名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
花も草も虫も、ライオンも、皆、意味なしに、生きてるんでないでしょうか。
そして、死ぬとき、枯れるときが来たら、枯れ、死に―。


[ 出典 ]
木村無相[きむら・むそう]
(念仏詩人、1904〜1984)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
お手紙の「人はなんで生きるのやろ」、これについては、ギリギリのところでは、ムー(無相)にはわからんのですよ。
ムーには本当は、生きてるから生きてるので、別に意味は考えられない、わからないというほかないんですよ。
__ Link __

たよりないことですが、花も草も虫も、ライオンも、皆、意味なしに、生きてるんでないでしょうか。
そして、死ぬとき、枯れるときが来たら、枯れ、死に―。
まことにたよりない話ですが。
__ Link __


[ ランダム名言 ]
1.
人の心を傷付けないというのは礼儀の基本であるが、私たち全て、他人にはわからない最も傷つきやすい、そこに触れられる事を最も恐れる弱点を心の中に持っている。
(河盛好蔵)
2.
チームを作ったり、コンビで何かやるときは、遠慮したり、内にこもらず、面白くぶつかりあうことが大事だね。ぶつかりあうことが面白いと思ってお互いをぶつけあう。そうすれば、逆に生きてくる。
(岡本太郎)
3.
結婚生活のいざこざは、どの女も内心は母親でいるのに、男はみんな独身者の気でいるから起こるのだ。
(エドワード・ルーカス)
4.
優れた才能の持ち主はいつも同じところに留まっていると、だめになります。
(モーツァルト)

5.
運がいい人も、運が悪い人もいない。運がいいと思う人と、運が悪いと思う人がいるだけだ。
(中谷彰宏)
6.
「他人と過去は変えられない」といいますが、相手にあれこれ望むことがムリならば、自分が変わればいいのです。自分が合わせてあげればいいのです。
(中村文昭)
7.
何事も、思っているより時間がかかる。
(「マーフィーの法則」)

8.
もしあなたが、過失を擁護する態度をとるだけであれば、進歩の望みはないだろう。
(チャーチル)
9.
あれかこれかという二分法の思考でことを簡単にすることは、どんなにたやすくとも、たやすいぶんだけ、言葉をうそハッタリにしてしまう。
(長田弘)
10.
わたしの まちがいだった わたしのまちがいだった こうして 草にすわれば それがわかる
(八木重吉)