名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
多くの愚者は自分に飽き、嫌になることによって悩む。


[ 出典 ]
セネカ
[ルキウス・アンナエウス・セネカ]
(1世紀・古代ローマの政治家・哲学者・思想家・詩人、前4頃〜紀元65)
『書簡集』

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
多くの愚者は自らの倦厭(けんえん)を感ずることによりて悩む。

[ 補足 ]
※倦厭(けんえん)=あきていやになること

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. あんまり自分を批判しないということも、アイデアを次々に出すコツだ。(自分は)反省ということもあまりしないほうだ。何かうまくいかないことがあっても、引きずらずに、すぐ忘れてしまう。
(小山薫堂)


2. 誠実でなければ、人を動かすことはできない。人を感動させるには、自分が心の底から感動しなければならない。自分が涙を流さなければ、人の涙を誘うことはできない。自分が信じなければ、人を信じさせることはで……
(チャーチル)


3. 富を軽蔑する、という人間をあまり信じるな。富を得ることに絶望した者が富を軽蔑するのだ。そして、こういう人間がたまたま富を得ると、何よりも始末が悪い。
(フランシス・ベーコン)


4. 成果をあげる者は、時間が制約要因であることを知っている。あらゆるプロセスにおいて、成果の限界を規定するものは最も欠乏した資源である。それが時間である。
(ドラッカー)



5. 先生になる人には、いろいろな価値観を受け入れる受容度の高さ、つまり違いを受け入れるということを考えてほしい。
(大塚敦子)


6. 人民の意志が、どのような政府にとっても正当な基盤であり、人民の表現の自由を守ることが私たちの一番の目的とすべきだ。
(ジェファーソン)


7. 人間は永遠の不正に対して闘うために正義を肯定すべきであり、世界の不幸に対して抗議するために幸福を創造すべきである。
(カミュ)



8. たがが努力じゃないですか。努力すればできるんですよ。じゃあ、努力すればいいじゃないですか。
(YOSHIKI)


9. たとえ、問題がすっかり解決しなかったとしても、じっと考える時間を持ったということは、後で思い出すたびに意味があったことがわかります。
(大江健三郎)


10. うまく行かなかったら、「世の中がまだ、オレに追いついていないんだ」と悠々とかまえていればいい。
(中谷彰宏)