名言ナビ



[ 名言 ]
死んで仕廻(しまっ)て見ればよい人。

[ 出典 ]
『武玉川』(むたまがわ)
(江戸中期の雑俳集)
慶紀逸[けい・きいつ](江戸中期の俳人、1695〜1762)が初編を刊行した句集

ページ内メニュー

[ 意味 ]
生前どんなに悪く言われた人でも、死んでしまうと、どんな些細なことでも無理やり思い出して、褒めてもらえるものである。
嫌いな(あるいは憎い)相手が死んでしまうと、もはや自分と関わる心配がなくなる。
その安心感から、初めてその人を素直に褒める余裕が生まれるのである。

[ 関連キーワード ]

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 類似名言・関連名言 ]


[ ランダム名言 ]
1.

2.
( 猿岩石 )

3.

4.


5.

6.

7.

8.

9.

10.