名言ナビ



[ 名言 ]
文学者の内面はサンタンたる泥沼であって、そんな醜いものを人目にさらすべきではない。

[ 出典 ]
三島由紀夫[みしま・ゆきお]
(昭和の作家・劇作家、1925〜1970)
「無題(フシギな男三島由紀夫)」
雑誌『平凡パンチ』(昭和41年8月1日)

ページ内メニュー

[ 関連キーワード ]

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
人間は、自分の内面を包むのに、礼儀正しくなければならない。
__ Link __

文学者の内面はサンタンたる泥沼であって、そんな醜いものを人目にさらすべきではない。
__ Link __

外形さえ健康な力に充ちていれば、それがすなわち「礼儀正しい私」の姿である。
__ Link __

大体、健康であることより以上に大切なのは、健康に見えることである。
__ Link __


[ ランダム名言 ]
1.

2.

3.

4.


5.

6.

7.

8.

9.

10.