名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
その使命に対する抑え難い信念によって火がつけられた、決然とした人々からなる小さな団体は、歴史の流れを変えることができる。


[ 出典 ]
ガンジー
[マハトマ・ガンジー、マハトマ・ガンディー]
(19〜20世紀インドの独立指導者・政治指導者・宗教家、1869〜1948)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. “士別れて三日(みっか)まさに刮目(かつもく)して相待つべし”という古いことわざもある。このことわざが示す通り、三日会わないうちにお互いがすごい成長を遂げているというのは、孤独の時間の理想的な過ご……
(齋藤孝)


2. 敵など、気にしなさんな! 一笑に付したまえ! 相手にしないことです。敵は、君が悩み、君が悶えるのを見たくて、やっているのです。その思うつぼに入って、敵を喜ばしてはいけません! 楽しく、朗らかにして……
(ユーゴー)


3. よりそひて 深夜の雪の中に立つ 女の右手(めて)のあたたかさかな
(石川啄木)


4. 人生は歩く影にすぎない。
(シェイクスピア)



5. 裏切り者の中で最も危険な裏切り者は何かといえば、全ての人間が己自身の内部に隠しているところのものである。
(キルケゴール)


6. 政治に頼らないと生きていけない産業や企業は即刻、マーケットから出ていくべきです。そんな企業に税金を投入するより、その資金でもって人間を救うべきです。救うべきは企業ではなく、人なんです。
(糸瀬茂)


7. 日本人は素描をするのが速い、非常に速い、まるで稲妻のようだ、それは神経がこまかく、感覚が素直なためだ。
(ゴッホ)



8. 全世界を愛の陰謀に巻き込むこの季節(=クリスマス)は、幸いなるかな。
(ハミルトン・ライト・メイビー)


9. 歴史というお手本などは生きるためにはオソマツなお手本にすぎないもので、自分の心にきいてみるのが何よりのお手本なのである。
(坂口安吾)


10. 青年の俊才、恃(たの)むに足らず。
(吉田松陰)