名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
(同情は)もとめ得られぬ恵みであればこそ、心からの感謝をささげて受け入れられるのである。


[ 出典 ]
九条武子[くじょう・たけこ]
(教育者、京都女子学園・京都女子大学設立者、歌人、社会運動活動家、仏教婦人会創設者、1887〜1928)
自著『無憂華』
「慈眼のまへに」

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
優勝劣敗の世間相は、断ちがたき因業(いんごう)のなやみを、あきらかに示している。


しかし世に敗れたるがゆえに世を呪い、甚(はなは)だしきはみずからの弱きを標榜して、他人の同情をもとめようとする行為は醜い。
__ Link __

同情はもとめるものではなく、また強いられるものでもない。
__ Link __

もとめ得られぬ恵みであればこそ、心からの感謝をささげて受け入れられるのである。
__ Link __

救いのめぐみにかくれて、つねに悪しきを重ねているのは悲しい。
私たちはほとけの慈悲に馴れて、ほとけを弄(もてあそ)んではならない。
みずからの弱い貧しさをかえりみると同時に、めぐまれた救いのよろこびを味わう。
弱き者こそ強くありたい。
__ Link __

あはれわれ生々世々の悪をしらず
慈眼のまへになにを甘ゆる


[ ランダム名言 ]

1. 仕事というものは、本来遂行するのに犠牲を伴わないのが理想である。働くことを楽しみつつ、希望に満ち満ちて、欣喜雀躍の中に成果をあげていくべものである。
(松下幸之助)


2. 星をつかもうと手を伸ばしてみよう。手に入れられないかもしれないが、手いっぱいの泥をつかむことはない。
(『リーダーズ・ダイジェスト』)


3. 愛国者──政治家には馬鹿みたいにだまされ、征服者には手もなく利用される人間。
(ビアス)


4. 真実を語るのは実に難しい。青年でそれをできる者はまれである。
(トルストイ)



5. 人の意見をよく聞きたださないで同意する者は危ない。
(小早川隆景)


6. まず自分自身を最大限に発揮することを考えなさい。そしてそうなることを確信しなさい。具体的には、就寝前にそうなることを自己暗示してから眠ることです。この習慣を身につければ、遠からずあなたは天職に出会……
(ジョセフ・マーフィー)


7. 競技の勝敗に平均値は無価値である。



8. 若い人は高尚な理想を持たなければならない。そしてそれを行う勇気がなければならない。
(大隈重信)


9. 砂浜は歩きづらいが、振り返ると波うちぎわに自分の足跡が……自分だけの足跡が……一つ一つ残っている。アスファルトの道は歩きやすいが、そこに足跡など残りはしない。
(遠藤周作)


10. そこいらじゅうに幸せがあるので、何か手を打って止めなければならない。
(D・パーカー)