名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
希望が逃げていっても、勇気を逃がすな。
希望はしばしば我々をあざむくが、勇気は力の息吹である。


[ 出典 ]
フリードリッヒ・ブーテルベーク
[ブーテルヴェク]
(ドイツの哲学者)

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
希望が逃げていっても、勇気を逃がしてはいけない!
希望はしばしばわれらをあざむくが、勇気は力の息吹である。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 身近な人のご恩がわからなければ、真のしあわせにはめぐりあえない。
(東井義雄)


2. 我々は自分に問いかける。自分ごときが賢く、美しく、才能にあふれた素晴らしい人物であろうはずがないではないか? だが、そうあってはなぜいけない? あなたは神の子である。
(ネルソン・マンデラ)


3. たとえ実力はあっても、勝ちを相手にゆずる度量のある人のところへ、好意や人望は集まる。
(植西聰)


4. 魚はより深き所を求め、人間は、より良き所を求める。しかしながら、人間は時によって、其処(そこ)がより良くはなくして、より悪く、極めて悪い所であるのに十分気づきながら、より深い所を求めることがある。
(シェストフ)



5. 時代は変わっても、人間を磨くのは目的に挑戦する苦労だということは変わりません。今の人も苦労はしているが、それは物欲を満たす苦労で、自分独特、独創の苦労ではない。
(升田幸三)


6. 「人生は旅であり、一瞬一瞬を大切にしなければならない」という考えに立って、毎日一度は(何かを)楽しむように心がける。
(ボブ・モワッド)


7. さあ! 世の中へ出てミステイクをやってきたまえ! でもそれでいいんだ。君のミスだからさ。君自身のミスでなければならない。君の音楽で何かを言ってきたまえ。何でもいいのさ、「これが君だ」という何かをね。
(ヴラジーミル・ホロヴィッツ)



8. どうして本を読むのか。それは、物事を「相対的」に見るために必要だから。読書によって、自分を客観視する脳が鍛えられる。さまざまな事例やさまざまな人の心を読書によって感じとれるようになり、意識的か無意……
(斎藤茂太)


9. 人は他人から、どう言われた時が一番嬉しいか? それは「あなたのことを信用している」と言われた時である。この言葉の前には、どんなほめ言葉も通用しない。
(植西聰)


10. もっとも危険なことは、敗北よりもむしろ自分の敗北を認めるのを恐れることであり、その敗北から何も学ばない事である。
(レーニン)