名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
なにごとにも人にぬきんでようとすることはいい。
けれどもな、人の一生はながいものだ。
一足跳びに山の頂点へあがるのも、一歩、一歩としっかり登ってゆくのも、結局は同じことになるんだ。


[ 出典 ]
山本周五郎[やまもと・しゅうごろう]
(大正・昭和の小説家、1903〜1967)
『ながい坂』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
なにごとにも人にぬきんでようとすることはいい。
けれどもな、人の一生はながいものだ。
一足跳びに山の頂点へあがるのも、一歩、一歩としっかり登ってゆくのも、結局は同じことになるんだ。
__ Link __

一足跳びにあがるより、一歩ずつ登るほうが途中の草木や泉や、いろいろな風物を見ることができるし、それよりも、一歩、一歩を慥(たし)かめてきた、という自信をつかむことのほうが強い力になるものだ。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. 女は異国の土地である。どんなに若いころ移住したとしても、男はついにその慣習、その政治、その言語を理解しないだろう。
(パットモア)


2. 強敵は自分自身だ。
(アベベ)


3. 天の一角からひらめく光のように、潜在意識は努力する者に正解を授ける。
(ジョセフ・マーフィー)


4. 他人を指導して欠点を直してやり、良い方向に導いてやろうと思うなら、まずあなた自身から始めてはどうか。まったく自己本位に考えれば、そのほうがはるかに利益がある。その上、危険もはるかに少ない。
(デール・カーネギー)



5. すべての定義が失敗するほど、人間は幅広く、多岐多様なものである。
(マックス・シェーラー)


6. 沈黙は、尊厳荘重の態度であるのみならず、しばしば有利で周到な態度である。
(メナンドロス)


7. 休養は万物の旻天(びんてん)から要求して然るべき権利である。
(夏目漱石)



8. 仕事を遺漏(いろう)なくやるのは当然ですが、仕事は面白くあるべきで、和気あいあいと楽しくやるべきだと考えています。
(米ファースト・フェデラル社の社員心得の巻頭)


9. 女性が美しいから愛するのではない。あなたが愛するからその女性が美しくなるのだ。
(海外の名言)


10. 悪いと思っていた人が、だんだん善くなって来るのを見る事ほど楽しいことはありません。
(太宰治)