名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
どんな困難にぶつかった時も、視点を変えるとものごとが違って見える。


[ 出典 ]
W・ミッチェル
(米国のモチベーション講演家、実業家、1943〜)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
半身不随になる前は、わたしには自分でできることが一万はあったのですが、今では九千に減ってしまいました。
しかし、失ってしまった千のことにいつまでもこだわっているより、残った九千のことに力を入れるほうが得策です。
__ Link __

ご存知の通り、わたしは今までの人生で二度の大きなつまずきを経験しています。
でも、だからといって人生をあきらめたりせず前向きに生きてきました。
それゆえどんな困難にぶつかった時も、視点を変えるとものごとが違って見えることを学んだのです。
__ Link __

そう、一歩下がってみれば、視野が広がり、「なんだ、結局のところ、たいしたことではなさそうだ」と思えるようになるのです。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. 科学をやっていて分かったことだが、面白いことだけが、やるに値することなんだ。そして面白いと思うことをやっていれば、いつも新しい発明につながっていく。
(ジェームズ・ラブロック)


2. 幸福にひたっているより、不幸に耐えている方が、生きているという実感がありました。
(永六輔)


3. 天は人の上に人を乗せて人をつくる。
(作者不詳)


4. さあ賽は投げられた。私はルビコン河を渡るのだ!
(キルケゴール)



5. 誤解を受けてもジタバタしないこと。時が解決してくれるのを待つほうが賢明だ。
(弘兼憲史)


6. 「私が一人で母を介護した」という人は、それだけお母さんと縁が深かったということでしょう。
(瀬戸内寂聴)


7. 若い翼がクヨクヨしてたら、大空を飛べません。
(ドラマ『3年B組金八先生(第4シリーズ)』)



8. 仕事ができる者は、多くのことで成果をあげなければならないことを知っている。だからこそ集中する。
(ドラッカー)


9. おおきな空の下で、いつもおおきな山を見てそだったことは、そのときそんなふうにおもっていたわけではないが、いまふりかえってみると、子どものわたしにとって代えがたい日々の経験だった。
(長田弘)


10. 論争に勝つとは、論争をしないことである。
(格言)