名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
被災地の人にとって、一番支えになっているものは季節なんですね。
3月11日に大震災が起き、その後、春が来たということが多くの人にとって非常に支え、なぐさめ、励ましになった、と何度か聞きました。
(要約)


[ 出典 ]
長田弘[おさだ・ひろし]
(詩人、1939〜2015)
日本記者クラブ囲む会「詩人の目に映る復興、風景、故郷」(2014年2月19日)より

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈原文全文〉
(被災地に)わたしが行ったり、話を聞いたりする人にとって、一番支えになっているものは季節なんですね。
3月11日に大震災が起きたことが、東北ですからまだ春は来ていないんですけれども、その後、春が来たなということが多くの人にとって非常に支えになったというか、なぐさめになったというか、励ましになったというか、それは何度か聞きました。
__ Link __

自分たちがこんなに悲しくても花が咲くというようなこともあり、それで、人が入れないところでも植物は育っているわけですね。
そういうのを見ると、そういうところで変わりなく季節が変わっていくことの美しさというか、そういうものによって人は、ただ花が咲いているだけのように見えるけれども、あるいはそれで散っていくようなことだけれども、実際問題として、いろんな報道を見る限りでも、桜が咲いた、ヒマワリが咲いた、柿はどうした、野菜はどうしたというような話が人々の励みの中で一番生活の目安になっている。
もしそれがなかったら、みんな自分を支えることは非常に難しいのではないか、ということを強く感じるようになりました。
__ Link __

むしろ、季節感というのはごく当たり前のように思っているけれども、特にその後、ことしのように、まれにみる大雪の日が続いたり、去年の夏のようにものすごく暑い日が続いたりすると、われわれはそういうものにすごく動かされているというふうに思いますね。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. 悲観的な要素に対する対策を練った上で、今度は楽観的に行動へ移るのです。実行段階でも悲観的に考えていたのでは、成功への果敢な行動などとれるはずがありません。
(稲盛和夫)


2. 時というものは、それぞれの人間によって、それぞれの速さで走るものなのだよ。
(シェイクスピア)


3. 物書きとか自由業ってのは、外(はず)れることなんですよね。オーソドックスな人はなれないですから。
(黒鉄ヒロシ)


4. 豊かさを超えている貧しさって、あるんだよなァ。
(永六輔)



5. ちゃんとやる時間はなくても、やり直す時間はいつもある。
(「マーフィーの法則」)


6. 誰も心配しすぎないって、いいことでした。ムーミンたちは、ほかの人のために、やたらと心配しないでいようと、決めていました。つまり、そのほうが、心配をかけたと思って良心を痛めなくても、すみます。それに……
(トーベ・ヤンソン)


7. 人は過去を消す事なんてできない。過去があるから明日を願うんだ!
(アニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』)



8. 死とは成熟した自然であり、哲学とは成熟した理性である。
(ゲーテ)


9. 「心の窓」はいつでもできるだけ数をたくさんに、そうしてできるだけ広く開けておきたいものだ。
(寺田寅彦)


10. 相手がつねづね興味を持っていることこそ、相手がいちばん話したいことである。
(多湖輝)