名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
人生は一冊の書物に似ている。
愚かな人間はパラパラとそれをめくっていくが、賢い人間は丹念にそれを読む。
なぜなら、彼はただ一度しかそれを読むことが出来ないのを知っているからだ。


[ 出典 ]
ジャン・パウル
[ヨハン・パウル・フリードリヒ・リヒター]
(18〜19世紀ドイツの小説家、1763〜1825)
『角笛と横笛』

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
人生は一冊の書物に似ている。
愚か者はそれをペラペラとめくってゆくが、賢い者は念入りにそれを読む。
なぜなら、 彼はただ一度しかそれを読むことが出来ないことを知っているからだ。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]
1.
どうすれば戦わずして勝ちうるか、奇計異術では出来ない。誠をもって押してゆく以外にない。
(司馬遼太郎)
2.
他人を統率していくときには、才能よりも、礼儀正しさのほうがはるかに強烈な影響力を与える。
(スマイルズ)
3.
音楽は、あらゆる知恵や哲学よりも高度の啓示である。
(ベートーヴェン)
4.
何をなすべきかを語る言葉は、果敢な言葉。しばしば戦端をひらいてきた言葉です。何をなすべきでないかを語る言葉は、留保の言葉。戦争の終わりにつねにのこされてきた言葉です。
(長田弘)

5.
人生を難しくとることはやさしい。人生をやさしくとることは難しい。
(エーリッヒ・ケストナー)
6.
長い間、海岸を見失うだけの覚悟がなければ、新大陸を発見することは出来ない。
(ジッド)
7.
モノ、カネを失えば 少し失う。信頼を失えば 大きく失う。勇気を失えば すべてを失う。
(作者不詳)

8.
自分は大切な存在である──これこそ、すべての人が全生涯かけて確認したいものです。人は何のために働き、生きているのかといえば、結局は自分が大切な存在であることを確かめるためです。
(作者不詳)
9.
本当の経営者は、来年、再来年に何をやるかというときに、だんだん広げていくのじゃなしに、だんだん狭めていく。そこに集中するために、いらんことはやめていく。そうでなければ集中できない。
(井深大)
10.
自分が傷ついたものすべてが、悪いものとは限らない。
(作者不詳)