名言ナビ



[ 名言 ]
他人のためにも、ことばを持て。
なやみ、苦しんでいる他人のためにも。
そうして、なんでこんなにほがらかでいられるのか、それをこう話してやるのだ!
くちびるに歌を持て。
勇気を失うな。
心に太陽を持て。
そうすりゃ、なんだってふっ飛んでしまう!

[ 出典 ]
ツェーザル・フライシュレン
(ドイツの詩人・作家、1864〜1920)
山本有三訳『心に太陽を持て』

ページ内メニュー

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
他人のため
言葉
悩む人
苦しむ人
他人のため
朗らか
話す


勇気を失わない
心に太陽を

[ 全文・続き ]
(初版本全文)
心に太陽を持て。
あらしが吹こうが、雪がふろうが、天には雲、地には争いが絶えなかろうが!
心に太陽を持て。
そうすりゃ、何がこようと平気じゃないか!
どんな暗い日だって、それが明るくしてくれる!
__ Link __

くちびるに歌を持て。
ほがらかな調子で。
毎日の苦労に、よし心配が絶えなくとも!
くちびるに歌を持て。
そうすりゃ、何がこようと平気じゃないか!
どんなさびしい日だって、それが元気にしてくれる!
__ Link __

他人のためにも、ことばを持て。
なやみ、苦しんでいる他人のためにも。
そうして、なんでこんなにほがらかでいられるのか、それをこう話してやるのだ!
くちびるに歌を持て。
勇気を失うな。
心に太陽を持て。
そうすりゃ、なんだってふっ飛んでしまう!
__ Link __

(改訂版全文)
心に太陽を持て。
あらしが ふこうと、ふぶきが こようと、天には黒くも、地には争いが絶えなかろうと、いつも、心に太陽を持て。
唇に歌を持て、軽く、ほがらかに。
自分のつとめ、自分のくらしに、よしや苦労が絶えなかろうと、いつも、くちびるに歌を持て。
苦しんでいる人、なやんでいる人には、こう、はげましてやろう。
「勇気を失うな。
 くちびるに歌を持て。
 心に太陽を持て。
 


[ ランダム名言 ]
1.
ひとりであって、その倒れる時、これを助け起こす者のない者はわざわいである。
(『旧約聖書』)
2.
憎悪は心の中の毒です。許しと愛は解毒剤です。この解毒剤を活用すればすべての憎しみは消え去り、心の平安が得られます。
(ジョセフ・マーフィー)
3.
時間ってあんがい、柔らかいものよ。
(ある母親の言葉)
4.
今の世の中、人間が人間を見捨てているのよね。親が子を、子が親を、兄が弟を、友が友を、隣人が隣人を。
(マザー・テレサ)

5.
運命なんていうものは、後付けにすぎない。
(ながれおとや)
6.
熱いものも冷たいものも、何もかも味わってみなければならぬ。若いときに愚者でなければ、年とってからそうなるものだ。
(チョーサー)
7.
お前は罪人(つみびと)なのだと言われるほど、人間の虚栄心を満足させるものはない。
(ワイルド)

8.
われわれはアルファなり、オメガなり。
(『新約聖書』)
9.
楽天主義は意志の所産だが、厭世主義は人間が自己を放棄した時の状態である。
(アラン)
10.
一定の目的がなければ行為はあり得ないと考えるのは、いかにもガリ勉人生の優等生の意識だ。
(辻まこと)