供には過去も未来もない。だから現在を楽しむ。大人はとてもそうはいかない。


77. 子供はすべて外国人だ。


78. 我々が見たいのは、知識を追い求める子供の姿であって、子供を追い回す知識ではない。


79. 最低の父親は子供に感謝を要求する父親だ。


80. 子どもは大人の父である。



81. 子供より親が大事、と思いたい。子供のために、等と、古風な道学者みたいな事を殊勝さらく考えても、何、子供よりも、その親の方が弱いのだ。


82. 子どもは大人の話を聞くのはあまり得意でないが、大人のマネをするのはとても上手だ。


83. 子どもは小さいから子どもなのではない。子どもは大人になるから、大人になるために子どもなのだ。


84. 戦争で親を亡くした子供たちがね、本当はそうじゃないのにね、自分を責めるんです。お母さんが死んじゃったのは自分が何か悪いことをした所為(せい)じゃないかって。大人って、ほら、すぐ他人の所為にするじゃな…


85. 私は話すとき、自分を最も低く引き降ろす。聴衆のうちインテリを見ないで、子供を見て話をする。


86. 父親が子供に語ることは、世間には聞こえないが、彼の子孫には聞こえる。


87. 家庭は芸術作品です。鑑賞するのは子どもたちです。口論やいらだちを、子どもたちの目から遠ざけるべきです。そうしないと、家庭をばらばらにし、情緒の調和を乱すことになるでしょう。


88. 子どもたちは、さまざまな行動を通じて、対人関係の組み換えと自己の解体・再編を追求しつつ、いかに生きるべきかを問うている。


89. 子どもに純真な心をも持ち続けさせるよい方法は一つしかないと思われる。それは、子どものまわりにいるすべての人が純真なものを尊重し、愛することだ。


90. 人間として守らなければならないことは、親がいつも率先してお手本を示しながら、子どもにも守らせること。理屈でなく行動で教えること。



91. 子供は最初は親を愛するが、やがて親を裁くようになる。許すことはまずめったにない。


92. 宗教は無知の子供であり、その母より永くは生き延びることが出来ない。


93. 子供は親の思い通りにはならないが、親のする通りになる。


94. 人は誰でもクリエイティブな芸術家の顔を持っている。創造するということは、結びつけることである。芸術という言葉の語源は「くっつける」であり、私達は毎日これをやっている。何かと何かをくっつけるたびに、私…


95. 子供はすべての動物の中で最も取り扱いが難しい。なぜなら、子供はまだ鍛錬されていない思慮の泉を最も多く持つがゆえに、動物の中で最もずるく、すばしこく、高慢であるからである。


96. 大人は大きく成長した子供にすぎない。


97. 人は他人と暮らすために生まれてくるようなものさ。親と暮らす時間はごく少しだよ。親にとっては都合よく暮らしていく子供に育てるのではなく、他人と心地良く暮らす事の出来る子供に育てなくちゃいけないね。


98. 生まれの尊い親の子供が優れているとは限らず、又無能な親の子供が卑しいとも限らぬ。人間について何一つ確かなことはないのだ。


99. 子供たちよ、君たちは驚異だ。二人といない存在だ。君たちはシェークスピアにもベートーベンにも、どんな人にもなれるのだ。


100. 愛は貧と富との間に生まれた子。




全部で、264件