名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
(人がこの世に生まれるのは)何のためでもなく、
ただ、消え失せるためだ。


[ 出典 ]
長田弘[おさだ・ひろし]
(詩人、1939〜2015)
詩集『死者の贈り物』
詩「夜の森の道」

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
夜がきたら、森へゆく。
手に何も持たず、一人で、
感覚を、いっぱいにひらいて。
歌を、うたってはいけない。
ことばを、口にしてはいけない。
__ Link __

日の数で、数えてはいけない。
人生は、夜の数で数えるのだ。
__ Link __

あらゆる気配が、押しよせてくる。
ゆっくりと、見えないものが見えてくる。
森の中で、アオバズクが目を光らせて、
櫟(くぬぎ)の朽ち木に群がるオオクワガタを噛み殺す、
夏の夜。物語の長さだけ長い、冬の夜。
夜の青さのなかに、いのちあるものらの影が
黒い闇をつくって、浮かんでいる。
ものみなすべては、影だ。


遠くのあちこちで、点々と、
あかあかと燃えあがっている火が見える。
あれは、人のかたちに編んだ
木の枝の籠に、睡(ねむ)っている人を詰め、
その魂に火をつけて、燃やしているのだ。
信じないかもしれないが、ほんとうだ。


ひとの、人生とよばれるのは、
夜の火に、ひっそりとつつまれて、
そうやって、息を絶つまでの、
「私」という、神の小さな生き物の、
胸さわぐ、僅(わず)かばかりの、時間のことだ。
__ Link __

神は、ひとをまっすぐにつくったが、
ひとは、複雑な考え方をしたがるのだ。
__ Link __

切っ先のように、ひとの、
存在に突きつけられている、
不思議な空しさ。
__ Link __

何のためでもなく、
ただ、消え失せるためだ。
__ Link __

ひとは生きて、存在しなかったように消え失せる。
あたかもこの世に生まれでなかったように。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. 女は弱し、されど母は強し。
(ユーゴー)


2. 締め切りを守るためには、できるだけ次の予定を入れておくことも有効です。
(箱田忠昭)


3. (自分の)可能性の中には良い可能性もあれば、悪い可能性もあります。だから、まずその中からどの可能性を伸ばすのか自分で取捨選択しなきゃいけない。
(美輪明宏)


4. 負けることがいけないのではない。負けて、人間までダメになることがいけないのだ。
(中谷彰宏)



5. 繰りかえしをおそれて何ができるだろう。繰りかえしをちゃんとじぶんに引きうけることができるのでなければならない。
(長田弘)


6. 或る小説がそこに存在するおかげで、どれだけ多くの人々が告白を免れていることであろうか。
(三島由紀夫)


7. 願いがなかなかかなわないと、心が病気になるが、願いがかなえば、命の木を得たようになる。
(『旧約聖書』)



8. 人間追いつめられて はじめて本音を吐く その時どんな本音を吐くか それが大事
(相田みつを)


9. 私の盃は大きくはないが、私は、私の盃で飲む。
(ミュッセ)


10. おまえが何かを期待している相手は、おまえの何かを当てにしているのだ。
(アラブの格言)