名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
金がいらぬという男は怖ろしい。
名誉がいらぬという男も怖ろしい。
無私、無欲、滅私奉公などという人間にいたっては、ぼくは逸早(いちはや)くおぞ気をふるって、厳重な警戒を怠らぬようにしてきている。
いいかえれば、この種の人間は何をしでかすかわからぬからである。


[ 出典 ]
中野好夫[なかの・よしお]
(英文学者、評論家、1903〜1985)
『悪人礼賛』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
金がいらぬという男は怖ろしい。
名誉がいらぬという男も怖ろしい。
無私、無欲、滅私奉公などという人間にいたっては、ぼくは逸早(いちはや)くおぞ気をふるって、厳重な警戒を怠らぬようにしてきている。
いいかえれば、この種の人間は何をしでかすかわからぬからである。
しかも情けないことに、そうした警戒をしておいて、後になってよかったと思うことはあっても、後悔したなどということは一度もない。


[ ランダム名言 ]

1. 春の掃除は心理的な意味合いのものにもなる。頭のクロゼットにたまった感情的なゴミと向き合うための休憩時間だ。内省のために一息入れ、普通人のストレスの多い普通の生活を途中で修正するときだ。
(アビゲイル・トラフォード)


2. 与えっぱなしで、見返りなど求めない、その気持ち。それこそが、本当の愛。
(美輪明宏)


3. 心からなる愛は、与える場合に最も豊かであり、犠牲を云々するときには、それだけでもう真の愛ではなくなる。
(ガイベル)


4. みんなで働いて、みんなで食べて、許しあい、愛しあい、悦びあって生きてゆく。それでいい。十分だ。人生は理論ではない。悦びの門には、いつでも誰でもはいられる。
(後藤静香)



5. お前が満足な心を持つならば、金を十分に享受し得る。
(プラウトゥス)


6. 空っていいですよね。そこにあることを誰にも感謝されなくても、そこにあり続ける。
(ドラマ『働きマン』)


7. 芸術作品は自分以外のいかなるものとも無関係である。
(アラン・ロブ=グリエ)



8. ビジネスの唯一の目的は、顧客を見つけ、手放さないことである。
(マーク・V・ハンセン)


9. 消しゴムが丸くなるごと苦労して きっと優しくなってゆくのだ
(萩原慎一郎)


10. 気分のいい時だけ筆を持つかというと、そうじゃない。憂鬱な日は憂鬱な時にしか描けない絵を描きたいのね。楽しいときだけ、というのは趣味ですよ。
(篠田桃紅)