名言ナビ


名言ナビ名言格言辞典

キーワード
相田みつをの名言


1. ともかく 具体的に動くことだね。 いま、ここ、を 具体的に動く── それしかないね。 具体的に動けば 具体的な答が出る…


2. やれなかった やらなかった どっちかな 


3. あとじゃ できねんだよなあ いまのことは いましかできぬ 


4. 毎日毎日の足跡が おのずから人生の答えを出す きれいな足跡には きれいな水がたまる 


5. 感動いっぱい、感激いっぱいの いのちを生きたい 


6. 私の このヘタな文字 つたない文章も 見てくれる人のおかげで書かせていただけるんです。「おかげさん」でないものは この…


7. いいことは おかげさま わるいことは 身から出たさび 


8. そのときの出逢いが 人生を根底から 変えることがある よき出逢いを 


9. そのままでいいがな 


10. うばい合えば足らぬ わけ合えばあまる うばい合えばあらそい わけ合えばやすらぎ  うばい合えばにくしみ わけ合えばよろ…



11. ぐちをこぼしたっていいがな 弱音を吐いたっていいがな 人間だもの たまには涙をみせたっていいがな 生きているんだもの 


12. しあわせは いつも じぶんの こころが きめる 


13. セトモノと セトモノと ぶつかりっこすると すぐこわれちゃう どっちか やわらかければ だいじょうぶ やわらかいこころ…


14. 一生勉強 一生青春 


15. わたしは無駄にこの世に生れてきたのではない。また人間として生れてきたからには、無駄にこの世を過ごしたくはない。


16. なやみはつきねんだなあ 生きているんだもの 


17. かねが人生のすべてではないが 有れば便利 無いと不便です 便利のほうがいいなあ 


18. つまづいたって いいじゃないか にんげんだもの 


19. 毎日少しずつ それがなかなかできねんだなあ 


20. 人間が人間として 生きるときの時は いつでもいま 昨日でも明日でもない 今日ただいまのいま!



21. わたしがこの世に生れてきたのは、わたしでなければできない仕事が何か一つこの世にあるからなのだ。それが社会的に高いか低い…


22. 人生において 最もたいせつな時 それはいつでも いまです 


23. 夢はでっかく 根はふかく 


24. どのような道を どのように歩くとも いのちいっぱいに 生きればいいぞ 


25. 自分の心のどん底が納得しているかどうか そこが大事 


26. 水にぬれなければ およげませんよ 


27. 歩くから 道になる 歩かなければ 草が生える 


28. おてんとうさまのひかりをいっぱい吸った あったかい座ぶとんのような人 


29. いくら多くの人に読まれても、ただ読まれるだけじゃ意味が無い。たった一人でいいから、その人のこころに深く届けば、それでい…


30. ラクしてカッコよければしあわせか。逆に骨を折ることは不幸か。



31. なんでもいいからさ 本気でやってごらん 本気でやれば たのしいから 本気でやれば つかれないから つかれても つかれが…


32. あたらしい門出をする者には 新しい道がひらける 


33. 七転八倒 つまづいたり ころんだり するほうが 自然なんだな にんげんだもの 


34. あのときの あの苦しみも あのときの あの悲しみも みんな肥料になったんだなあ じぶんが自分になるための。


35. あとでやろうと思っても やれた試しがない やるならば いつでもいまだ 


36. 弱きもの人間 欲ふかきものにんげん 偽り多きものにんげん そして人間のわたし 


37. 外灯というのは 人のためにつけるんだよな わたしはどれだけ 外灯をつけられるだろうか 


38. かんがえてばかりいると日がくれちゃうよ 


39. 一生燃焼 一生感動 一生不悟 


40. あなたにめぐり逢えて ほんとうによかった 生きていてよかった 生かされてきてよかった あなたにめぐり逢えたから  つま…



41. 親切という名のおっせかい そっとしておく思いやり 慈善という名の巧妙な偽善 


42. 使ったところが 強くなる 頭でもからだでも その反対 使わぬところは 


43. 他人の物指し 自分のものさし それぞれ寸法がちがうんだな 


44. 花を支える枝 枝を支える幹 幹を支える根 根はみえねんだなあ 


45. 柔道の基本は受身 受身とはころぶ練習 負ける練習 人の前で恥をさらす練習 


46. そのうち そのうち べんかいしながら日がくれる。


47. けれどけれどで何もしない ひとつひとつかたづけていくんだよ 


48. おまえさんな いま一体何が 一番欲しい あれもこれもじゃだめだよ いのちがけでほしいものを ただ一ツに的をしぼって 言…


49. にんげんはねえ 人から点数をつけられるために この世に生まれて きたのではないんだよ にんげんがさき 点数は後(あと) 


