名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
料理は、おなかに一杯になればいいというものでは無い。
さらに、料理の本当のうれしさは、多量少量にあるのでは勿論(もちろん)なく、また、うまい、まずいにあるものでさえ無いのである。
料理人の「心づくし」それが、うれしいのである。
心のこもった料理、思い当るだろう。
おいしいだろう。
それだけでいいのである。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『如是我聞』(にょぜがもん)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈原文全文〉
一人の外国文学者が、私の「父」という短篇を評して、(まことに面白く読めたが、翌(あく)る朝になったら何も残らぬ)と言ったという。
このひとの求めているものは、宿酔(ふつかよい)である。
そのときに面白く読めたという、それが即ち幸福感である。
その幸福感を、翌る朝まで持ちこたえなければたまらぬという貪婪(どんらん)、淫乱、剛の者、これもまた大馬鹿先生の一人であった。
(中略)宿酔がなければ満足しないという状態は、それこそほんものの「不健康」である。
__ Link __

君たちは、どうしてそんなに、恥も外聞もなく、ただ、ものをほしがるのだろう。
__ Link __

文学に於(おい)て、最も大事なものは、「心づくし」というものである。
__ Link __

「心づくし」といっても君たちにはわからないかも知れぬ。
しかし、「親切」といってしまえば、身もふたも無い。
心趣(こころばえ)。
心意気。
心遣い。
そう言っても、まだぴったりしない。
つまり、「心づくし」なのである。
作者のその「心づくし」が読者に通じたとき、文学の永遠性とか、或(ある)いは文学のありがたさとか、うれしさとか、そういったようなものが始めて成立するのであると思う。
__ Link __

料理は、おなかに一杯になればいいというものでは無いということは、先月も言ったように思うけれども、さらに、料理の本当のうれしさは、多量少量にあるのでは勿論(もちろん)なく、また、うまい、まずいにあるものでさえ無いのである。
料理人の「心づくし」それが、うれしいのである。
心のこもった料理、思い当るだろう。
おいしいだろう。
それだけでいいのである。
__ Link __

(文学・芸術・料理に)宿酔(ふつかよい)(=翌朝までの余韻)を求める気持は、下等である。
やめたほうがよい。
__ Link __


[ ランダム名言 ]
1.
状況? 何が状況だ。俺が状況を作るのだ。環境? 環境がどうしたというのだ。環境とは自分で作り出すものではないか。
(ナポレオン・ボナパルト)
2.
残りの人生で、あなたは何をやりますか? 何をやり残したら、後悔するでしょうか?
(本田健)
3.
神があなたの味方であるなら、だれがあなたを傷つけられようか?
(ジョセフ・マーフィー)
4.
孔雀は踊るべき時には踊ります。闘うべき時には闘います。常に踊っているわけではありません。
(アウンサン・スーチー)

5.
馬子(まご)にも衣装
(日本のことわざ)
6.
見る。ただそれだけだ。花を見ることは、花たちと話すことだった。
(長田弘)
7.
手軽なことだ、災難を身に受けない者が、ひどい目にあってる者らに、あれこれと忠告するのは。
(アイスキュロス)

8.
電話は非常なほどありありと、その時々のその人の心の状態を暴露する。
(森瑤子)
9.
人生に落ち込みや悲しみはつきもの。立ち止まってもため息をついてもいいのだ。
(香山リカ)
10.
健全なればこそ、良心は悪意に、また闇の誹謗に打ち勝つことができるのだ。
(プーシキン)