名言ナビ


名言ナビ名言格言辞典

キーワード
死ぬ

関連メニュー(大分類)
→ 【 死ぬ


1. 生きている時に偉大であった人間は、死ぬと十倍も偉大になる。


2. 死ぬのにひどく時間がかかった。皆の者許してくれ。


3. 僕は本を買うとまず結末を読む。読み終える前に死ぬと困るから。


4. まだ死ぬ気はない。だが、もし死ぬとしたら、時と場所は自分で選ぶ。


5. お前が死んでも何も変わらない。だが、お前が生きて、変わるものもある。


6. 人は死にたいから死ぬんじゃない。本当は生きたいのに、生きていけないと思うから死ぬんだ。


7. 恋愛とはサメのようなものだ。常に前進してないと死んでしまう。


8. 遺族が苦しむ、悲しむから死ぬなというのは、わがままではないか?


9. どの道死なねばならぬのなら、私は納得して死にたいものだ。


10. 病気の正体を知ろうとしたり、行き先を予測したりしても、何になるのか。要するに、私は苦しみ、そして死ぬ。…それだけのことだ。



11. だって治療にはとても金がかかるよ。だから、どうせ死ぬと決まっているなら、その金を蓄えておくほうがよい。


12. 作家は生きているうちは諷刺され、死ぬと賞賛される。


13. 虎は死して皮を残し、人は死して名を残す。保険に入っていれば金を残す。


14. 人間はゴメンと言いながら死ぬ奴と、アリガトウと言って死ぬ奴がいる。私はアリガトウと言って死にたい。


15. 災難に逢う時節には、災難に逢うがよく候。死ぬ時節には、死ぬがよく候。是(これ)はこれ災難をのがるる妙法にて候。


16. 死ぬよりも、生きているほうがよっぽど辛いときが何度もある。それでもなお生きていかねばならないし、また生きる以上は努力しなくてはならない。


17. 看護婦さん、あんたは老人のわたしを骨董品として生かしておこうとしているが、わたしはもうガタがきてるんだ、おしまいなんだよ、死ぬんだ。


18. 死ぬよりも苦しむほうが勇気を必要とする。


19. 死ぬだけよ、あんた死ぬだけよ、なんとかしようとしなければ、あんたは死ぬだけよ。


20. 千人の非難にあえば、病なくして死す。



21. 昨日まで 人のことかと思いしが おれが死ぬのか それはたまらん 


22. 私は常に思っている。人生は旅である。我等(われら)は忽然(こつぜん)として無窮より生まれ、忽然として無窮のおくに往ってしまう。


23. 人間は心の底ではまったく死を嫌悪していない。死ぬのを楽しみにさえしている。消えてゆくランプに苦しみはないのである。


24. 生きる理由はないが、また、死ぬ理由もない。人生への軽蔑を示すべく、我々に残された唯一の方法は、それを受け入れることである。人生は、苦労して捨てるほどの価値もない。


25. 今は人間の死に方がおかしくなっている。救命の治療ではなく延命の治療になっている。人間、死にたいように死ぬのが一番で、酒飲みは酒を飲みながら死んだっていいし、ヘビースモーカーはタバコを吸いながら死んだ…


26. 悪意は癒しがたく、善意は子供のうちに死んでしまう。


27. 士は己を知る者のために死す 


28. 毎晩眠りにつくたびに、私は死ぬ。そして翌朝目をさますとき、生まれ変わる。


29. 臆病者は、本当に死ぬまでに幾度も死ぬが、勇者は一度しか死を経験しない。


30. 我々は生まれると競技場に入り、死ぬとそこを去る。その競技用の車をいっそううまく操るすべを学んだとて何になろう。いまとなっては、ただどんなふうに退場したらよいかを考えればよいのだ。



31. 一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ。


32. 神はいなくても、人は生きて死ぬだけだ。


33. 夫婦間の会話は、外科手術のように慎重に取りかからなければなりません。ある種の夫婦は正直なあまり、健康な愛情にまで手術を施し、そのために死んでしまうようなことになるのです。


