名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。
自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。


[ 出典 ]
マザー・テレサ
(インドの修道女、「死を待つ人々の家」創立者、ノーベル平和賞受賞、1910〜1997)
『マザーテレサあふれる愛』

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
この世の最大の不幸は、貧しさでも病気でもありません。
自分が誰からも必要とされないと感じることです。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 類似名言・関連名言 ]
〈関連〉
誰からも必要とされず、誰からも愛されていないという心の貧しさ、それは一切れのパンに飢えているよりももっとひどい貧しさなんじゃないかと、私は思うの。
(マザー・テレサ)


〈関連〉
人は一切れのパンではなく、愛に、小さなほほえみに飢えているのです。
誰からも受け入れられず、誰からも愛されず、必要とされないという悲しみ、これこそ本当の飢えなのです。
愛を与え、愛を受けることを知らな……(マザー・テレサ)


〈関連〉
この世で一番大きな苦しみは一人ぼっちで、誰からも必要とされず、愛されていない人々の苦しみです。
また、温かい真の人間同士のつながりとはどういうものかも忘れてしまい、家庭や友人を持たないが故(ゆえ)に……(マザー・テレサ)


〈関連〉
最大の病はハンセン病や癌や結核などではありません。
それは誰にも必要とされず、誰にも気に留めてもらえず、すべての人から見捨てられているという孤独です。
(マザー・テレサ)


〈関連〉
多くの人が(心を)病んでいます。
自分がまったく愛されていない、関心を持ってもらえない、いなくてもいい人間なのだと……。
人間にとっていちばんひどい病気は、誰からも必要とされていないと感じることです。
(マザー・テレサ)


[ ランダム名言 ]

1. およそ人は、幸福になろうとする決心の強さに応じて幸福になれるものだ。
(リンカーン)


2. 「仕事の無駄を減らそう、無くそう」と言う本人の存在が、一番無駄である場合が多い。
(ながれおとや)


3. もし犬があなたの顔を見ても近づいてこないなら、家に帰って自分の良心を確認するべきだ。
(ウッドロウ・ウィルソン)


4. たいていの人は、マンネリ化した生活から抜け出すために目標を設定する。だけど、いいかい、今日の目標は明日のマンネリなんだよ。
(デイル・ドーテン)



5. いつの時代も変わらぬ幸福感とは何か。それは愛です。人を愛し愛されることは、人間にとって一番大切なことです。私たちは人を愛するとき、人生の真の喜びを感じるものです。愛ほど強く大きな幸福感は他にはあり……
(ドロシー・ロー・ノルト)


6. 誰もがよそよそしく生きることに慣れすぎていて、生身のじぶんをつくっている単純な感情のもつ力に向き合わない。
(長田弘)


7. 手に入れたものによってと同様、失ったことを惜しむもの、手に入れたいと望むもの、喪失を嘆くものによっても、導かれ、授乳され、成長させられる。
(サン・テグジュペリ)



8. お店がヒマな人ほど、汚いお店のなかにいるの。
(斎藤一人)


9. 今日の人間は果たして幸福であるために幸福について考えないのであろうか。むしろ我々の時代は人々に幸福について考える気力をさえ失わせてしまったほど不幸なのではあるまいか。幸福を語ることがすでに何か不道……
(三木清)


10. 快楽に抵抗するは賢者、快楽の奴隷になるは愚者。
(エピクテトス)