名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
河や海が数知れぬ渓流の注ぐところとなるのは、身を低きに置くからである。
その故に、河や海はもろもろの渓流に君臨することができる。


[ 出典 ]
老子[ろうし]
(中国春秋時代の思想家、前5世紀頃)
『老子』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


君臨
老子の名言

[ 全文・続き ]
〈全文〉
河や海が数知れぬ渓流の注ぐところとなるのは、身を低きに置くからである。
その故に、河や海はもろもろの渓流に君臨することができる。
__ Link __

同様に、賢者は、人の上に立たんと欲すれば、人の下に身を置き、人の前に立たんと欲すれば、人の後ろに身を置く。
かくして、賢者は人の上に立てども、人はその重みを感じることなく、人の前に立てども、人の心は傷つくことがない。
__ Link __

[ 類似名言・関連名言 ]


[ ランダム名言 ]

1. 明日の立派な覚悟より、きょうの、つたない献身が、いま必要であります。
(太宰治)


2. 復讐ほど高価で不毛なものはない。
(チャーチル)


3. 本当に心が積極的になりゃ、現在感じている煩悶や苦痛なんていうものは、まったく朝日の前の霜のように消えちまう。なぜかといえば、生命運営の一切の根本中枢が心なんだ。
(中村天風)


4. 平和のために支払うには、大きすぎる代償というものがある。それは一言で表現できる。人は、「自尊心」という代償を払うわけにはいかないのである。
(ウッドロウ・ウィルソン)



5. もっと軽い荷物にして欲しい、と祈ってはならない。もっと強い背中にして欲しい、と祈りなさい。
(セオドア・ルーズベルト)


6. だいたい、銀行や証券のような政府の保護を受けている業種が、高給で学生を釣るのは問題ですよ。
(川上哲郎)


7. 若い連中がまねしてやろうという根性になってはだめ。自分の仕事の力になるように受け止めないと。
(三輪寿雪)



8. 人間を他の動物から区別している最大の特徴は「考える」ことにありますが、考えるとは「言語によって抽象化する作業」と言い直すこともできます。
(佐藤富雄)


9. 結果にとらわれれば、変化を逸する。変化に集中すれば、結果が得られる。
(ジャック・ディクソン)


10. 人間には、幸福のほかに、それとまったく同じだけの不幸がつねに必要である。
(ドストエフスキー)