34. 誰でも死ななくちゃいけない。でも私はいつも自分は例外だと信じていた。なのに、なんてこった。


35. 人間、生をうけた以上どうせ死ぬのだから、やりたいことをやってざっくばらんに生き、しかるのち、諸々の欲に執着せずに枯れ、そして死んでいくべき、という考え方だ。


36. 恋は空腹で生き、満腹になって死ぬ。


37. 私、死んでも絶対化けて出ぇへんで。生きてる時に生きてるねんもん。


38. 世の中に実に美しいものが沢山あることを思うと、自分は死ねなかった。だから君も、死ぬには美しすぎるものが人生には多々ある、ということを発見するようにしなさい。


39. 少にして学べば、則ち壮にして為すことあり。壮にして学べば、則ち老いて衰えず。老いて学べば、則ち死して朽ちず。


40. 死ぬのは、寿命が来たとき。寿命が来るまで死なない。



41. 死の救いを祈らぬうちに死ぬのは、幸福だ。


42. 生きているということは一つの病気である。誰もがその病気によって死ぬ。


43. ほとんどの人間は、完全に生まれる前に死んでしまう。創造性とは、死ぬ前に生まれることだ。


44. 富める者が自分のために戦争をする時、死ぬのは貧しき者の方なのだ。


45. 人間は生きることが全部である。死ねばなくなる。


46. 生まれた以上死なねばならぬ、ということ以外確実なことはなし。


47. あああ、人間はなぜ死ぬのでしょう! 生きたいわ! 千年も万年も生きたいわ!


48. 他人の完璧な仕事より、自分の不完全な仕事の方が優る。自分の本務に死ぬのは優れ、他人の仕事をするのは危難をもたらす。


49. 人生は美しい! 生きることは素晴らしい! 君はいつも病気のことばかり考えて、暗く、うつむいている。それじゃあ、いけない。人間には「死ぬ」ことと同じくらい、避けられないことがあるんだ。それは「生きる」…


50. 人は何か一つくらい誇れるもの持っている。何でもいい、それを見つけなさい。勉強が駄目だったら、運動がある。両方駄目だったら、君には優しさがある。夢をもて、目的をもて、やれば出来る──こんな言葉に騙され…



