名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
親切があなたの表情に、まなざしに、ほほえみに、温かく声をかける言葉にあらわれるように、子供にも貧しい人にも、苦しんでいる孤独な人すべてに、いつでも喜びにあふれた笑顔を向けなさい。


[ 出典 ]
マザー・テレサ
(インドの修道女、「死を待つ人々の家」創立者、ノーベル平和賞受賞、1910〜1997)
『マザーテレサあふれる愛』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
親切で慈しみ深くありなさい。
あなたに出会った人がだれでも、前よりももっと気持ちよく、明るくなって帰れるようになさい。
__ Link __

親切があなたの表情に、まなざしに、ほほえみに、温かく声をかける言葉にあらわれるように、子供にも貧しい人にも、苦しんでいる孤独な人すべてに、いつでも喜びにあふれた笑顔を向けなさい。
__ Link __

世話をするだけでなく、あなたの心を与えなさい。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. 名声の後には忘却あるのみ。
(アウレリウス)


2. 空しさを感ずるのは、あなたが創造的な人生を送っていない証拠である。重要な目標を持っていないか、または、重要な目標に向かって自分の才能や努力を十分に活用していないかのどちらかだ。
(マクスウェル・マルツ)


3. (世の中に)自分の極限まで力を使ったことのある人はほとんどいない。それどころか、ここまでやったがこれ以上やったら限界を超えて倒れてしまうだろうと思い込んでいる。
(堀場雅夫)


4. 幸運のクッションに座っている間は、人は眠りこけてしまう。こづかれ、責められ、打ち負かされ、苦しめられているときには、人は何かを学ぶ好機を与えられている。
(エマーソン)



5. 自らの在り方を深く悲しむという心がないとき人間関係が失われるのです。
(宮城)


6. 放浪と旅の違い、分かりますか? 目的があるかないかです。(中略)私の考える旅の定義をもう一つ。帰る所があるということです。
(映画『あなたへ』)


7. あれは地主と言って、自分もまた労働しているとしじゅう弁明ばかりしている小胆者だが、おれはあのお姿を見ると、鼻筋づたいに虱(しらみ)が這って歩いているようなもどかしさを覚える。
(太宰治)



8. 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。
(マザー・テレサ)


9. 充実した人生を送る秘訣は、他の事をする時間が全くなくなってしまうくらい熱中できるものを見つけて、それにひたすら打ち込むことである。
(ながれおとや)


10. 他人のあいだで、はじめて一人のわたしは一人のわたしなんで、他人の存在が一人のわたしの存在の条件なんです。わたしたちは、知らない他人によって、たがいに活かされてる。
(長田弘)