名言ナビ


名言ナビ名言データベース

キーワード

関連メニュー(大分類)
→ 【 男/男性


1. 男たるもの、大きな志をもち、それに向かって邁進(まいしん)せよ。


2. この世で何かまともなことをしたいと思っている男には、ガールハントのような、時間も金もかかる狩りをなしとげる余裕なんかな…


3. 女との別れぎわほど男の本性がハッキリと出るものはない。冷たい男は冷たい別れ方をする。物質万能の男は札束で頬をはるような…


4. 女には、どうしてもわからないテーマが一つある。男は仕事に注ぐだけの情熱をなぜ家庭に注げないのか、ということだ。


5. 男はきまって女の最初の恋人になりたがる。これは男の無粋な虚栄だ。女にはもっと繊細な本能がある。女の望み、それは男の最後…


6. 男というものは、我が家から離れている時が、いちばん陽気なものだ。


7. 男は建設すべきものも、破壊すべきものもなくなると、非常に不幸を感じるものである。


8. 男が家庭を持ちたいってのは、思い切り阿呆になれる場所がほしいからだ。


9. 猫も当然男の親友になれるが、猫はそれを認めてはくれない。


10. 男がもっとも情を込めて愛している女は、必ずしも一番愛したいと思っている女ではない。



11. 女が男の友達になる順序は決まっている。まず最初が親友、次が恋人、最後にやっとただの友だちになるということだ。


12. 男の過去が勲章とは限りません、あまり聞き出さない方がいいですよ。


13. どんな男であれ、女の怪しい美しさには抵抗できない。


14. 女の言うことはくだらない。が、それを聞かない男は正気ではない。


15. 一歩一歩這い上がるのは冒険家ではなくて、幸福を追っかけている男のすることだ。


16. 男はどんな女とも幸福にやっていくことができる。その女を愛さない限りは。


17. 恋人として男と女とが違う点は、女は一日中恋愛をしていられるが、男はときどきしかできないということである。


18. 自分自身を支配できる者が男だ。


19. 復讐と恋愛においては、女は男よりも野蛮である。


20. 些細なことでは男が女に譲歩し、大きなことでは男が頑張ってほしい、と女は男に望むものである。



21. 女がいなかったら、男は荒々しく粗野で孤独であろう。そして優雅というものを知らないであろう。


22. 女性の直感は、しばしば男性の高慢な知識の自負をしのぐ。


23. あなたは女だ。だからこの世の中に愛ほど美しいものはないと思うに違いない。しかし、私は男だ。いくらでもかわりの女を見つけ…


24. 男の一番の財産は、共感してくれる妻である。


25. 女から見て男の最大の難点は彼らが男であることだ。男から見て女の唯一の値打ちは、彼女たちが女であるということだ。


26. 男と女は、元々ひとつだったもの。それがこの世に生まれる時、分かれたから、失った片方を捜し求めるのだ。


27. 男と女のあいだには深くて暗い河がある。


28. 女には本当に損な時がある。男に良くしてやって愛していることを見せれば見せるほど、それだけ早く、男は飽きてしまうのだから。


29. 男は恋をささやくときは四月みたいだけれど、結婚してしまえば、十二月よ。女も、娘のころは五月だけれど、人妻になると、空模…


30. 男は知っていることをしゃべり、女は人に喜ばれることをしゃべる。



31. 男というものはどんなに違いがあってもせいぜい天と地の差だ。だが女というものは、一番良い女と一番悪い女の差は天国と地獄ほ…


32. 男は猟師であり、女は獲物。つやつやと光った、狩られる動物である。


33. 男というものは、女房が小難しいことを喋っているときより、自分の食卓にうまい料理があるときのほうがもっと嬉しいものである。


34. 男に惚れられるような男でなければ、女には惚れられない。


35. 男が誓うと、女は裏切るものだ。


36. もう愛してくれなくなった恋人は、電車のなかで人の足を踏んで空嘯(そらうそぶ)いている男のようなものである。


37. 女性は、たとえ自分を愛する男が野獣のような者であろうと、愛され崇められれば無関心ではいられないものだ。


38. 「男はだな、たとえ愛するもののためといえども、名誉を犠牲にすることはできんのだ!」 「しかし幾千万の女それをしています」


39. 女の美しさが男の目をくらますのではない。男は自分みずから盲目になるのだ。


40. 男は女の恋人であるとき、その女の友人であることはあり得ない。



41. 男は安らぎを見つけるために、何かを捨てなきゃならないことがある。


42. 男はしばしば一人になりたいと思う。女も一人になりたいと思う。そしてその二人が愛し合っているときは、そういう思いを互いに…


43. 男というのは大きくなった子供に過ぎない。


44. たいていの男は意気地なしね、いざとなると。


45. 女は恋に限界がないと主張する。男は恋に限界があると見ている。


46. 男は魅力を感じた女を愛するが、女は愛する男に魅力を感じていく。


47. 一人の女しか愛さない男はしばしばもっとも幸福な生活を送るが、死ぬときはもっとも孤独な死に方をする。


48. 男は自分が幸福にしてやれる女しか愛さない。


49. 男は火で、女は麻屑(くず)である。悪魔がやってきてそれを吹きつける。


50. ある男を憎むなら、殺さずに生かしておけ。



