名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
傑作意識を捨てなければならぬ。
傑作意識というものは、かならず昔のお手本の幻影に迷わされているものである。
だからいつまで経っても、古いのである。
まるで、それこそ、筋書どおりじゃないか。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『芸術ぎらい』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
傑作意識を捨てなければならぬ。
傑作意識というものは、かならず昔のお手本の幻影に迷わされているものである。
だからいつまで経っても、古いのである。
まるで、それこそ、筋書どおりじゃないか。
__ Link __

あまりに、ものほしげで、閉口した。


「芸術的」陶酔(とうすい)をやめなければならぬ。
__ Link __

(映画「無法松の一生」は)始めから終りまで「優秀場面」の連続で、そうして全体が、ぐんなりしている。
「重慶から来た男」のほうは、これとは、まるで反対であった。
およそ「芸術的」でない。
優秀場面なんて一つもない。
ひどく皆うろたえて走り廻っている。
けれども私には、これが非常に面白かった。
決して「傑作」ではない。
傑作だの何だのそんな事、まるで忘れて走り廻っている。
日本の映画は、進歩したと私はそれを見て思った。
こんな映画だったら、半日をつぶしても見に行きたいと思った。


昔の傑作をお手本にして作った映画ではないのである。
表現したい現実をムキになって追いかけているのである。
そのムキなところが、新鮮なのである。
__ Link __

書生劇みたいな粗雑なところもある。
学芸会みたいな稚拙なところもある。
けれども、なんだか、ムキである。
あの映画には、いままでの日本の映画に無かった清潔な新しさがあった。


いやらしい「芸術的」な装飾をつい失念したから、かえって成功しちゃったのだ。
__ Link __

重ねて言う。
映画は、「芸術」であってはならぬ。
__ Link __

私はまじめに言っているのである。


[ ランダム名言 ]

1. 自分がどこへ向かってるのか見ることの出来るのが昼です。ベッドに横たわって心配することの出来るのが夜です。
(漫画『スヌーピー』)


2. 自分に満足した人は天狗になり発展が止まる。自分に満足できないから向上心が生まれるのです。「まだ足りぬ、踊り踊りてあの世まで」という、ある名優の言葉もあるのです。
(美輪明宏)


3. 頭を使え、正しい努力をしろ。
(野村克也)


4. 真理にみちた精神を持っている人には、世人の変わり易い評判がつきまといますが、それは大西洋の波が、月の引力にひかれて高まるのに似ています。
(エマーソン)



5. 現代は演出の時代である。単に事実を述べるだけでは十分ではない。事実に動きを与え、興味を添えて演出しなければならない。興行的な手法を用いる必要がある。映画、ラジオ、テレビなど、みなこの手法を使ってい……
(デール・カーネギー)


6. 感受力というのは、だれかに教えられて育つというものではなくて、自分で、自分の心の器に水を入れてやってしか育たない、そういうものです。
(長田弘)


7. 口先で信じていると公言しているものが重要なのではありません。重要なのは、あなたがあなたの心の奥底で本当に信じているものです。
(ジョセフ・マーフィー)



8. 破壊し、革命を起こそうとするなら、彼らは徳をもっていなければならない。
(江藤淳)


9. 思考という要素を含まなければ、経験は意味を持ち得ない。
(デューイ)


10. 快適な気分にひたれる空間をあなた自身の手でつくりだしていきなさい。そうすることによって、あなたは幸運をひきつけることになります。
(ジョセフ・マーフィー)