名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
わたしにとって、詩は賦(ふ)である。
賦は「対象に対して詩的表現をもってこれを描写し、はたらきかけるもので、そのことがまた、そのまま言霊(ことだま)的なはたらきをよび起すという古代の言語観にもとづくものである。
 その表現の方法を賦といい、そのような表現方法による文辞(ぶんじ=文章の言葉)を賦という」(白川静『字統』)。


[ 出典 ]
長田弘[おさだ・ひろし]
(詩人、1939〜2015)
詩集『世界は一冊の本』
あとがき

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈抜粋文全文〉
わたしにとって、詩は賦(ふ)である。
__ Link __

生きられた人生の、書かれざる哲学を書くこと。
__ Link __

賦は「対象に対して詩的表現をもってこれを描写し、はたらきかけるもので、そのことがまた、そのまま言霊(ことだま)的なはたらきをよび起すという古代の言語観にもとづくものである。
 その表現の方法を賦といい、そのような表現方法による文辞(ぶんじ=文章の言葉)を賦という」(白川静『字統』)。


[ ランダム名言 ]
1.
真面目とはね、君、真剣勝負の意味だよ。
(夏目漱石)
2.
雲の向こう側は、いつも青空だ。
(ルイーザ・メイ・オルコット)
3.
たいていの者は他人が時間を浪費している間に先へ進む。これは私が長年、この眼で見てきたことである。
(ヘンリー・フォード)
4.
結婚生活において愛が長続きするのは、物語であることを要する。つまり、最初のみずみずしい感動に血と肉を与えることが必要である。
(シャルドンヌ)

5.
何という世の中だ。狂人が恥を知れと叫ばねばならんとは!
(タルコフスキー)
6.
経済学を学ぶのは、経済学者にだまされないためである。
(ジョーン・ロビンソン)
7.
紺屋(こうや)の白袴(しろばかま)
(日本のことわざ)

8.
大切なことは、あなたがどこにいたとか、どこにいるかということではなくて、どこへ行こうとしているかということである。
(ダビッド・J・シュワルツ)
9.
どんなに沢山の高尚な言葉を読んだとしても、どんなに沢山の言葉を話したとしても、それにのっとった行動をしなかったら、何の役に立つのだろうか。
(『法句経』)
10.
大切なのはどの本、どんな経験を持つべきかではなく、それらの本や経験のなかに自分自身の何を注ぎ込むかだ。
(ヘンリー・ミラー)