51. 女の推量は、男の確信よりもずっと確かである。


52. 男にはな、何をやってもダメという時がある。そういう時、男はな、黙ってただ寝てればいいんだ。


53. 男は退屈から結婚し、女は好奇心から結婚する。そして双方とも失望する。


54. 男には怠けたがる気持ちと同じくらいに働きたがる気持ちがある。


55. 男達は脚で歩くが、女達は脚で人生を切り開く。


56. どんな女も結婚すべきであり、どんな男も結婚すべきではない。


57. 男たちはみんな胃袋みたいなもの。そして女はその食べ物。勝手に食べておきながら、お腹が一杯になりすぎると、平気で吐き出す…


58. 男は「過去動物」、女は「未来動物」


59. 女は結婚前に泣き、男は結婚後で泣く。


60. 男の義務と責任は、子供のためにパンを得る仕事で終始するのだ。女にとって男は、子供をつくって育てるための手段に過ぎないの…



61. 愛するということにかけては、女性こそ専門家で、男性は永遠の素人である。


62. 男にとっては今日一日だけの浮気心にすぎないものに、女はその一生を賭ける。


63. 男は、相手に苦しみを与えたと思って涙を流すが、女は、相手を十分に苦しめなかったと考えて涙を流す。


64. 愛の舞台に上って馬鹿らしい役割を演じるのは、いつでも男だ。


65. まだ日は明るい。男なら働くがいい!やがて、だれも働けない夜が来る。


66. いつも愛されてばかりいる男など、うすらバカに決まっている。


67. 女が男を変えられるとしたら、それは男が赤ん坊のときだけね。


68. その女がもし男だったら親友に選んだであろう者でなければ、妻として選んではいけない。


69. 男は善良な夫だと恐ろしく退屈だし、そうでないときは、ひどくうぬぼれている。


70. 女性は実体で、男性は反省である。



71. 女は自分を笑わせた男しか思い出さず、男は自分を泣かせた女しか思い出さない。


72. こんなことをしたら嫌われるのではないかと、何もしない男が一番嫌われる。


73. 女というものは、目の前を通った他の女が自分に注目したかどうかを直感的に悟る術を心得ている。というのも、女がその身を飾る…


74. 男が妻に対して不実をおこなったら、女は同情のまとになる。女が不貞を犯したら、男は嘲笑のまとになるだけだ。


75. 女の行動に理由なんかないわ。男は理由を求めて恋を失うのよ。


76. 男が他の女に恋をしたら、もうなんとも手のほどこしようがありません。人生とはこんなものです。どちらに罪があるといった性質…


77. 老いたる女性というものは存在しない。全ての女性は、いくつになっても、もし恋をするならば、もし優しくあるならば、男に無限…


78. 婦人の運命はその愛される分量の如何(いかん)にある。


79. どんな男でも、ある女性を自分のものにしようとする時には、その人が自分の愛に最もふさわしい女性であり、自分がこんなに夢中…


80. 下戸(げこ)ならぬこそ、男(をのこ)はよけれ 



81. 男と夫は同じものではない。同様に、女と妻も同じものではない。


82. 明日の勝利のため、今日の敗戦を認める。それが男だ。


83. 男は駄目だよ。位階や勲章に目がくらむからね。そこへいくと女には勲章をぶら下げて喜ぶような馬鹿はいないから頼もしいよ。


84. 男が妻に望むのはただの同棲者でもなく子どもの母親でもない。世の中の荒波を共に乗り切る相棒なんだ。


85. 男性たちの発言や発想は、女に関する部分から古くなる。


86. 男は別れの言い方が分からない。女はそれを言うべき時が分からない。


87. 男が、男らしく振舞うことから解放されたとたん、より男らしく魅力的になれる。女が、女らしく振舞うことから解放されたとたん…


88. 結婚したほうがいいのか、それともしないうがいいのかと問われるならば、わたしは、どちらにしても後悔するだろうと答える。


89. 男はだれでも女の息子だ。


90. (恋愛は)女性にとっては大切な生活の設計でなければならない。男性が一生の専門なり職業なりを選ぶくらい真剣に相手を選ぶべ…



91. 女は美しくて甘ったるい嘘つきだ。男はすぐに彼女を信じてしまうだろう。


92. 恋に肩をたたかれた時には、いつもは詩的な調べに耳をかさないような男でさえ詩人になる。


93. 男性たるものは、その妻にとって、力に満ち、偉大であり、常に威厳のある存在でなければならない。


94. 女が男を愛すると言う時は、男はたとえ愛してなくとも聞いてやらねばならない。


95. 妻と子供達を愛さない男は、自分の家に牡獅子を飼い、憎しみを作り上げている人間である。


96. 男と女というこうも違った、また複雑な人間の間で、互いに良く理解しあい、ふさわしく愛するために、一生を費やして長すぎると…


97. 女がいなかったら、男は神のように生きていくだろう。


98. 男は、俗っぽい女が与え得るすべてのものを受け取るより、いつの日か愛する女の気に入られるという、きわめて当てにならない機…


99. 女に忘れられた男は意地になる。女を忘れる為に出来るだけの手を打ってみせるのだ。それがうまくいかなければ、忘れたふりさえ…


100. 男は必ずしもその行為で評価してはならない。法律を守っているが、つまらない男がいる。法律を破ってなおかつ、立派な男もいる。




全部で、441件