51. 僕が死を考えるのは、死ぬためじゃない。生きるためなんだ。


52. まるで死んでいるような人間が、死ぬのをいちばん嫌がる。


53. ねたみ深い者は死ぬが、ねたみ心は決して死なぬ。


54. 恋なき人生は死するに等しい。


55. 死ぬならひとりだ 生きるならひとりじゃない 


56. 青い目の女は「愛してくれなければ死ぬ」と言い、黒い目の女は「愛してくれなければ殺す」と言う。


57. 僕の体を起こしてくれ。僕は、死ぬんだから。僕は雑作(ぞうさ)もなく死ぬよ。驚いたりしないでくれ!ありがたい!死がやってきたよ。


58. 文人は生きているうちは諷刺され、死ぬと賞賛される。


59. 恋の至極は忍恋(しのぶこい)と見立て候、逢ひてからは恋のたけが低し、一生忍んで思ひ死することこそが恋の本意なれ。


60. 人間、死ぬときは死ぬのがよい。



61. 適当にやらないとね、漫画家は、死ぬよ。寝なきゃ駄目。食べたいものは食べないと駄目。疲れたら休まないと駄目。


62. わたしはもうすぐ死ぬが、死ぬのは怖くない。気を使ってくれてありがとう。もうこれ以上わたしにかまわなくていい。静かに死なせてくれ。長くは持たないから。


63. 彼が夕食に遅れるときは、浮気しているか死んで道端に転がっているかのどっちかなのよ。道端でくたばっているほうがいい、といつも思ったわ。


64. 死ぬ事はいつでも出来る。残された者に迷惑をかけるな。見事に死ね。誇れる死に様を残してやれ。私はそうやって生きて行くつもりだ。


65. 死んだら葬儀屋も悲しんでくれるくらいに一生懸命生きよう。


66. 原子力発電所というものは、食事よりとても安全だ。なぜなら毎年300人もの人が、のどに物を詰まらせて死んでいるじゃないか。


67. ベッドは我々の全生涯を包む。というのは、我々はベッドで生まれ、生活し、そこで死ぬのだから。


68. 人は死ぬも生きるも自分の意のままにならない。


69. 人は死ねばゴミになる 


70. 騎士道とは、守るに死する道。今、己が生くるも、守られ生かされた証。守られた命、守るために使うは、騎士の務めと思え。



71. 愛国心とは喜んで人を殺し、つまらぬことのために死ぬことだ。


72. 宗教は、それが真実であることを立証されるときは終焉する。科学は死んだ宗教の記憶である。


73. 太閤も天保弘化に生まれなば、何も得せずに死ぬべかりけり。


74. 死して不朽(ふきゅう)の見込みあらばいつでも死ぬべし。生きて大業(たいぎょう)の見込みあらばいつでも生くべし。


75. もし平静に死にたかったら、人間は有名にならないほうが良い。


76. 人間、死んだら何も出来なくなるもんな、やっぱり。


77. 明日に延ばしてもいいのは、やり残して死んでもかまわないことだけ。


78. 生きて孤独なるものは不幸なり、死して孤独なるものは実に不幸なり。


79. 戦争とは、あなたの愛する人が死ぬ、ということです。


80. 人は死んでも、その人の影響は死ぬことはない。



81. 新年は死んだ人を偲ぶためにある。心の優しいものが先に死ぬのは何故か、己だけが生き残っているのは何故かと問うためだ。


82. イスは たいせつにすれば いつまでも つかえる。イヌは どんなにたいせつにしても いつかは しぬ。イヌがもっているじかんをたいせつにしよう。


83. 死ぬのは勝手だけど、他人に絶対迷惑かけるなよ。死体の片付けとか残された人間の心の重荷とか…。そんなことまで好きにできる権利はないからな。


84. 私は幸福にはよく耐えられない。そんな習慣が欠けているのだ。貴方の腕の中で私は死ぬことしかできなかった。


85. 一つになれば生き延び、ばらばらになれば死ぬ。


86. いつかはみな死ぬ。今は苦しくても、死ぬときに誰も出来ないことをやったと思えたらそれでいいじゃないか。


87. ほとんどの人は、自分の音楽を奏(かな)でることなく生き、そして、死んでいくのです。勇気を出して、奏でようとすることなく。


88. 人間というやつは、いま死ぬという土壇場にならないと、気のつかないことがいろいろある。


89. 人間は初めて呼吸した瞬間に、死ぬべき素質を受け取るのだ。


90. 僕たちには常に傍観者の部分があり、たとえ何が起ころうと、じっと見ている。僕たちが健康でいても病気でいても、幸福になろうと不幸になろうと、生きていても死んでしまっても関係ない。唯一の仕事は僕たちの肩に…



91. あらゆる人間は、自分以外の人はすべて死ぬと思っている。


92. 経験することが楽しい。だから生きていることが楽しい。だって生きていることが経験だから。死んじゃったら何も経験できない。


93. 死にに行く理由に他人を使うなよ。


94. ひたむきに生きている国では、死ぬことなんて問題にも話題にもなりません。死について、なんのかんのと言っている国は天下泰平なんですよ。


95. 夢を描くことができなくなったとき、人は死ぬのだ。


96. メメント・モリ(Memento mori) 自分がいつか必ず死ぬことを忘れるな。


97. 生を必(ひっ)するものは死し、死を必するものは生く。


98. (自殺して)死ぬのは一瞬だが、残された人は一生その負い目を背負う。


99. 人はひとりぼっちで死ぬであろう。だから、ひとりぼっちであるかのごとく行為すべきである。


100. 私が残念に思うのは、やっと何でも上手く表現出来そうになったなぁ、と思うときに死なねばならぬことだ。




全部で、208件