名言ナビ


名言ナビ名言格言辞典

キーワード
人間

関連メニュー(大分類)


1. 現実は常に人間の思考を先行している。


2. 人間は考えるために生まれている。ゆえに人間は、ひとときも考えないではいられない。


3. 効果だと? 影響だと? 役に立つかどうかだと? 人間は自分のなすべきことをなせばよいのだ。仕事の成果は、自分以外の人が気にかけることだ。


4. 不可能だと思わない限り、人間は決して敗北しない。


5. 人間は二度生まれる 


6. 人間は社会の中でものを教わることができよう。しかし霊感を受けるのはただ孤独においてのみである。


7. 人間は神と悪魔の間に浮遊する。


8. どれほど深く悩みうるかということが、ほとんど人間の位階を決定する。


9. 人間とは歴史に学ばない生き物である 


10. 恋に落ちることは、およそ人間のなしうる最も愚かな行為だ、とは言えませんが、重力に責任を負わせることもできないでしょう。



11. 人間は奴隷でなければならない。ただ、人間にとって選択しなければならないのは、誰の奴隷であるかということである。自己の情欲の奴隷であれば、それは人間の奴隷である。自己の精神的本源の奴隷であれば、それは…


12. 人間の教養とは野性を失うことではなく、野性を洗練させることである。


13. 怒る時に怒らなければ、人間の甲斐がありません。


14. 犬は決して私に噛み付いたりしない。噛み付いてくるのは人間だけだ。


15. 人生に疲れたという人がいたら、それは人生のほうがその人間に疲れたのだと思えば間違いはない。


16. 人間が神の失敗作にすぎないのか、それとも神が人間の失敗作にすぎないのか。


17. 非暴力が人間の理法であるならば、未来は女性とともにある。


18. 永い眼で見れば、企業も人間も、社会的存在としての陰徳を積むことが大事ではないでしょうか。


19. 生きるということにおいて、最も人間が求めているのは、「安全」と「安心」と「安定」である。


20. 世間では、愛は人間と人間との間の関係であるというが、キリスト教の教えによれば、愛は人間と神との間の関係であるという。というのは、神が愛の媒介であるからである。



21. 私たちにとって敵とは、「ためらい」です。自分でこんな人間だと思ってしまえば、それだけの人間にしかなれないのです。


22. 人間到る処青山有り ── 人間(じんかん)到る処(ところ)青山(せいざん)有り。


23. 人間は自然に服従することによって、自然を支配することができる。


24. 人間は常に、畏敬の念と謙虚さを持つ必要があるのです。そうした尊敬の念がなければ、国家権力の執行にも歯止めがなくなります。産業社会の結合力も失われ、人間の個性が真に認識されることもないでしょう。


25. 人間は愛しているか、愛されているか、どっちかでないと辛いね。


26. 人生は人間が共同で利用するブドウ畑です。一緒に栽培して、共に収穫するのです。


27. 絶対正しいことや、絶対正しい人間が、この世に存在するはずがない。すべては、不完全である。不完全だから、人間であり、不完全な人間が少しずつでも補い合って生きて行くのが、人生というものである。


28. 人間は自分の欲しいと思うものを求めて世間を歩きまわり、そして家庭に帰った時にそれを見出す。


29. 人は嘆き悲しむからこそ人間なのである。


30. 医者は人間を弱いもの、弁護士は人間を悪いもの、牧師は人間を愚かなものと見る。



31. 共通の憎しみほど人間を団結させるものはない。


32. 論理は破綻する──人間にとって最も重要なことの多くが、論理的に説明できない。


33. 人間はすべて善であり、悪でもある。極端はほとんどなく、すべて中途半端だ。


34. 人間には、人生を失敗する権利がある。


35. 情熱は・・・人間という原子を回転させる力であり、他人の家を訪ねたり初めて社会的に発言するときの抵抗感を克服させる。つまりは勢いよく私たちを発進させて、いったん着手したなら容易に続いてゆけるようにさせ…


36. なんと多くの人間が罪のない者たちの血と命で生きていることか!


37. 人間はその身に降りかかることよりも、それをどう受け止めるかによって傷つくことが多い。


38. 自然物としての人間は、決して孤立して生きられるようにはつくられていない。


39. 人間は毅然として、現実の運命に耐えていくべきだ。そこに一切の真理がひそんでいる。


40. 人間が幸せの夢を追うときに犯す大きな過ちは、人間の生来から備わっている、あの「死」という弱点を忘れてしまうことである。



41. 人間にとって苦悩に負けることは恥ではない。快楽に負けることこそ恥である。


42. 人間は理由もなしに生きていくことはできないのだ。


43. 人間は互いにだまし合うことがなければ、社会生活を継続することはできない。


44. 一人ひとりの人間は、すべて他の人間の肩に乗っています。だから、声高にオリジナリティーを主張するのは、間違いなのです。


45. 自分で選んだ目標を目指し、そこに到達するために自分の心を支配できるのは、人間だけである。これこそ、人間の知識で最高のものだ。


46. 人間はあらゆるものを発明することができる。ただし幸福になる術を除いては。


47. どうせ人生の本質はつらく、人間は孤独なぐらい百も承知している。だからそれだけ余計に明るく楽しく振舞おうという決心を、私はこの十年間に持ち続け、更にその気持ちを強くしている。


