名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
戦争は戦争のために戦われるのでありまして、平和のための戦争などとはかつて一度もあったことはありません。


[ 出典 ]
内村鑑三[うちむら・かんぞう]
(明治〜大正のキリスト教思想家・作家、1861〜1930)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. どんなに慣れても決して狎(な)れてはいけない。
(中村天風)


2. 心に貪(むさぼ)りなき時は、人に諂(へつら)ふことなし。
(上杉謙信)


3. 猫は絶対的な正直さを持っている。
(ヘミングウェイ)


4. 人は集団のために貢献することで自分がその一員であるということを実感するものだ。
(ヘーゼルデン財団)



5. 失敗が心配なら成功に注意を向けなさい。病気が心配なら完全なる健康について考えなさい。破壊への恐怖があるなら建設の計画を立てなさい。これが置換の大法則です。
(ジョセフ・マーフィー)


6. 自分の結婚生活が“不幸”なものになった遠因には、自分の配偶者へのかかわり方も関係しているのではないか。
(香山リカ)


7. ままならぬでも平気でいること、うまくいっても平気でいること。無事に馴れるべからず、頭から恐れるべからず。
(洪応明)



8. 禁断の甘き匂いは、禁断を犯さないかぎりかぐことはできない。
(塩野七生)


9. 我々は社交に別れを告げ、離れて住もうと志を立てた。なぜなら、孤独の裡(うち)にいるほうが安心できるからである。
(サアディー)


10. 夏のお洗濯は、女の仕事のうちで、一ばん楽しいものだそうである。
(太宰治)