名言ナビ


名言ナビ名言格言辞典

キーワード
過ち

関連メニュー(大分類)
→ 【 過ち

1. 寛大になるには、年をとりさえすればよい。どんなあやまちを見ても、自分の犯しかねなかったものばかりだ。


2. 老人の厭世主義は外部からひょっこりやってくるのではなく、自分自身の頭脳の奥深いところからくるのだ。散々苦しみ、数え切れないほどの過ちをしでかした後、下から上までの全階段を上り終わった時に、初めてやっ…


3. 人間のあらゆる過ちは、全て焦りから来ている。周到さをそうそうに放棄し、もっともらしい事柄をもっともらしく仕立ててみせる、性急な焦り。


4. 過(あやま)ちて改めざる、これを過ちという。


5. 私は何度も苦しんだ。過ちも犯した。でも私は愛した。真に生きたのはこの私なのだ。


6. 過失を犯すことは人間的である。許すことは神的である。


7. 不幸な人の共通の過ちは、わが身に幸せが訪れることを、決して信じたがらないことである。


8. 過ちひとつゆえに、人を断念したりするものではない。


9. 同じような過ちを 誰もが持っているのは 他人をゆるせる広い心を 持てるため 


10. 養いて教えざるは、父の過ちなり。



11. 何か失敗すると、それだけ成功に近づいているんだと感じます。同じ過ちは2回しませんから、その分だけでも成功に近づいているはずだと。


12. 科学の目的は、無限の英知への扉を開くことではなく、無限の誤謬(ごびゅう)にひとつの終止符を打ってゆくことだ。


13. 愛というのは、その人の過ちや自分との意見の対立を許してあげられること。


14. 過ちを諌(いさ)め交(か)わして親しむが まことの友の心なるらむ 


15. 過ちは真実よりも厳粛なときがある。


16. 経験は、過ちという犠牲を払いつつ、ゆっくり教えてくれる。


17. 他人の過ちから学ぶことが必要だ。自分でそれらすべての過ちをするほど、長生きはしないのだから。


18. 直さざればすなわち道見れず 


19. 人間である限り、誰でも過ちはある。しかし賢者や善人は、自分の過ちや失敗の中から、未来に備えるための知恵を学び取る。


20. 最大の過ちは、どんな過ちを見ても少しも気づかぬことである。



21. わが身のあしきことを知らせ、過ちをいさむる人は、尊み、親しむべし。


22. 人が悩むのは、一つは、他者が思い通りにならないとき、もう一つは自分自身が思い通りにならないときだ。前者は、人を支配しようとする過ちから生じ、後者は反対に自分自身を支配できない未熟さから生じる。


23. あやまちは一瞬、つぐないは一生!


24. 過ちは好む所にあり。


25. 寛容とは何か。それは人間愛の所有である。我々はすべて弱さと過ちから作られているのだ。我々の愚かさを許し合おう。これが自然の第一の掟である。


26. 「たかがそれぐらいのことで人を殺すなんて」という非難がよくある。だが、「たかがそれぐらいのこと」と、相手の苦しみ・痛みを軽く見るという過ちが、殺人の動機を生み出しているのだ。


27. 城(企業)のつくり手は人、人、人なのである。しかし、人であるから過ちはある。火事は起こさず、起きたらすぐ消し、前進の糧とすればよい。


28. 最も有害な過ちは、それが過ちであることに気づかぬ過ちであるが、もっと危険な過ちは、有徳の行為と見なされる過ちである。


全部で、28件