名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
笑顔がないと言われたのか。
変に気にして作り笑いなんかするなよ。
それがいちばん卑しい。
笑えることがあったらほっといても笑ってるから。
それまでちゃんとしまっときなよ。


[ 出典 ]
志茂田景樹[しもだ・かげき]
(作家・絵本作家、1940〜)
本人ツイッター(2011年12月30日)より

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈原文全文〉
笑顔がない、と言われたのか。
なるほど、当分、笑いそうもない顔だ。
でも、笑えることがないから笑わないんだろ。
そういう時期ってあるんだ。
変に気にして作り笑いなんかするなよ。
それがいちばん卑しい。
笑えることがあったらほっといても笑ってるから。
それまでちゃんとしまっときなよ。


[ ランダム名言 ]

1. 自分の意見が正しくて、ただその正しさは暴力を使ってしか証明できないんだったら、たとえ殴られても、そんな正しさは証明しなくていい。
(ピーコ)


2. 昨日までの私は、明日からの準備にすぎない。
(永六輔)


3. 詩の言葉は、意味をあらわす言葉なのではない。そうではなくて、いいあらわすことのできない意味をちゃんと手わたすための言葉が、詩の言葉だ。詩の言葉がおかれるのは、いいあらわしえぬ意味がそこにある、その……
(長田弘)


4. 叶えたいことがあるとき、安易な神頼みをしても通用しません。神を前にしたときに唯一有効なのは「誓い」です。やるべきことはやり、そのうえで神様に誓い、加勢を願うのです。人事を尽くして天命を待つ。まずは……
(江原啓之)



5. 収集家は目隠しをつけて歩き、手に入れたものしか見ない。実のところ、収集本能と美を鑑賞する心とは相いれない。
(アン・モロー・リンドバーグ)


6. 自己の個性の発展をなしとげようと思うならば、同時に他人の個性も尊重しなければならない。
(夏目漱石)


7. ふるさとの空遠(とほ)みかも 高き屋(や)にひとりのぼりて 愁(うれ)ひて下(くだ)る
(石川啄木)



8. 悪いことそのものは悪くない。それを認めないことや、隠そうとすることが悪いことなのだ。
(内田久美子)


9. 曠野(あらの)ゆく汽車のごとくに、このなやみ、ときどき我の心を通る。
(石川啄木)


10. 心が切望する充実感を与えてくれるものがある。それは愛情を示すことによって、自分自身を超えて生きることである。
(ブラウニング)