名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
食事は体の栄養、本は心の栄養。


[ 出典 ]
作者不詳

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
食は体の栄養、本は心の栄養。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
食事

体の栄養
本は心の栄養

[ 類似名言・関連名言 ]


[ ランダム名言 ]
1.
金がふんだんにあるとき、それは男の世界である。金が乏しいとき、それは女の世界である。
(米国雑誌『レディーズ・ホーム・ジャーナル』)
2.
当初は疑わしく見えた人物のほうが、元々信頼していた人物よりも忠誠心があり、より役に立つということを知っておくべきである。
(マキャヴェリ)
3.
早く与えることは、二倍与えることだ。
(トルコの格言)
4.
善行の報いはその中にあり。
(格言)

5.
言葉と同じように、想像は十分つつしむべきなんだよ。想像をかりそめにも、怒りや悲しみや怖れはもちろん、憎しみや妬みや、さらに貪欲や、身のほどを忘れた不当、不正な希望というような、人生を泥塗るような汚……
(中村天風)
6.
金銭などという近視眼的な基準が、人生と生活の全局面を支配するなどということは許されざることである。
(ドラッカー)
7.
語られあるいは書かれる悲しい言葉の中で一番悲しい言葉。それは「こうだったかも知れないのに」という言葉だ。
(ホイッチャー)

8.
詩を書くことは、目の前の日々から思いがけない真髄を抽きだすということ。
(長田弘)
9.
言葉の軽率な者よりも、愚か者のほうが望みがある。
(ソロモン)
10.
愛の中には言葉よりも多くの沈黙がある。恋する男が恋人に語りかけるとき、恋人はその言葉よりも沈黙に聴き入っている。
(ピカート)