48. 人間はみな荒野の旅人です。このありかたを孤独といいます。孤独というのは淋しいことではない。判断に不安がつきまとうこと。その不安に耐えることです。


49. 人間はゴメンと言いながら死ぬ奴と、アリガトウと言って死ぬ奴がいる。私はアリガトウと言って死にたい。


50. 人間の意識がその存在を規定するのではなくて、逆に、人間の社会的存在がその意識を規定するのである。



51. 人間は重要なことを、決して十分にじっくりとは考えないものである。


52. 人間は道を選ぶことができる。それこそが人間の人間たるゆえんだ。


53. 人間は、言ってもやらない、従わないものなのです。だから、実行させたいと思ったら、嫌でもせざるを得ない状況をつくることです。


54. 進んで死の危険に身をさらしたり、自殺したりする勇気なんて無くていい。死に対して臆病なくらいが、人間としてちょうどいい。


55. 孤独の寂しさが人間の心を静かに燃やしてくれる。


56. 人間の心の奥底へ光を送ること――これが芸術家の使命である。


57. 神にとっては全てが美しくて、良くて、正しい。ただ人間が、あるものは正しく、あるものは正しくないと思うだけである。


58. 人間は不可能なことは信じられないものよ。あなたはまだ(信じる)練習が足りないんじゃないかしら。


59. コンピューターがどんなに発達しようとしても、仕事の中心は人間だ。ならばそこには「縁」と「情」が生じる。それに気づき、大事にした者がレースの最終覇者となるのだと思う。


60. もしこの世の中に「愛する心」がなかったら、人間はだれもが孤独です。



61. なんのために人間は裕福でなければならないのか? なんのために彼には高価な馬が、立派な服が、美しい部屋が、公共の娯楽場に入場する権利が必要なのか? すべてはこれは思考の欠如からきている。こうした人々に…


62. 長所の無い人間はいない。


63. 息子よ、許してやれ。人間はしょせん人間だ。どうしても過ちを犯すものなのだよ。


64. 人間は自らをあまりにも深刻に考えすぎる──すなわちこれを原罪という。


65. 人は多くを願うが、彼に必要なものはごくわずかなのである。人生は短く、人間の運命には限りがあるのだから。


66. 人間はもっと間が抜けた方がいいね。


67. なみだは人間の作るいちばん小さな海です。


68. 人間に理性と創造力が与えられているのは、自分に与えられたものを増やすためである。


69. 詩人である前に私は人間である。人はみな一つの使命を持っている。


70. 人間が自由であり得るためには、神があってはならない。



71. 苦しみは人間の偉大な教師である。苦しみの息吹のもとで魂は成長する。


72. 人間は元来一人で生まれて一人で死んでいくのである。大勢の中に雑(まじ)っていたからって、孤独になるのは、わかり切ったことだ。


73. 人間の邪悪な心を変えるより、プルトニウムの性質を変えるほうがやさしい。


74. 夫婦関係でも、また、嫁姑の関係でも、労使関係でも、友人関係でも、相手は人間である。この相手を知り、自分を知ることが、人との関係を保つ基本ではないか。


75. 人間は創造主がつくった傑作である。だが誰がそう言うのか。人間である。


76. 人間の細部において個別に判断する者こそ、最も真実を言い当てるだろう。


77. 消費とは人間の欲望の具現化である。


78. 偉大になればなるほど、非難の矢に当たりやすくなる。


79. 人間は、努力をする限り、迷うものだ。


80. 運命は神の考えるものだ。人間は人間らしく働けばそれで結構だ。



81. 人間はぬくぬくしはじめると、ろくな仕事はせぬ。追いつめられると、龍が玉を吐くように命を吐く。


82. 人間は行動を起こさない理由を見つける天才だ。


83. 人間はすべて誤るものである。ただ過失を固守するのが愚か者なのである。


84. 私も人間でありながら、その人間が私を人間嫌いにする。


85. 人間の心の一番奥底にあるのは、人に喜ばれたいという渇望だ。


86. 人間一人では生きられないが、頼れるのは自分自身であると思います。従って、幸せも他人に求めるのではなく、自分に求めて行きたいものです。


87. 結婚というものは、人間の作った制度のうちで一番放縦なものだ。結婚が人気があるのは、つまりこのためだ。


88. 善とは何か。人間において権力の感情と権力を欲する意志を高揚するすべてのものである。


89. 人間は留まることを知らぬ旅人だ。


90. 人間、本当に思ってたらその通りになるんです。思ってるようにならないのは、それは本当に思ってないからです。だって、思ってたら、自然とそうなるように行動するんやから。会話も、人との付き合いも変わってくる。



91. 人間を自由にできるのは、人間の理性だけである。人間の生活は、理性を失えば失うほどますます不自由になる。


92. 人間とは取引をする動物なり。犬は骨を交換せず。


93. 無知は富と結びついて初めて人間の品位をおとす。


94. 女はとかく多弁でいけない。人間も猫くらい沈黙であるといい。


95. 人間は無用な知識が増えることで快感を感じることができる唯一の動物である。


96. 大多数の人間は、静かな絶望の生活を送っている。


97. 人間が不幸なのは、自分が幸福であることを知らないからだ。ただそれだけの理由なのだ。


98. 所詮は人間、いかに優れた者でも時には我を忘れます。


99. 人間の心は苦難に対して鋼鉄の如くでは有り得ない。人間は可憐であり、脆弱であり、それ故(ゆえ)愚かなものであるが、堕(お)ちぬくためには弱すぎる。


100. 人間は、負けるように造られてはいないんだ。殺されることはあっても、負けることはないんだ。




全部で、473件