名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
荒れ狂う海面の荒波も、大洋の底まで騒がすことはない。
広大でかつ永久的な視野で現実を眺めている人にとっては、個人的な絶え間のない浮沈は比較的無意味なものに見える。
従って、真に宗教心のある人は動揺せず、平静に満たされている。
そして時がどのような義務をもたらしても、静かな心構えができている。


[ 出典 ]
ウィリアム・ジェームズ
[ウィリアム、ジェイムズ、ジェイムス、ジェームス]
(19〜20世紀初頭・米国の哲学者、心理学者、1842〜1910)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 一人ひとりに天の使命があり、その天命を楽しんで生きることが、処世上の第一要件である。
(渋沢栄一)


2. 何かに一生懸命打ち込んでいると、それに響くものがある。それが出会いだと思う。
(小島直記)


3. もし時代が君にへつらうようならば、その時代を信じてはならない。


4. 何もやらずに敗北者になるか、やって失敗して敗北者になるか? 二者択一だったら後者だ。
(原田泳幸)



5. 汚いものを見て平気な人は美しいものを見ても何とも思わず、鈍感になる。
(鍵山秀三郎)


6. 誰もやりたがらない仕事には、しばしば大きなチャンスが隠れている。
(H・ジャクソン・ブラウンJr.)


7. 自分がやっていることを信じるのは自分しかいない、という状態がしばしばだ。周りの人は皆、なぜあきらめないんだ? うまく行かないことがわからないのか? と言うだろう。彼らが正しいのか自分が正しいのかに……
(ニクラス・ゼンストローム)



8. 第一に、いつでも美しい着物を着ているように。第二に、毎日、おいしい物を食べなさい。第三に、絶えず鏡をみなさい。
(ひろさちや)


9. 「忙しい」という言葉は、めんどうくさいと思っているときによく使う。
(白石公子)


10. 私は私自身の証人である。
(サン・テグジュペリ)