名言ナビ


名言ナビ名言格言辞典

キーワード
転ぶ

関連メニュー(大分類)
→ 【 転ぶ

1. 三十代以降を生き切るためには、若いうちにエネルギーを技に変えておくのがコツである。たとえば自転車は、転ぶことも平気な時期に乗り方を覚えておかないと、まずやる気がしないだろう。


2. 賢明に、そしてゆっくりと。速く走るやつは転ぶ。


3. 何でも思い切ってやってみることですよ。どっちに転んだって人間、野辺の石ころ同様、骨となって一生を終えるのだから。


4. 一度転んで気がつかなければ、七度転んでも同じこと。一度で気のつく人間になりたい。そのためには「転んでもただ起きぬ」心がまえが大切。


5. 例えば、友達が転ぶ。ああ痛かったろうな、と感じる気持ちを、そのつど自分の中で作りあげていきさえすればよい。


6. 人間にとって、転んだことは恥ずかしいことじゃない。起きあがれないことが恥ずかしいことなのだ。


7. 失敗とは、転ぶことではない。そのまましゃがみこんだままでいることである。


8. 痛いのは生きているから。転んだのは歩いたから。迷っているのは前に進みたいから。逃げ出したいのはたたかっているから。


9. 七度転んでも八度起きればよい、などと呑気に考えるならば、これはいささか愚である。


10. まあいい 俺の一生を何かの役に立たせて見せる ころぶ時があっても 



11. 七転八倒 つまづいたり ころんだり するほうが 自然なんだな にんげんだもの 


12. 駆け出すものは転ぶ 


13. 転んだらいつでも、何かを拾いなさい。


14. 人生というのは所詮どちらに転んでも大した違いはない。ならば闘って、自分の目指すこと、信じることを貫き通せばいいのだ。


15. あなたにめぐり逢えて ほんとうによかった 生きていてよかった 生かされてきてよかった あなたにめぐり逢えたから  つまづいてもいい ころんでもいい これから先 どんなことがあってもいい あなたにめぐ…


16. 君はこれまでなんども失敗した、おぼえてはいないかもしれないが。はじめて歩こうとしたとき、君は転んでしまった。はじめて泳ごうとしたとき、君は溺れそうになってしまった。そうだったろう?


17. 歩き3年、ころび5年、ずっこけできて10年といって、歩いているだけで笑わせるのに最低3年かかる。それだけ笑いの芸とは厳しいものなんです。


18. 最終的に自分の生き方を決める時、手を下すのは自分しかいない。つらいときには自分で乗り越えるしかない。転ぼうと蹴倒されようと、それは、何かのせいでそうなったのではなく、結局は自分で能動的に選んだことだ…


19. 転んでもただでは起きぬ。


20. 転んでも、ただでは起きるな。



全部で、20件