名言ナビ



[ 名言 ]
兵戦ははやりすぎて勇むを貴ばず、静まりて堪(こら)えるを貴ぶ。
敵に勝つ道は堪(こら)え忍ぶにあり。
先に動く者は負け、後に起こる者は勝つ。
忍ぶはまことに一字千金の兵法なり。

[ 出典 ]
貝原益軒[かいばら・えきけん]
(江戸時代の儒学者、1630〜1714)

ページ内メニュー

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
兵戦
はやる
勇む
静まる
こらえる
貴ぶ
敵に勝つ
耐え忍ぶ
先に動く
負ける

勝つ
忍ぶ
一字千金
兵法
貝原益軒の名言

[ 全文・続き ]
〈全文〉
軍法は畏(おそ)るるをもって本とすべし、畏るるとは暴勇を慎んで用心するをいうものなり。
臆病にはあらず。
__ Link __

(一)兵戦ははやりすぎて勇むを貴ばず、静まりて堪(こら)えるを貴ぶ。
敵に勝つ道は堪(こら)え忍ぶにあり。
先に動く者は負け、後に起こる者は勝つ。
忍ぶはまことに一字千金の兵法なり。
__ Link __

(二)勇者は外を焦らず良く定まってのち応ず。
外に気を動かして軽々しく躁(さわ)がしきは、内に敵に応ずべき根(こん)なし。
人に勝ち難し。
__ Link __

(三)敵と戦うに勝ちすぎては、敵とって返して強く戦うものなれば、初めの勝ちにて早くやめるが後に禍(わざわい)なし。
大いに勝たず、また大いに負くる事なし。
これ良将の兵法なり。
__ Link __


[ ランダム名言 ]
1.
背表紙やカバーの方が内容よりもずっと良い本がある。
(ディケンズ)
2.
夢がたとえ叶わなくても、そこに努力する道のりこそが、夢。
3.
つきあいには親切心が無くてはならぬ。ただし、それには限度が必要である。度を超えれば、親切心は屈従となる。少なくとも物事にこだわらない親切心が必要である。
(ラ・ロシュフコー)
4.
幼にして謙遜なれ。弱にして温和なれ。壮にして公正なれ。老いては慎重なれ。
(ソクラテス)

5.
俺は名誉なんかほしくない。名誉は葬式の紋章にすぎない。
(シェイクスピア)
6.
企業の目的と使命を定義するうえで、顧客は誰かの問いこそ、最初に考えるべき最も重要な問いである。
(ドラッカー)
7.
歴史はうわさを蒸留したものである。
(カーライル)

8.
我々の最悪の不徳は、我々のいちばん幼い時代の癖から始まり、我々の主要な教育は乳母の手中にある。
(モンテーニュ)
9.
理想はひとり青年の夢想ではなく、また単なる抽象的観念でもなく、われわれの生活を貫いて、いかなる日常の行動にも必ず現実の力となって働くものである。
(南原繁)
10.
自分の心に強く訴えかける言葉を絶えず目にしていると、それは暗示となって、あなたの潜在意識に刻印され、やがてその言葉の内容は、現実の世界に立ち現れてくるようになります。
(ジョセフ・マーフィー)