名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
私は家庭に在(あ)っては、いつも冗談を言っている。
それこそ「心には悩みわずらう」事の多いゆえに、「おもてには快楽(けらく)」をよそわざるを得ない。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『桜桃』(おうとう)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
家庭
冗談を言う
快楽
装う
太宰治の名言

[ 全文・続き ]
〈全文〉
私は家庭に在(あ)っては、いつも冗談を言っている。
それこそ「心には悩みわずらう」事の多いゆえに、「おもてには快楽(けらく)」をよそわざるを得ない、とでも言おうか。
__ Link __

いや、家庭に在る時ばかりでなく、私は人に接する時でも、心がどんなにつらくても、からだがどんなに苦しくても、ほとんど必死で、楽しい雰囲気を創る事に努力する。
__ Link __

そうして、客とわかれた後、私は疲労によろめき、お金の事、道徳の事、自殺の事を考える。
いや、それは人に接する場合だけではない。
小説を書く時も、それと同じである。


私は、悲しい時に、かえって軽い楽しい物語の創造に努力する。
__ Link __

自分では、もっとも、おいしい奉仕のつもりでいるのだが、人はそれに気づかず、太宰(だざい)という作家も、このごろは軽薄である、面白さだけで読者を釣る、すこぶる安易、と私をさげすむ。


人間が、人間に奉仕するというのは、悪い事であろうか。
__ Link __

もったいぶって、なかなか笑わぬというのは、善(よ)い事であろうか。
__ Link __


[ ランダム名言 ]