50. だれにだって あるんだよ ひとにはいえない くるしみが  だれにだって あるんだよ ひとにはいえない かなしみが  た…



51. わたしは、人間のほんとうの幸せとは「充実感のある生き方」だと思っています。


52. 強がりなんか いうことないよ やせがまんなど することないよ だれにえんりょが いるもんか 声をかぎりに 泣くがいい …


53. あなたの心がきれいだから なんでもきれいに見えるんだなあ 


54. いいですか いくらのろくても かまいませんよ たいせつなことはね いつでも前をむいて 自分の足で 自分の道を 歩くこと…


55. 雨の日には 雨の中を 風の日には 風の中を 


56. いのちいっぱい じぶんの花を 


57. 自分が自分にならずして だれが自分になるのですか 


58. 美しい花を見た 美しい花は美しい枝についている 美しい枝は美しい幹についている 美しい幹は美しい根っこがささえているに…


59. 渦巻いて 濁らない 滝つぼの水 


60. 背のびする自分 卑下する自分 どっちもいやだけど どっちも自分 



61. いまが大事 


62. ともかく 具体的に動いてごらん 具体的に動けば 具体的な答が出るから 


63. アノバチ コノバチ 思い当たる バチがいっぱい それでもまだ 天がわたしを 生かしてくれる 


64. 人間を動かすものは感動であって理屈ではありません。だから理動ということばは辞書にありません。感じるから動くんです。


65. 感ずるべきものに感ずる人間であって欲しい 


66. 美しい花を見て「まァ、きれい!!」と感ずる心は、醜いもの、不正なものを拒絶する心でもあります。


67. 人の世の 幸不幸は 人と人とが 逢うことから はじまる よき出逢いを 


68. いのちあるかぎりは いのちいっぱいに 生きてゆかむと 朝の筆持つ 


69. ひとの批判は かんたんだがなあ 


70. いま ここにしかない わたしのいのち あなたのいのち 



71. 育てたように 子は育つ 


72. 土 水 空気 にんげんのつくったものじゃねんだよなあ 


73. ただあたえる それが布施 母親が子供におっぱいをやるときのように 


74. この世は わたしがわたしになるところ あなたがあなたになるところ 


75. トマトにねえ いくら肥料やったってさ メロンにはならねんだなあ 


76. 生きていて 楽しいと思うことの一つ それは 人間が人間と逢って 人間について話をする時です 


77. わたしの かんのんさま あなたの おかげで ぐちも こぼせる 


78. 待ってもむだな ことがある 待ってもだめな こともある 待ってむなしき ことばかり それでもわたしは じっと待つ 


79. 動くのは自分。


80. 人間生きているうちに 少しでも人のために いいことしておくことだなあ 



81. 過去無量のいのちのバトンを受けついで いまここに 自分の番を生きている それがあなたのいのちです それがわたしのいのち…


82. 勝つことばかりが人生じゃない。


83. 負けてくれる人のおかげで勝たせてもらう。どっちか負けなければケリがつかぬ。


84. 脇役のおかげで主役が生きる。主役ばかりじゃ芝居はできぬ。


85. 大事なことはね、布施では受けてくれる人も与える人と同じに大切だということ。つまりね、与える方が上で、貰うほうが下だ、な…


86. (お布施は)むりもだめだがケチもだめ。なぜか? むりもケチも執着だから、出したお金がきれいでない。他人(ひと)に比べて…


87. むりすると「のに」がつき「ぐち」が出る 


88. 人間関係がまずくなるのは大体において、「のに」と「ぐち」の出る時だ。「のに」と「ぐち」が出るともう面白くない。


89. むりをしないで なまけない わたしは 弱い人間だから 


90. 感動とは 感じて 動く と書くんだなあ 



91. 職場があるから働ける 


92. 傲慢と卑下 卑屈と尊大 根ッこはひとつ 自我という名の わたしの根 


93. 欲ばらない 腹をたてない ぐちをいわない せめて正月の三日ぐらいは おれ できるかなあ 


94. あのね 人を恨んでね ほんとうに傷つくのは じぶんなんだよ 


95. わかってたまるか 人に踏まれてばかりいる 雑草のくるしみが 


96. いまはなんにも いわないほうがいい 語らないほうがいい つらいだろうが 黙っているほうがいい いえばべんかいになるから 


97. うん そうだよ そうだよ そうだとも くちだけ うごかしている 傍観者に なにがわかる 


98. じぶんがじぶんに いやになるとき かねがほしいのに ほしくないような ふりをするとき 


99. 暖かい春の陽ざしを ポカポカと背中に受けて 平らな道をのんびりと歩いてゆく── そんな調子のいい時ばかりはないんだな 


100. 風雪に耐えただけ 土の中に根が張るんだな 




全部で、343件