名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
我々は社交に別れを告げ、離れて住もうと志を立てた。
なぜなら、孤独の裡(うち)にいるほうが安心できるからである。


[ 出典 ]
サアディー
[サーディー]
(13世紀ペルシャ〔現イラン〕の詩人・ 道徳家、1185年?〜1291年?)
『ゴレスターン』

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
我々は社交に別れを告げ、離れて住まんと志を立てけり。
なぜならば、孤独の裡(うち)にいるほうが安心し得るからなり。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. まず金(かね)を握れ、徳は後から来る。
(ホラティウス)


2. 悩んでるひまに一つでもやりなよ。
(漫画『ドラえもん』)


3. 若い娘は幾たびも軽はずみな夢想を変えて行くのです。春のめぐり来るたびに若木が青葉をつけ変えるように。
(プーシキン)


4. 私が書くつもりになるくらいだから、歴史は私にとって親切なのだろう。
(チャーチル)



5. この世はすべて舞台だ。そして男も女もその役者に過ぎない。
(シェイクスピア)


6. 金は食って行けさえすればいい程度に取り、喜びを自分の仕事の中に求めるようにすべきだ。
(志賀直哉)


7. 酒と人間とは、絶えず闘い絶えず和解している仲の良い二人の闘士のような感じがする。負けた方が常に、勝った方を抱擁する。
(ボードレール)



8. 仏は人間を超越した存在でも 人間を創造したり支配する存在でもありません。あえていえば 諸仏はわれわれの先輩であり お手本になるべき存在なのです。
(加藤智見)


9. 用心というやつは絶えず我々を先へ先へと連れて行き、しばしば我々が到達する見込みのないところまで我々を連れて行く。我々の不幸はここにある。
(ルソー)


10. 小をもっぱらとして、大を失うことなかれ。
(『金言童子教』)