名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
或る小説がそこに存在するおかげで、どれだけ多くの人々が告白を免れていることであろうか。


[ 出典 ]
三島由紀夫[みしま・ゆきお]
(昭和の作家・劇作家、1925〜1970)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 歴史が思想の現在としてでなく、現在をもたないただの過去のようでしかないことを思いださせる、毎夏の風景。
(長田弘)


2. すべての人が求めているかのような、「恋愛」ですが、本当は、誰もがしなければならないもの、ではありません。その人にとって興味がなければ、一生しなくても、まったくかまわないのです。
(叶恭子)


3. 来ない大チャンスを待ち、目の前にある本当のチャンスを見過ごしてしまっている人のいかに多いことか。
(おちまさと)


4. 成長することは26マイルのマラソンをするようなものである。24マイルであきらめたら、走り終わった時の気分は決してわからないだろう。
(作者不詳)



5. 真に創造的でありたいのだ。
(ジョン・コルトレーン)


6. 献身には猶予(ゆうよ)がゆるされない。人間の時々刻々が、献身でなければならぬ。
(太宰治)


7. 礼儀正しさとは他人行儀のことである。
(秋庭道博)



8. 成功のまさにその瞬間とは、群衆がそれとハッキリ分かる瞬間などではない。
(バーナード・ショー)


9. どんな分野の知識でも、それに熟達するには、隣接するものについて学ばねばならない。したがって何かを知るには、すべてを知らなければならないのだ。
(オリバー・ウェンデル・ホームズ)


10. 死とは 朝ムリして起きなくてもいいこと 心ゆくまで眠れること
(六浦基)